LINE友達追加で開運待ち受け画像をプレゼント!

岩長比売(イワナガヒメ)とは?岩の女神のご利益や祀る神社を紹介

岩長比売(イワナガヒメ)とは?岩の女神のご利益や祀る神社を紹介

岩長比売(イワナガヒメ)は、人の寿命に関わりが深い女神です。永遠に変わることのない岩の女神であるイワナガヒメの物語は、外見の美しさだけでなく、自分の魅力はどこにあるのかを考えるきっかけになります。
イワナガヒメの神話やご利益、祀られている神社を紹介しましょう。

記事の目次

  1. 1.岩長比売(イワナガヒメ)とは?
  2. 2.イワナガヒメの物語
  3. 3.イワナガヒメを祀る神社
  4. 4.イワナガヒメからのスピリチュアルメッセージ

岩長比売(イワナガヒメ)は、人の寿命に関わりが深い女神です。永遠に変わることのない岩の女神であるイワナガヒメの物語は、外見の美しさだけでなく、自分の魅力はどこにあるのかを考えるきっかけになります。

そんなイワナガヒメの神話やご利益、祀られている神社を紹介しましょう。

記事の最後で、イワナガヒメからのスピリチュアルメッセージをお伝えするので、最後までお読みくださいね。

岩長比売(イワナガヒメ)とは?

金龍の͡コガネ丸

金龍の͡コガネ丸

イワナガヒメは、ニニギノミコトの妻として妹のコノハナノサクヤヒメと共に差し出されるものの、容姿が醜いために自分だけ返されるという悲しい物語があります。

イワナガヒメは、永遠の命を象徴する、古事記や日本書紀、先代旧事本記に記されている女神です。

大山津見神(オオヤマツミ)を父にもち、伊邪那岐大神伊邪那美神の孫に当たります。

イワナガヒメの悲しい物語につながる絶世の美女とされる、木花佐久夜毘売(コノハナサクヤビメ)の姉です。

イワナガヒメの名前の由来

イワナガヒメは命の永遠性の象徴である岩の女神で、名称の由来は「岩のように丈夫で変わることのない女性」という意味から来ているとされています。

イワナガヒメの別称

不老不死の神として信仰を受けている「岩長比売」という名は古事記でのものです。

ほかには、以下の別称があります。

  • 磐長姫(日本書紀、先代旧事本記)
  • 木花知流比売(コノハナチルヒメ)

福岡県の若宮神社での祭神名は苔牟須売神(コケムスメ)で、妹の木花佐久夜毘売とともに祀られていています。

絶世の美女といわれる妹の木花佐久夜毘売に対し、姉のイワナガヒメの外見は醜かったといわれますが、名前にも岩や磐、苔といったものが当てられていることからも、それが伝わってくるでしょう。

イワナガヒメの物語

イワナガヒメの神話の中での悲しみは、天孫降臨の主人公ともいえる邇邇芸命(ニニギノミコト)と深いかかわりがあります。

次へ
※指を触れるだけなのにゾっとするほど当たるオーラ診断! オーラは特別で神聖なもの… オーラは魂の鏡でもあり、あなたの運命に呼応して揺らぎ輝きます。 今、不幸な方は悪いオーラをまとっているからかもしれません。 【オーラカラー診断】では自分がまとっている魂に宿るオーラの輝きを教えてくれて、いい方向へ導きます。 今なら初回限定で【無料でオーラカラーオリジナルカルテ】をプレゼント中です♪ オーラカラーで未来を知りたい方は【コチラ】

関連記事

人気の記事