LINE友達追加で開運待ち受け画像をプレゼント!

宇迦之御魂神(ウカノミタマノカミ)とは?お稲荷さんの神話やご利益、祀られている神社を解説

宇迦之御魂神(ウカノミタマノカミ)とは?お稲荷さんの神話やご利益、祀られている神社を解説

宇迦之御魂神(ウカノミタマノカミ)は、「お稲荷さん」として親しみの深い神様です。農業の神として五穀豊穣を司り、人の営みの根源を支えています。そんな宇迦之御魂神の神話やご利益、祀られている神社を解説していきます。

記事の目次

  1. 1.宇迦之御魂神(ウカノミタマノカミ)とは?
  2. 2.宇迦之御魂神の神話
  3. 3.宇迦之御魂神のご利益
  4. 4.宇迦之御魂神を祀る神社
  5. 5.宇迦之御魂神からのスピリチュアルメッセージ

宇迦之御魂神(ウカノミタマノカミ)は、穀霊の神、商工業の神とされています。
全国に4万以上あるといわれている稲荷神社のご祭神であることから、今を生きる人たちにも親しみをもって信仰されている神様だといえるでしょう。
「お稲荷さん」と呼ばれるのは、「稲(い)生(なり)」が語源とされています。

金龍の͡コガネ丸

金龍の͡コガネ丸

ウカノミタマは全国の稲荷神社(おいなりさん)で祀られる神様です。
狐の神様と間違われることがありますが、狐はウカノミタマのお使い(神使)です。
稲作と関わりの深い存在ですよ。

宇迦之御魂神(ウカノミタマノカミ)とは?

宇迦之御魂神は、古事記によると天照大神の弟である須佐之男命(スサノオノカミ)と市場や流通を司る神大市比売との間に生まれた神様です。
年穀の神で、年始に迎える「年神様」と呼ばれる大年神(オオトシノカミ)を姉弟にもちます。

日本書紀では神産みの第六において、伊邪那岐大神伊邪那美神が食に不自由し疲弊した時期に明確な意志ともって産まれた食の神とされています。

宇迦之御魂神の名前の由来

宇迦之御魂神の名前を分解すると、穀物の神ということがよくわかります。
宇迦は食物の中でとくに稲霊をを指す「ウケ」、また穀物や食物の意味で、御はいうまでもなく神聖という意味です。
このあとに続く魂がつくことから、「稲に宿る神聖な霊」となります。

天照大御神の食事係として伊勢神宮に祀られる豊受大神(トヨウケオオカミ)も名前に「ウケ」をもちますね。豊受大神もまた、穀物を司る神です。

宇迦之御魂神の別称

国津神で、神格は食物の神です。
古事記では宇迦之御魂神と記され、日本書紀では倉稲魂命(ウカノミタマノミコト)と表記されています。
別称は、稲荷社の祭神として稲荷大明神、田畑の守り神である三狐神(サンコンシン・ミケツカミ)、食物の神として御食津神(ミケツカミ)とも呼ばれています。

次へ
※指を触れるだけなのにゾっとするほど当たるオーラ診断! オーラは特別で神聖なもの… オーラは魂の鏡でもあり、あなたの運命に呼応して揺らぎ輝きます。 今、不幸な方は悪いオーラをまとっているからかもしれません。 【オーラカラー診断】では自分がまとっている魂に宿るオーラの輝きを教えてくれて、いい方向へ導きます。 今なら初回限定で【無料でオーラカラーオリジナルカルテ】をプレゼント中です♪ オーラカラーで未来を知りたい方は【コチラ】

関連記事

人気の記事