LINE友達追加で開運待ち受け画像をプレゼント!

弟橘比売命(オトタチバナヒメ)とは?吾妻の由来となった女神の神話とご利益を解説

弟橘比売命(オトタチバナヒメ)とは?吾妻の由来となった女神の神話とご利益を解説

弟橘比売命(オトタチバナヒメノミコト)はヤマトタケルの妻の女神です。夫の東征を成功させるために身を捧げた悲しい物語のヒロインとされています。弟橘比売命の神話やご利益、祀られている神社を紹介していきます。

記事の目次

  1. 1.弟橘比売命とは?
  2. 2.弟橘比売命の物語
  3. 3.弟橘比売命のご利益
  4. 4.弟橘比売命を祀る神社
  5. 5.弟橘比売命のスピリチュアルメッセージ

弟橘比売命(オトタチバナヒメノミコト)はヤマトタケルの妻とされる女神です。夫の東征を成功させるために身を捧げ、荒れる海を鎮めたとされる、神話の中でも悲しい物語のヒロインとされています。そんな弟橘比売命の神話やご利益、祀られている神社を紹介していきます。

金龍の͡コガネ丸

金龍の͡コガネ丸

オトタチバナヒメはヤマトタケルの東征に従い、相模の国で荒れる海神を鎮めるために、みずからの身を投げ出しました。
命を懸けて夫を救い、今も夫婦で祀られていることが多いことから、恋愛や縁結びの神としても信仰を集めています。

弟橘比売命とは?

弟橘比売命は、神武天皇以前より大和の国に根付いていた穂積氏一族の忍山宿禰(タケオシヤマタリネ)の娘と、日本書紀には記されています。
后になった話はほぼ残っていませんが、日本武尊の后で稚武彦王をはじめ九男をもうけたといわれることから、仲睦まじい姿が浮かびます。
ただその愛の深さを伝えるのは、悲劇の東征の物語です。
このときの日本武尊の悲しみの嘆きは、今も地名としてなごりを残しています。

麒麟

麒麟

東征のために、自らを犠牲にした妻(オトタチバナヒメ)に対して、ヤマトタケルが「吾妻(我が妻よ…)」と嘆いたことが吾妻という地名の由来です

荒れた海の悲劇は浦賀水道から上総でおきましたが、日本武尊が弟橘比売命の死を「吾妻(我が妻よ…)」と嘆いた故事から、東国を「吾嬬(アヅマ)もしくは阿豆麻(アズマ)」と呼ぶようになったそうです。
また千葉県袖ケ浦は、弟橘比売命の着物が流れ着いたことが地名の由来とされています。現在でも千葉を中心に吾妻神社が多く点在するのは、日本武尊の悲しみがいかに深かったかを表しているようです。

金龍の͡コガネ丸

金龍の͡コガネ丸

吾妻、木更津、袖ヶ浦など、オトタチバナヒメとヤマトタケルの物語が由来となっている地名は多いのです

弟橘比売命の名前の由来

橘は冬でも実をつける生命力の強い花です。
荒海の神を鎮めるほどの生命力をもった、弟橘比売命を表すにふさわしい植物だったのでしょう。
また橘は聖樹とされることから、荒海を鎮めた巫女の意味として用いられているようです。

弟橘比売命の別称

弟橘比売命は古事記での呼び名で、日本書紀では

  • 弟橘媛(オトタチバナヒメ)

とされています。
また、橘媛として記されていることもあるようです。

次へ
※指を触れるだけなのにゾっとするほど当たるオーラ診断! オーラは特別で神聖なもの… オーラは魂の鏡でもあり、あなたの運命に呼応して揺らぎ輝きます。 今、不幸な方は悪いオーラをまとっているからかもしれません。 【オーラカラー診断】では自分がまとっている魂に宿るオーラの輝きを教えてくれて、いい方向へ導きます。 今なら初回限定で【無料でオーラカラーオリジナルカルテ】をプレゼント中です♪ オーラカラーで未来を知りたい方は【コチラ】

関連記事

人気の記事