LINE友達追加で開運待ち受け画像をプレゼント!

ひふみ祝詞とは?効果や歌詞の意味、石上神宮との関係について紹介

ひふみ祝詞とは?効果や歌詞の意味、石上神宮との関係について紹介

ひふみ祝詞について解説します。日本に古くから伝わる強力なパワーを持った言霊であるひふみ祝詞の効果や意味をはじめ、石上神宮との関係についても紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

記事の目次

  1. 1.ひふみ祝詞とは?
  2. 2.ひふみ祝詞の効果やご利益
  3. 3.ひふみ祝詞の歌詞
  4. 4.ひふみ祝詞の唱え方
  5. 5.ひふみ祝詞と石上神宮
  6. 6.ひふみ祝詞についてまとめ

ひふみ祝詞について解説します。日本に古くから伝わる強力なパワーを持った言霊であるひふみ祝詞の効果や意味をはじめ、石上神宮との関係についても紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

ひふみ祝詞とは?

ひふみ祝詞とは、日本神話のひとつである天岩戸神話に登場する祝詞です。

ひふみ祝詞は、「ひ・ふ・み…」から始まる47音で構成されており、「あいうえお」や「いろはにほへと」と同様、同じ音が繰り返されないように作られています。

祝詞のさわりの「ひふみ」の部分については、「ひ(一)・ふ(二)・み(三)」という日本古来の数字の数え方が用いられているようです。

ひふみ祝詞は別名「ひふみ神言」とも呼ばれ、とても古い時代から日本に存在し、ひとつひとつの言霊に神様の神聖なパワーを宿している祝詞とされています。

日月神示に書かれた祝詞

ひふみ祝詞は、日本最強の予言書とも言われる「日月神示」にも登場します。

日月神示(ひつきしんじ / ひつくしんじ)は、神典研究家でもあった画家、岡本天明に、あるとき、国常立尊と呼ばれる高級神霊からの啓示が降り、自動書記によって記されました。

全38巻に加え、補完版の39巻まであるようですが、その内容は著者である天明自身にも解読できないものが多く、意志を継いだ人々によって今なお研究・解読が進められている予言書です。

ひふみ祝詞は、日月神示の水の巻・第二帖に記されています。ひふみ祝詞は日月神示のなかでも特に重要なものであるという見方もあり、奇跡を起こすパワーを持つ言霊のようです。

ひふみ祝詞の効果やご利益

ひふみ祝詞の効果やご利益を紹介します。

  • ネガティブな感情やマイナスの気を払う
  • 周囲の人間関係に調和をもたらす
  • 仕事を成功に導く
  • 身体の不調を改善する
  • 良縁を運んできてくれる
  • 明るいエネルギーを呼び込む
  • 家内安全
  • 奇跡を呼ぶ

ひふみ祝詞の歌詞

ひふみ祝詞の歌詞について全文を紹介します。

ひふみ よいむなや こともちろらね

しきる ゆゐつわぬ そを

たはめくか うおえ にさ

りへて のます

あせゑ

ほれけ

ひふみ祝詞の歌詞の意味・解釈

ひふみ祝詞の歌詞の意味・解釈について、現代語訳を紹介します。

ひふみ よいむなや こともちろらね

(光や風や水、あらゆる生命や森羅万象は宇宙の偉大な恵みにより生まれました)

 

しきる ゆゐつわぬ そを

(日・月の神は常に、人間の苦しみとなる病・老・死の悩みを取り除こうと考えてくださっています)

 

たはめくか うおえ にさ

(田畑の穀物は豊かに実り、海の魚は豊富に獲ることが出来るようになります)

 

りへて のます

(すべての人々が喜びの中で働き、日々を生き、飢えや渇きを感じずにすむようになります)

 

あせゑ

(朝に起きて外で汗を流し、夜には夫婦の営みをして子孫が繫栄します)

 

ほれけ

(常に日・月の神の恩恵に感謝しながら過ごします)

次へ
アカシックレコードへのアクセスが、7月限定で無料!? 宇宙が誕生した時からの、全ての記憶が眠っているとされる、アカシックレコード。 タロットカードを用いてアカシックレコードへアクセスする特殊なリーディングが、7月限定で初回鑑定が無料! アカシックタロットで運命を読み解く

関連記事

人気の記事