LINE友達追加で開運待ち受け画像をプレゼント!

母倉日とは?母倉日以外の七箇の善日やすると良いことも紹介!

母倉日とは?母倉日以外の七箇の善日やすると良いことも紹介!

カレンダーに記載されている吉日の内の一つである、母倉日(ぼそうにち)をご存じでしょうか。母倉日は縁起が良いとされる日です。本記事では、母倉日だけなく母倉日以外の七箇の善日やすると良いこともご紹介します。縁起が良い日を知りたい人は、是非参考にして下さい。

記事の目次

  1. 1.母倉日とは
  2. 2.母倉日以外の七箇の善日(ななこのぜんにち)
  3. 3.母倉日と六曜
  4. 4.まとめ

母倉日とは

母倉日(ぼそうにち)とは、カレンダーに記載されている六曜の内の一つで、慶事を行うのに良いとされる吉日です。特に恋愛にまつわることに関してが良いとされ、結婚式や婚姻の日に最適とされています。

母倉日の意味

母倉日は、母が子を育てるように、天が人を慈しむ日という意味を持ちます。

母倉日の由来と「七箇の善日(ななこのぜんにち)」

母倉日の由来は、江戸時代に使用されていた宝暦暦(ほうりゃくれき)と呼ばれる、太陰太陽暦の暦法(和暦)に関係していまうす。この宝暦暦の吉日であったのが、母倉日です。母倉日は季節と干支によって日が決まっており、春(亥と子の日)・夏(寅と卯の日)・秋(辰と戌と丑と未の日)・冬(申と酉の日)です。それに加えて各季節の土用には巳と午の日が母倉日とされています。

また、母倉日は七箇の善日(ななこのぜんにち)の内の一つでもあります。七箇の善日とは、天赦日(てんしゃび)・神吉日(かみよしにち)・大明日(だいみょうにち)・鬼宿日(きしゅくび)・天恩日(てんおんにち)・月徳日(つきとくにち)と母倉日を合わせた7日間の日の吉日のこと(総称)をいいます。

次へ
答えを導く神秘の鑑定が、6月限定で無料!? どんな悩みでも、抱えているのは辛いものです。 「こんなことぐらいで…」なんて思わずにスピリチュアルの扉へご相談ください。 今ならなんと、初回鑑定が無料! 「スピリチュアルの扉」に相談する

関連記事

人気の記事