LINE友達追加で開運待ち受け画像をプレゼント!

ひふみ祝詞とは?効果や歌詞の意味、石上神宮との関係について紹介

ひふみ祝詞とは?効果や歌詞の意味、石上神宮との関係について紹介

ひふみ祝詞について解説します。日本に古くから伝わる強力なパワーを持った言霊であるひふみ祝詞の効果や意味をはじめ、石上神宮との関係についても紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

記事の目次

  1. 1.ひふみ祝詞とは?
  2. 2.ひふみ祝詞の効果やご利益
  3. 3.ひふみ祝詞の歌詞
  4. 4.ひふみ祝詞の唱え方
  5. 5.ひふみ祝詞と石上神宮
  6. 6.ひふみ祝詞についてまとめ

ひふみ祝詞の唱え方

ひふみ祝詞の唱え方として、日に三度、朝・昼・夜に唱えると良いと言われています。

言霊が宿る祝詞であることを意識しながら「ひーふーみーよーいー...」と一音一音を伸ばすように発音しましょう。

なるべく静かに集中できる場所で、一呼吸おいてから唱えるようにします。

途中でつまずいたり、間違えてしまったりしても神様は怒りませんし、効果が薄れるわけでもありませんのでご安心ください。

ひふみ祝詞と石上神宮

ひふみ祝詞は、奈良県にある日本最古の神宮、石上神宮(いそのかみじんぐう)でも、毎朝の朝拝で唱えられているそうです。

石上神宮は、第10代崇神天皇の御世に創祀された歴史ある神社で、主祭神としてフツノミタマノオオカミ・フルノミタマノオオカミ・フツシミタマノオオカミが祀られています。

所在地 奈良県天理市布留町384
電話番号 0743-62-0900

ひふみ祝詞についてまとめ

ひふみ祝詞は、47の言霊からなる祝詞であり、ひふみ神言とも呼ばれます。

そのご利益・効果には、心身の不調を改善し、気の流れを整えるというものから、仕事運の上昇、家内安全に至るまで、人生に豊かさをもたらすサポートをしてくれるものが多いです。

この記事でご紹介した言霊の意味を心の片隅に置き、日に三度、感謝をこめて唱えると良いでしょう。

前へ
答えを導く神秘の鑑定が、6月限定で無料!? どんな悩みでも、抱えているのは辛いものです。 「こんなことぐらいで…」なんて思わずにスピリチュアルの扉へご相談ください。 今ならなんと、初回鑑定が無料! 「スピリチュアルの扉」に相談する

関連記事

人気の記事