>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

野見宿禰(ノミノスクネ)とは?ご利益や物語について解説

野見宿禰(ノミノスクネ)とは?ご利益や物語について解説

野見宿禰(ノミノスクネ)は相撲の神として祀られている、出雲の勇士で後の天皇の臣です。また、殉死を禁じさせるため埴輪を発明したともいわれている人物だとも伝わっています。この記事では野見宿禰が相撲の神になった流れ、野見宿禰が祀られている神社などを紹介していきます。

    八百万の神といわれる日本には、たくさんの神様がいます。
    その中では知る人ぞ知るという神様である野見宿禰。
    天皇に仕えた無双の勇士が亡きあと、神として祀られた人物です。

    この記事では、野見宿禰とはどんな神様なのか、物語や御利益などさまざまな観点から解説させていただきます。

    野見宿禰(ノミノスクネ)とは?

    野見宿禰(ノミノスクネ)
    野見宿禰は相撲の神であり、スポーツ全般にご利益があります。

    埴輪を作った人物でもあります。

    野見宿禰は剛力の相撲の神として祀られていますが、一方で埴輪の発明者とも伝わっています。剛力者と繊細な埴輪の制作は、一見関係ないように見えますが、野見宿禰が相撲の神と祀られたことに連動しているのです。その関係性を順序だてて紹介していきます。

    野見宿禰と相撲

    野見宿禰(ノミノスクネ)は出雲の国の勇士として、「日本書紀」に登場します。垂仁天皇の時代、「自分に勝てる者はいない!」と当麻蹴速(たいまやのけはや)という人物が威張っていたといいます。そこで天皇に推薦されたのが出雲の勇士野見宿禰です。野見宿禰は、当麻蹴速の腰を蹴り砕いて勝利したといわれ、これが神技ともいわれる相撲の始まりだとされています。現在の相撲の四股で脚を高く上げる姿がありますが、これは野見宿禰の技の動作が残ったものが伝わったものといわれています。

    野見宿禰と埴輪

    野見宿禰は、埴輪のルーツとなった人物だとも伝わっています。当麻蹴速との勝負に勝ち天皇の臣となります。野見宿禰が仕えていた時代、垂仁天皇の皇后日葉酢媛命(ひばすひめのみこと)がなくなるのです。当時、皇族が死ぬと家臣が殉死をするという風習がありました。野見宿禰は殉死を止める方策として、人や馬の形をした埴輪を埋葬することを提案します。垂仁天皇はこの提案によって、殉死の風習を止めることができたといわれています。これを功績として、野見宿禰は土師(はじ)職となり古墳の造営に関わるようになったのです。この役割は、子孫である土師氏が受け継いでいきます。

    野見宿禰の力を表現した古墳

    野見宿禰は出雲から100人の職人を呼び、埴輪を作らせたといわれています。しかし、現代の研究では、埴輪が野見宿禰によって作られたのは神話に残る伝説とされています。ただ、埴輪が埋葬された古墳の存在が、野見宿禰を神にまでしたのです。

    野見宿禰から代々受け継がれていたものに、子孫土師氏による古墳の造営があります。この古墳の大きさを見た後世の人が、「とても人間業とは思えない」「相当な大男であると同時に力が強かったはず」という話を広げたことで、野見宿禰を剛力の勇士、神技相撲の神としていったのです。

    野見宿禰の姓の由来と子孫

    野見宿禰は「弩美宿禰」とも表記されますが、読み方は同じです。

    野見宿禰の姓の由来は諸説ありますが、石を加工するため現代でも使われている「ノミ」から来たというものと、皇族を埋葬するための土地を見分することから「野」「見」がつけられたという2つが有力とされています。

    野見宿禰の子孫は土師姓を名乗りましたが、そこから大江氏、菅原氏、秋篠氏が出ています。菅原道真も子孫のひとりといわれていますから、相撲の神と学問の神を排出している一族ということになるわけです。

    また、戦国大名から加賀百万石の祖となった前田利家も、野見宿禰の子孫となっています。野見宿禰は神話の中の架空の人物といわれますが、利家は「槍の又兵衛」といわれた豪腕です。実際の剛腕に野見宿禰の相撲の神を加え、印象を強めたのかもしれません。
     

    友だち追加

    記事を評価する

    記事を評価しよう

    関連記事