>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

歳徳神(としとくじん)とは?正月様とも呼ばれる神のご利益や物語について解説

歳徳神(としとくじん)とは?正月様とも呼ばれる神のご利益や物語について解説

歳徳神(としとくじん)は、年の初めに家を訪れて、幸運を運んでくださる神様といわれています。また、古事記では、素戔嗚尊の娘として登場し、大国主神の国づくりを助けた神様でもあります。今回は、歳徳神の別称や、神話、ご利益などを解説します。

    歳徳神とは?

    歳徳神

    歳徳神は、お正月にやってくる神様であることから、年神さま、正月様とも呼ばれる神様です。

    歳徳神がいる方角が恵方とされます。

    歳徳神(としとくじん)は、年の初めに各家を訪れ、幸運を運んで来てくれるとされている神様です。

    歳徳神の「歳」は、稲の実りを意味するとされることから、豊作をもたらす神様としても祀られており、地域によってはお正月に歳徳神への五穀豊穣を祈念する祭典が行われています。

    また、「稲=穀物」は、私たちの生命活動に欠かすことができないものでもあるため、生命を与えてくれる神様という考え方から、子孫繁栄の守り神ともいわれています。

    正月様と呼ばれる神様

    歳徳神は初日の出とともに天からやってくる神様であるため、「正月様」とも呼ばれています。

    お正月には門松を出し、しめ縄やしめ飾りで家を飾りますが、これは結界によって神聖な場所を作り出し、歳徳神を迎えるための準備なのです。

    とくに門松は歳神様を迷わず家にお迎えするための目印で、鏡餅はお正月にはるばる訪れた神様に、くつろいでいただくための依代であることは覚えておきましょう。

    歳徳神の別名

    歳徳神は、以下のような別名でも呼ばれています。

    • 若年神
    • 年神
    • 恵方神
    • 大歳神
    • 正月様

    歳徳神の物語

    歳徳神は、大年神の別名で「古事記」の出雲建国に登場し、大国主神(オオクニヌシノカミ)の国づくりを助けた神様とされています。

    大国主神は、神様のなかでも特別とされる造化三神の一柱「神産霊神(カミムスビノカミ)」から、その子供の少名毘古那神(スクナビコナノカミ)と一緒に国を作るように命じられます。

    ところが、少名毘古那神は、建国の最中に突然、常世の国という海の向こうの遠い国に行ってしまいます。優秀なパートナーを失った大国主神は、ひとりで国を開き、維持していくことはできないと嘆いてしまいます。

    そのとき、海の上一面にきらきらと光を放ちながら大国主神の前に現れ、「私を大事に祀ってくれるなら、一緒になって国を作りかためてあげましょう。」といったのが素戔嗚尊(スサノオノミコト)の娘とされる大年神です。

    大年神は、「どのようにお祀りすればよいですか。」という大国主神の問いに対して、「大和(やまと)の御諸(みもろ)の山の上に祀ってくれればよい。」と答えます。以降、大国主神は言葉通りに大年神を祀り、ふたりで国を広げていったとされています。

    歳徳神と正月

    歳徳神は、正月様とも呼ばれるようにお正月と縁の深い神様です。そのため、お正月の風習とされる多くの事は、歳徳神に由来しているとされています。

    例えば、お年玉は歳徳神の魂が宿ったお餅を家長が「年魂」として家族に分け与えたことが由来とされ、「お年魂」から現在の「お年玉」に変化していったとされていますし、鏡餅は神事の際に歳徳神の拠り所となる鏡を表わしているといわれています。

    また、門松は歳徳神が家を迷わないようにするための目印であると同時に、訪れた際にとどまるための依り代とされ、どんど焼きで処分することによって、歳徳神がお帰りになると考えられています。

    歳徳神と恵方

    陰陽道でその年の縁起の良い方角とされる「恵方」は、歳徳神がいらっしゃる方角とされています。歳徳神の「徳」は「得」に通じているとされ、古くから恵方を向いておこなう行動は良い運気を呼び込むと考えられています。

    現在でも節分の日に恵方を向いて太巻を食べると願い事が叶うという風習がありますが、幸運を運んでくださる歳徳神に祈りを捧げるということを意識してみると良いでしょう。

    また、お正月にその年の恵方の神社へお参りに行くことを「恵方参り(詣り)」といい、歳徳神のご利益をいただけるとされています。2021年の恵方は「南南東」となっていますので、恵方の神社へも足を運んでみてはいかがでしょうか。

    友だち追加

    記事を評価する

    評価 5.0 / 5(合計1人評価)

    関連記事