>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

伊邪那岐大神(イザナギノオオカミ)とは?国産みの神の神話やご利益について解説

伊邪那岐大神(イザナギノオオカミ)とは?国産みの神の神話やご利益について解説

伊邪那岐大神(イザナギノオオカミ)は、神世7代の最後に登場する男神です。伊邪那美神(イザナミノカミ)とともに、国土と神々を生んだ日本国の父ともいえる存在だといってもいいでしょう。そんな伊邪那岐大神の神話やご利益、祀られている神社を紹介します。

    伊邪那岐大神とは?

    伊邪那岐大神(イザナギノオオカミ)は、天地開闢(かいびゃく)神話として古事記の冒頭に記されている、神世7代の最後に登場する天地創造の神です。同時に出現した伊邪那美神と夫婦になり、日本の国土、森羅万象を作り出した天照大御神や須佐之男命など日本の神々の父とされてます。天の象徴、神の元祖ともいえる存在で、初代天皇の神武天皇の7代前の先祖とされている神様です。

    イザナギのイラスト

    イザナギとイザナミは、国産みの神様として知られています。

    この二柱の夫婦神は、天沼矛(アマノヌボコ)で海をかき回し、オノゴロ島を作りました。

    これが国産みの伝説であり、アマテラスやツクヨミ、スサノオの神様は全員イザナギの子供たちです。

    伊邪那岐大神の名前の由来

    伊邪那岐大神の名前の由来としては、日本最初の夫であることから「イザナ(ウ)」に男性を意味する「ギ」を付けた誘う男という説や、妻の伊邪那美神の「波」に対して「凪」に対応しているというもの、また仏教の「伊舎那」が由来と諸説あります。

    伊邪那岐大神の別称

    伊邪那岐大神にはいくつか別称があります。

    ・伊邪那岐尊(古事記で見られる)
    ・伊邪那岐神(古事記で見られる)
    ・伊弉諾尊(神社により異なる)
    ・伊弉諾神(日本書紀で見られる)
    ・熊野速玉大神(熊野速玉大社の主祭神としての別名)

    神格は国産みの神となっています。

    伊邪那岐大神の神話

    伊邪那岐大神は、国産み、神産みの神とされる神々の祖先のような存在ですが、古事記や日本書紀に残る逸話は、いい意味で神様らしくないものが多く残っています。その代表的なものを記しておきましょう。

    伊邪那岐大神と伊邪那美神は天地創造の神

    古事記は、日本の国土と神々が誕生する過程を描いた「天地開闢神話」から始まります。その神話の最後の締めが、国産み、神産みの物語であり、主人公となるのが伊邪那岐大神と妹で妻でもある伊邪那美神なのです。

    伊邪那岐大神と伊邪那美神は、国土の創造を命じられ、天の浮橋から天沼矛(アマノヌボコ)で海をかき回し、したたり落ちた潮で出来たオノゴロ島で結婚をします。この島で日本の国土を造る神々をもうけたといわれています。そのとき出来たのが、本州、四国、九州や淡路島の島々です。また子としては、海の神大綿津見神、山の神大山津見神といった神の名が見られます。

    伊邪那岐大神と伊邪那美神の愛憎から生まれた天照大御神

    伊邪那岐大神と伊邪那美神は神々を生み出します。しかし、火之迦具土神(ヒノカグチノカミ)を生んだ際に伊邪那美神はやけどを負い死んでしまうのです。古事記では、伊邪那美神の死を悲しんだ伊邪那岐大神は、黄泉の国まで会いに行きます。

    伊邪那美神は、迷うものの黄泉津神に夫の下に帰るための話合いを申し込むのです。約束事は「話し合いの最中をけっしてのぞかないこと」というものでしたが、伊邪那岐大神は我慢できずのぞくと、醜くなった伊邪那美神の姿があります。恐れた伊邪那岐大神は、追ってくる伊邪那美神から逃げ黄泉の国から逃げ帰るのです。

    地上に戻った伊邪那岐大神は、黄泉の国の穢れを取るために禊を行います。この時に左眼から生まれたのが天照大御神です。右眼からは月読命、鼻から須佐之男命が生まれ、それぞれに高天原、夜、海原の統治を委任させます。

    「けっしてのぞいてはいけない」という言葉を聞いて、多くの人が思い浮かべるのは「鶴の恩返し」でしょう。見てはいけないといわれるほど、人の好奇心はくすぐられるものです。また、神話に登場する神でありながら、結婚をしているというのも人間臭さが感じられます。

    天照大御神の父ともされる伊邪那岐大神ですが、神でありながら亡くなった妻を悲しみ、好奇心で約束を破り、結婚をして子をなした…日本国の原点ともいわれる存在でありながら、どこか親しみを感じさせるのは、神話の中に残る逸話が感情を伝えてくるものが多いからなのでしょう。

    友だち追加

    記事を評価する

    記事を評価しよう

    関連記事