LINE友達追加で開運待ち受け画像をプレゼント!

嫌いな人がいなくなる言霊とは?スピリチュアルな効果や使い方を公開

嫌いな人がいなくなる言霊とは?スピリチュアルな効果や使い方を公開

嫌いな人、苦手な人が一人もいないという人は少ないでしょう。
しかしあなたがよい言霊を使うことで、あなたの人生から嫌いな人が存在しなくなります。
この記事では嫌いな人がいなくなる言霊とスピリチュアルな効果や意味、使い方を中心に公開していきます。

記事の目次

  1. 1.嫌いな人がいなくなる言霊とは?
  2. 2.嫌いな人がいなくなる秘訣は「ポジティブな言霊」
  3. 3.ポジティブな言霊で嫌いな人がいなくなるのはなぜ?
  4. 4.嫌いな人に出会ったときにすべき行動
  5. 5.まとめ

社会のなかで生きていく以上、人とのかかわりはどうしても避けて通れません。

職場や学校など集団生活が苦手な人、嫌いな人が存在するのはある意味仕方のないことです。

嫌いな人のことを考えると気分が沈み、つい愚痴や不平を言ってしまうことがありませんか?

できることなら嫌いな人の存在を気にせず、毎日明るくポジティブに過ごしたいですよね。
この記事では嫌いな人がいなくなる言霊と、スピリチュアルな効果や使い方を解説していきます。

嫌いな人がいなくなる言霊とは?

Photo byRi_Ya

相手の嫌いな部分ばかり意識していると、言葉や態度に出さなくても不思議と相手にはあなたの気持ちが伝わってしまいます。

日頃、相手に対して心ので「嫌い!」「いなくなればいいのに」などと言っていませんか?

その結果、相手はあなたがもっと相手を嫌いになるような言動をするようになります。

しかし嫌いな相手に「ありがとう」「感謝します」といったポジティブな言霊を使うことによって、相手との関係を変えられます。

嫌いな人が周りからいなくなるには、普段からポジティブな言霊を使うことがとても大切なのです。

言霊の効果

言霊とは言葉に宿る不思議な力により、口にした言葉通りの結果が現れるということを意味しています。
古くから日本では、言霊がよくも悪くも物事を実現化すると信じられてきました。

そのため、日本人は日々の暮らしのなかで言霊を大切に扱ってきました。

結婚式の際「別れる」「切れる」という言葉を使うことはタブーとされてきました。
また受験生に「落ちる」「すべる」という言葉を聞かせないといった特別な配慮をします。
西洋においても、聖書のなかには「はじめに言葉ありき」という一節が見られます。

旧約聖書の「創世記」では神様は「光あれ!」と言って、この世を光で満たしてから天地を作ったという記述があるのです。

洋の東西を問わず、言葉が現実を作りだすという思想は存在します。 

日頃の生活においても、口にする言葉によって現実が変化することがあります。

絶対に不可能だと思っていたことが心から叶えたいと願って、何度も口にしているうちに不思議と叶ったという話を聞いたことはないでしょうか?

反対に不安な気持ちを言葉にしていると、その言葉通りよくない出来事が的中したという話も聞いたことがあると思います。

言霊で現実を変えられるなら、ポジティブな言霊を使うことによってよりよい現実を作れるはずです。

嫌いな人がいなくなる秘訣は「ポジティブな言霊」

次へ

人気の記事