LINE友達追加で開運待ち受け画像をプレゼント!

【2022年】水星人プラスの年運と月運を解説【六星占術】

【2022年】水星人プラスの年運と月運を解説【六星占術】

2022年、水星人プラスの年運と月運を解説していきます。2022年・六星占術で水星人プラスの運命周期は種子です。種子の年は、新たなスタートが切れる年になります。そんな2022年の全体運から仕事・転職・金運・恋愛、さらに月運まで解説していきましょう。

記事の目次

  1. 1.2022年 水星人プラスの運勢
  2. 2.2022年 水星人プラスの月運
  3. 3.2022年 水星人プラスの運勢まとめ

2022年 水星人プラスの運勢

※六星占術は、算命学などの命術をもとに、細木数子先生によって考案・提唱された占いです。商標登録は細木数子先生にあります。この記事は六星占術を紹介する内容で、読者を占うものではありません。六星占術で運勢を占いたい方は、細木数子先生のサイトや書籍をご覧ください。

2022年、水星人プラスの全体運と仕事、恋愛、金運、引っ越し運を順に解説していきます。
また後半では、水星人プラスの2022年の運勢「種子」を活かすための流れをみるうえで重要な月運を紹介していくことにしましょう。

全体運

2022年、六星占術で年運「種子」を迎える水星人プラスの全体運をみていきましょう。

六星占術で種子の運勢が示すのは、新たなスタートです。
大殺界の3年間が終わり、一区切りを終えたあとにくる種子は、大きな決断をする準備に適しています。
仕事で新たな分野を開拓したり、転職するための情報集めをしたりするのもいいでしょう。
恋人のいる人は、結婚話を切りだすことに適しています。
種子の年に定めた目標は、かなうことが多いといわれているので、自身の能力を見極めたうえで進めていくといいでしょう。
ただし、まだ運勢のスタミナがない時期です。
無理をせず、ゆっくりと歩み始めるのがおススメです。

仕事運

2022年、六星占術で年運「種子」の水星人プラスの仕事運をみていきましょう。

前年まで苦しんでいた人ほど、明るさが戻ってくるのを感じるのが種子の年です。
滞っていた問題が進み始めたり、人間関係に改善の兆しがみられたりするのも特徴だといっていいでしょう。
種子の年は、自分の隠れていた才能に気づく年になりやすいので、最初から諦めるのではなく、得意分野をアピールしていきましょう。
この先に向けて、有望な出会いが生まれ、広がった人脈のなかで能力を発揮する舞台が用意されることもあります。
転職や考えている人も、種子の年はおススメです。
情報を集めると、自分に合った職場がみつかりやすいでしょう。
独立へ向けても良い時期ですが、まだパワーが足りないため、一気に進めずに、じっくりと基盤を固めていくのが大切な考えです。

恋愛運

2022年、六星占術で年運「種子」の水星人プラスの恋愛運をみていきます。

これまで寂しい思いをしていたフリーの人には、出会いのチャンスが訪れるでしょう。
合コンや友人の紹介はもちろん、SNSやアプリを使うのもひとつのアイデアです。
出会いの形にこだわらず、チャンスを広げていきましょう。
種子の年の出会いは、地に足のついた交際のできる相手と巡り会うという運勢です。
次に付き合う人とは、結婚を考えたいと思っている人なら、理想的な異性との出会いが期待できるでしょう。

恋人のいる人は、それとなく結婚をしたい気持ちを表すと、相手にも反応があるはずです。
結婚をする前の準備として、一緒に暮らしてみるのもいいでしょう。
それがそのまま、結婚へとつながっていく可能性が高めです。

金運

2022年、六星占術で年運「種子」の水星人プラスの金運はどうでしょう。

大殺界のあとということで、金運は上昇しますが、実感としては感じられないかもしれません。
あくまでも、じわじわと上がっている段階なので、手元のお金が増えるということはないでしょう。
ただし、種子の年に始めたことが、やがて収入増や副収入を生むという可能性は高いのです。
前向きに取り組んでいけば、数年先に花が開き、収入を増やすことにつながります。
お金が増えるきっかけが作れる年と思えば、ポジティブに考えられ、行動もスムーズになっていくでしょう。

引っ越し運

2022年、六星占術で年運「種子」の水星人プラスの引っ越し運をみていきましょう。

新たな運勢のスタートとなる種子の年は、引っ越しにも向いています。
ただし、2022年の前半はまだ前年までの大殺界の影響が残っているので、情報をゆっくり集めていくというのが理想的です。
ゆっくりと上昇していく運勢に対して、行動を早めればリズムが合わなくなってしまいます。
焦って決めるよりも、じっくりと探し、比較していきましょう。
それだけでも十分、前向きな気持ちが生まれるはずです。

次へ

関連記事

人気の記事