LINE友達追加で開運待ち受け画像をプレゼント!

母倉日とは?母倉日以外の七箇の善日やすると良いことも紹介!

母倉日とは?母倉日以外の七箇の善日やすると良いことも紹介!

カレンダーに記載されている吉日の内の一つである、母倉日(ぼそうにち)をご存じでしょうか。母倉日は縁起が良いとされる日です。本記事では、母倉日だけなく母倉日以外の七箇の善日やすると良いこともご紹介します。縁起が良い日を知りたい人は、是非参考にして下さい。

記事の目次

  1. 1.母倉日とは
  2. 2.母倉日以外の七箇の善日(ななこのぜんにち)
  3. 3.母倉日と六曜
  4. 4.まとめ

六曜とは

慶事を行う際に、最も気にされているといっても過言ではないのが、六曜です。先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口の6つの総称が六曜です。元々、中国で時間を区切る際に使用されていたもので、日本へ伝わった当初も中国と同じように時間を区切る際に用いられていました。

しかし、明治時代に暦改正が行われたことによって、時間ではなく日の吉凶を占うものへ変化し、現代まで伝わっています。

「大安(たいあん)」

大安は、大いに安しを意味する吉日で、六曜の中でも最高の吉日です。1日を通して縁起が良い日なので、結婚式といった慶事を行う日としてもよく選ばれています。

「友引(ともびき)」

友引は、共引きの言葉が由来になっている日です。そのため、何事も引き分けとなり勝負の付かない、良くも悪くもない日といえるでしょう。吉日か凶日かといわれると、吉日ではありますが、11時~13時までの間は良くない日とされているので、時間に注意をして下さい。

中には、「友を引く」文字から、全く関係はありませんが、お葬式やお通夜といった葬祭を避けられる場合もあります。

「先勝(せんしょう・さきがち)」

先勝は、午前中は吉・午後は凶と時間に分かれる日です。先に行動をすれば勝ちという意味を持つため、午前中が吉となります。午前中であれば、何事も上手く行くので、引っ越しや契約などは午前中の内に済ませるようにして下さい。

「先負(せんぶ・さきまけ)」

先負は先勝と反対で、午前中が凶・午後が吉となる日です。午後が吉といわれていますが、先負の場合の吉とは小吉のようなもの。大吉や吉とは別物になるので、無難に過ごすのが吉といえます。

「赤口(しゃっこう・しゃっく)」

赤口は11時~13時までが吉とし、それ以外の時間は凶です。赤口は時間を表す六曜において、魔物の時間を表す丑の刻(午前2時~4時)を示すため、陰陽師が使役する赤口鬼(鬼神)が由来になっています。

また、全てが滅する日ともいわれるため、吉といわれる時間帯は存在しますが、どちらかといえば凶日です。

「仏滅(ぶつめつ)」

仏滅は、物が滅する・仏が滅するといわれる凶日です。六曜の中でも最も縁起が悪いといわれますが、葬祭や別れたい人と別れるには適している日とされています。しかし、慶事には向いていないので出来るだけ避けるようにしましょう。

母倉日と凶日が重なったら?

母倉日は毎月4~5日あるめ、他の凶日と重なることも珍しくありません。そういった場合の考え方には3つのパターンがあります。そのパターンは以下の通りです。

  1. 吉(母倉日)が凶日の力を打ち負かす
  2. 吉(母倉日)よりも凶日の力の方が強くなる
  3. 吉(母倉日)と凶日の力が相殺される

母倉日が凶日と重なった場合、凶日よりも母倉日が強くなると信じたいですが、何を信じるかは人によって違います。もし、迷うようであれば母倉日と凶日が重なる日は無難に過ごすのがベストといえるでしょう。
 

まとめ

母倉日とは、七箇の善日の内の1つであり、縁起が良いといわれる日です。特に婚姻に関係する事柄に最適とされているので、近い内に婚姻や結婚式といった慶事を控えている人は、母倉日に行えるように予定を調節するのがおすすめです。吉日を信じるか信じないかは個人の自由ですが、信じる者は救われるという言葉もありますよ。

前へ
アカシックレコードへのアクセスが、7月限定で無料!? 宇宙が誕生した時からの、全ての記憶が眠っているとされる、アカシックレコード。 タロットカードを用いてアカシックレコードへアクセスする特殊なリーディングが、7月限定で初回鑑定が無料! アカシックタロットで運命を読み解く

関連記事

人気の記事