LINE友達追加で開運待ち受け画像をプレゼント!

【危険?】魔法陣とは?書き方からおまじないまで詳しく解説!

【危険?】魔法陣とは?書き方からおまじないまで詳しく解説!

魔法陣の書き方をご存じでしょうか。魔法陣は、アニメや漫画の世界のみで使うことができると思われがちですが、実際に現実世界でも使うことができるものです。使い方次第で強力な味方になってくれる魔法陣の書き方からおまじないについて、ここでは詳しく解説していきます。

記事の目次

  1. 1.魔法陣とは?
  2. 2.魔法陣を書く前には聖別を
  3. 3.道具の聖別方法
  4. 4.魔法陣の書き方
  5. 5.魔を祓うおまじない
  6. 6.まとめ

魔法陣とは?

魔法陣とは、基本的には術者の持つ力を増幅したり抑制する「調節弁」のような作用をもたらすものです。しかし、中には悪魔・召喚獣・使い魔・精霊をなどを呼び出す異世界への窓口や、その場を浄化する効果のあるものも存在します。

そのため魔法陣は、幾何学的に直線や図形が組み合わさったもの・文字で形作られたもの・複雑なデザインからシンプルなデザインのものまで、非常に多種多様な形が存在しています。私たちが当たり前のように「魔法陣」とよんでいるものですが、これは魔法円に西洋の文化を織り交ぜた日本独自の名称です。あまり知られていないので、海外の友人に話をして魔法陣の認識の異なりに驚いた人もいることでしょう。

それもそのはず、日本でいう魔法陣はゲゲゲの鬼太郎でも有名な水木しげるさんが作り出したもの。水木しげるさんは、魔法円に西洋魔術で悪魔などを呼び出す要素を加えたものを自身の漫画に取り入れ、魔法円の別称として魔法陣を世に浸透させました。つまり、魔法陣はサブカルチャーの産物だったです。

【海外】自分を守るための魔法

海外と日本では、魔法陣の捉え方が異なります。海外における魔法陣は、何かを召喚する際の自分自身を守るための陣や、危険な存在をそこから出さないようにするための檻といったものです。

今では海外でもゲームや映画といったものの中で、日本と同じように魔法陣は何かを召喚する際の、異世界と繋がるゲートとして演出されることがあります。しかし、基本的に魔法陣は自分自身を守るための魔法という認識です。

【日本】何かを召喚するための魔法

一方日本では、上記でも触れたように、魔法陣は何かを召喚するための魔法です。なぜ日本は、魔法陣が異世界へと繋がる扉という意識が強いのかというと、水木しげる先生の影響と合わせて、神社仏閣の影響も強いためだと考えられるでしょう。神社やお寺といった聖なる領域の入口には、鳥居や門といった区切りが存在しています。

この鳥居や門といった「専用の入口」が魔法陣にも反映されているのです。聖なる場所(異世界)に入るためには、専用の入口(門や鳥居)を通過しなければならないと無意識に考えているため、魔法陣も何かを召喚する(異世界の扉を開く)ための魔法と認識されるようになりました。

魔法陣を書く前には聖別を

魔法陣を書く前には、自分と使う道具を聖別する必要があります。聖別とは、簡潔にいうと「洗い清めること」で聖なる目的のために、人やものを俗世から引き離して聖化させてしまうことです。魔法陣の効果をしっかりと得るために、自分と道具の聖別は必ず行うようにしましょう。

自身の聖別方法は至って簡単で、お風呂に入って体を洗うだけです。その際、アロマオイルや入浴剤を使って、リラックスをしておくとより理想的といえるでしょう。どうしてもお風呂に入って全身を聖別できない場合は、手を入念に洗うようにして下さい。

道具の聖別方法

道具の聖別方法はいくつかありますが、比較的簡単な方法はお香を使う方法です。まずは、部屋の中心に座って東の方向に机を設置し、お香を焚いて部屋に香りを充満させましょう。部屋にお香が充満したら、魔法陣に使用する道具を一つずつ煙にくぐらせます。

その際、使用する道具の一つ一つによろしくお願いしますといった挨拶をする・感謝の気持ちを持つようにするのがおすすめです。道具の聖別の際に大切なのが、道具を「自分のものにする」というイメージ。聖別によって自分のものとなった道具達は、魔魔法陣を描く際に最大限の効果を発揮してくれます。

次へ
アカシックレコードへのアクセスが、7月限定で無料!? 宇宙が誕生した時からの、全ての記憶が眠っているとされる、アカシックレコード。 タロットカードを用いてアカシックレコードへアクセスする特殊なリーディングが、7月限定で初回鑑定が無料! アカシックタロットで運命を読み解く

関連記事

人気の記事