LINE友達追加で開運待ち受け画像をプレゼント!

猿田彦大神とは?道案内の神・サルタヒコのご利益や神社について解説

猿田彦大神とは?道案内の神・サルタヒコのご利益や神社について解説

猿田彦大神はみちびきの神やみちひらきの神として有名な神様です。日本神話では、瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)という神様が天孫降臨で地上に降り立つ際に登場しますが、謎の多い神様とされています。今回は、猿田彦大神について詳しく解説していきます。

記事の目次

  1. 1.猿田彦とは?
  2. 2.猿田彦の物語
  3. 3.猿田彦のご利益
  4. 4.猿田彦を信仰する神社
  5. 5.猿田彦のスピリチュアルメッセージ

猿田彦は、みちびきの神やみちひらきの神とされ、人々の道中の安全を守る神様とされていますが、様々な逸話があることから、謎の多い神様とも言われます。

この記事では、猿田彦がどのような神様なのか、物語やご利益など、様々な観点から解説させていただきます。

猿田彦とは?

金龍の͡コガネ丸

金龍の͡コガネ丸

猿田彦大神は高天原から地上に降りてきたニニギノミコトを道案内した神として知られています。
そのことから人を導くご利益があるとされています。
ちなみに妻は天照大神を天岩戸から引き出す時に踊っていたアメノウズメです。

猿田彦大神とは、日本神話の中で天孫降臨の際に天照大御神(アマテラスオオミカミ)の遣いである、瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)の道案内をしたとされている神様です。そのことから「みちびきの神様、みちひらきの神様」と呼ばれています。

また、姿形は「鼻長七咫、背長七尺」という表記から天狗に似ていたとされています。そのため、「天地を照らす」太陽神であったともされており、多数の顔を持つ謎に満ちた神様とも言われています。

元々は「稲作の神様」だった?

猿田彦は、伊勢の土着の神(古来よりその土地に棲んでいる神)だったと言われています。伊勢には宇治氏という伊勢神宮に使える氏族がいたのですが、猿田彦は元々宇治氏の田を守る神様だったため、「稲作の神」とされていたそうです。

その後、伊勢信仰が盛んになり、都から伊勢神宮への参拝者が増えるとともに、道中の安全を守る神様へと変化していったとする説もあります。

猿田彦の別称

猿田彦は、以下のような別称でも呼ばれています。

  • 猿田毘古神(サルタビコノカミ)
  • 猿田彦大神(サルタビコオオカミ)

次へ
※指を触れるだけなのにゾっとするほど当たるオーラ診断! オーラは特別で神聖なもの… オーラは魂の鏡でもあり、あなたの運命に呼応して揺らぎ輝きます。 今、不幸な方は悪いオーラをまとっているからかもしれません。 【オーラカラー診断】では自分がまとっている魂に宿るオーラの輝きを教えてくれて、いい方向へ導きます。 今なら初回限定で【無料でオーラカラーオリジナルカルテ】をプレゼント中です♪ オーラカラーで未来を知りたい方は【コチラ】

関連記事

人気の記事