LINE友達追加で開運待ち受け画像をプレゼント!

色即是空とはどんな意味?空即是色の違いについても解説!

色即是空とはどんな意味?空即是色の違いについても解説!

色即是空(しきそくぜくう)という言葉を耳にしたことがあるでしょうか。色即是空は般若心経において、非常に重要な思想とされているものです。本記事ではその、色即是空について詳しく解説していきますよ。仏教に興味のある人は、是非参考にしてみて下さいね。

記事の目次

  1. 1.色即是空とは何か
  2. 2.色即是空と般若心経の関係性
  3. 3.色即是空と三法印の関係性
  4. 4.まとめ

色即是空とは何か

色即是空(しきそくぜくう)とは、般若心経において非常に重要だといわれる部分を表した言葉です。主に空即是色(くうそくぜしき)という言葉と一緒に使われ、この8文字の言葉は世界を表した言葉だともいわれます。この色即是空に入っている「空」の文字が非常に重要で、本当の意味を理解すると、この世の苦しみから解放される一歩となると、お釈迦さまも説いていますよ。

色即是空の読み方

色即是空は「しきそくぜくう」と読みます。

色即是空と空即是色の違いは

色即是空(しきそくぜくう)と空即是色(くうそくぜしき)の違いは、ほぼありません。強いて言うのであれば、文字の違いです。色即是空も空即是色も意味は同じで、どちらもこの世の本当の姿である空が、私たちを含む万物を成り立たせていると2つの側面から解説しています。

色即是空とはどのような意味か

色即是空とは、この世のあらゆる物と現象には実体がないという意味です。色、即是(すなわちこれ)、空という言葉が一つになったものでもあります。つまり、「世の中にいつまでも不変のものはなく、どんなものも流動的に変化する」と唱えているのです。

色即是空の意味を深めるためには、色即是空の「色」と「空」の意味を解釈する必要がありますよ。ここからは、その「色」と「空」の意味を解説していきましょう。

色即是空における「色」とは

般若心経は、古代インド語で書かれていたものです。「色」は古代インド語でルーパといい、形有る物や物質的な物を意味しています。そのため、色即是空における「色」の意味も、この世の様々な物や現象を示しています。匂い・音といった認識できるもの全てを含んでいますよ。

色即是空における「空」とは

色即是空における「空」とは、実体がないことです。数字のゼロと考えるとわかりやすいかもしれませんね。ただ実体がないのではなく、そこに在るけれど実体はないということです。色即是空の空は、唯一不変の存在はこの世にはないということを表しています。

次へ
答えを導く神秘の鑑定が、6月限定で無料!? どんな悩みでも、抱えているのは辛いものです。 「こんなことぐらいで…」なんて思わずにスピリチュアルの扉へご相談ください。 今ならなんと、初回鑑定が無料! 「スピリチュアルの扉」に相談する

関連記事

人気の記事