LINE友達追加で開運待ち受け画像をプレゼント!

ヲシテ文字とは?ヒーリング効果がある神代文字を紹介

ヲシテ文字とは?ヒーリング効果がある神代文字を紹介

ヲシテ文字とは、縄文時代に日本で使われていた、神代文字(じんだいもじ)と言われる古代文字のひとつです。ヲシテ文字には文字それぞれ違う意味の、ヒーリング効果の高い波動を持つとされています。ここではその概要や、ヲシテ文字が持つヒーリング効果について解説します。

記事の目次

  1. 1.ヲシテ文字とは?
  2. 2.ヲシテ文字の一覧表
  3. 3.ヲシテ文字のヒーリング効果
  4. 4.ヲシテ文字で自分の名前を書くと強力な御守りに
  5. 5.ヲシテ文字についてまとめ

ヲシテ文字とは、縄文時代に日本で使われていた、神代文字(じんだいもじ)と言われる古代文字のひとつです。ヲシテ文字には文字それぞれ違う意味の、ヒーリング効果の高い波動を持つとされています。ここではその概要や、ヲシテ文字が持つヒーリング効果について解説します。

ヲシテ文字とは?

ヲシテ文字とは、縄文時代の日本で使われていたとされる神代文字で、「ヲシテ」は、「教える(をしへる)」の「をし」と、手段などを表す「て」が合わさった言葉とされています。

ヲシテ文字は、基本的に48文字から成り立っており、現在の五十音に対応しています。日本の歴史書であるホツマツタヱやミカサフミにも使用されており、不思議なパワーを持つ文字です。ヲシテ文字を今に伝えるものとして、「ホツマツタヱ」「ミカサフミ」「フトマニ」

という3文献があり、それを総称して「ヲシテ文献」と呼びます。

ひらがなやカタカナとは全く違う、記号のようにも見えるヲシテ文字は、一文字ずつが神様を表しています。一文字ずつに意味がある表意文字として、神事や占いにも使われています。

フトマニを描く古代文字

天照大神が編纂して占いに用いたと伝えられているフトマニは、ヲシテ文字を用いて描かれています。

フトマニは大宇宙をかたどったものとされており、古代人の宇宙観の象徴です。このフトマニ自体が大きなパワーを放ち、古代から占いや護符として使われてきました。

ヲシテ文字48音が組み込まれているフトマニは、一音一音を神として見立てた言霊配置図のようなものです。ヲシテ文字は日本語のルーツであり、今も日本語の中に生き続けているのです。

ホツマツタエもヲシテ文字で記された

日本最古の文献といわれているホツマツタエ(秀真伝)は、ヲシテ文字で書かれていて、景行56年に大田田根子命(オオタタネコノミコト)によって編纂献上されました。ホツマツタエは日本の成り立ちについて書かれた歴史書で、「あ」の巻、「わ」の巻、「や」の巻の三巻四十紋で構成されています。

またホツマツタヱには、「あわのうた」という神代の歌が記述されています。あわのうたを歌ったり聴いたりすることで、健康をはじめ様々な効果やご利益が得られると言われています。

次へ
※指を触れるだけなのにゾっとするほど当たるオーラ診断! オーラは特別で神聖なもの… オーラは魂の鏡でもあり、あなたの運命に呼応して揺らぎ輝きます。 今、不幸な方は悪いオーラをまとっているからかもしれません。 【オーラカラー診断】では自分がまとっている魂に宿るオーラの輝きを教えてくれて、いい方向へ導きます。 今なら初回限定で【無料でオーラカラーオリジナルカルテ】をプレゼント中です♪ オーラカラーで未来を知りたい方は【コチラ】

関連記事

人気の記事