LINE友達追加で開運待ち受け画像をプレゼント!

【2023年最新版】天一天上とは?やってはいけないことや意味を紹介!

【2023年最新版】天一天上とは?やってはいけないことや意味を紹介!

数ある選日の内の1つが天一天上(てんいちてんじょう)です。天一天上の期間は16日間あり、その間どの方位に行っても良い事があるといわれる吉日期間でもあります。その天一天上について、やると良いこと・やってはいけないことなども合わせて、詳しく解説をしていきましょう。

記事の目次

  1. 1.天一天上とは?
  2. 2.2022年の天一天上はいつ?
  3. 3.2023年の天一天上はいつ?
  4. 4.天一天上にすると良いことは?
  5. 5.天一天上にしてはいけないこと
  6. 6.天一天上と選日について
  7. 7.天一天上と陰陽五行説
  8. 8.まとめ

天一天上とは?

天一天上とは、選日の内の1つであり、天一神(てんいつじん)という方位の神様が天に昇っている期間のことをいいます。天一神とは、十二天将の主将でありいつも天と地を往復、八方の方角を規則的に巡回している神様です。その際、もし悪い方角があればそれを塞ぎ守ってくれるのだそう。

天一神は、別名を中神(なかがみ)・天一(てんいち)・天乙(てんおつ)・貴人(きじん)とも呼ばれます。この天一神は、癸巳(みずのとみ)干支の組み合わせ30番目の日に西北から天上に帰り、戊申(つちのえさる)干支の組み合わせ45番目の日まで天上にいて、己酉(つちのととり)干支の組み合わせ46番目の日に天上から降りて八方を巡るのです。

この天一神が天上に戻っている16日間は、天一神の祟りがない期間(天一天上)として、どの方角に移動をしても良い日、つまりは吉日とされています。平安時代頃には、天一神の祟りにあわないために、天一神のいる方向へまっすぐ進まない様にしたり、行かないようにしたりする「方忌み(かたいみ)」が頻繁に行われていた様です。

他にも、方違え(かたたがえ)とも呼ばれていました。当時の人の暮らしの中で、天一天上の選日は非常に気を遣うものだった様子がうかがえます。

天一天上の読み方は?

天一天上の読み方は、「てんいちてんじょう」です。

天一天上のはじまりと終わり

天一天上のはじまりは、癸巳(みずのとみ)干支の組み合わせが30番目の日で、終わりは戊申(つちのえさる)干支の組み合わせが45番目の日の合計16日間です。

2022年の天一天上はいつ?

天一天上は60日に一度巡ってくる期間です。そのため、1年の内に計6回巡って来ます。2022年の天一天上は、以下の通りです。

  • 2月9日(水)~2月24日(木)
  • 4月10日(日)~4月25日(月)
  • 6月9日(木)~6月24日(金)
  • 8月8日(月)~8月23日(火)
  • 10月7日(金)~10月22日(土)
  • 12月6日(火)~12月21日(水)
 

1年で最初の天一天上(癸巳の日)は「天一太郎」ともいわれ、この日に雨が降るとその後の天候が良くないといわれていました。そのため、農作物の収穫や豊作を占うものでもあったのです。また天一太郎は、1年の内に巡ってくる天一天上の中で、最も縁起の良い上吉日であるともいわれています。

2023年の天一天上はいつ?

2023年の天一天上は、以下の通りです。

  • 2月4日(土)~2月19日(日)
  • 4月5日(水)~4月20日(木)
  • 6月4日(日)~6月19日(月)
  • 8月3日(木)~8月18日(金)
  • 10月2日(月)~10月17日(火)
  • 12月1日(金)~12月16日(土)

次へ
アカシックレコードへのアクセスが、7月限定で無料!? 宇宙が誕生した時からの、全ての記憶が眠っているとされる、アカシックレコード。 タロットカードを用いてアカシックレコードへアクセスする特殊なリーディングが、7月限定で初回鑑定が無料! アカシックタロットで運命を読み解く

関連記事

人気の記事

記事はありません。