LINE友達追加で開運待ち受け画像をプレゼント!

龍神とは?竜の種類や色によって異なる意味・ご利益も解説!

龍神とは?竜の種類や色によって異なる意味・ご利益も解説!

普段私たちが信仰している龍神ですが、竜の種類や色によって異なる意味を持っていたり、頂けるご利益も様々なことをご存じでしょうか。ここではその龍神について詳しく解説していきます。知れば知るほど魅力が沢山の龍神に興味がある人は、是非一読して下さいね!

記事の目次

  1. 1.龍神とは
  2. 2.代表的な龍神
  3. 3.龍神の色と役割とは
  4. 4.まとめ

九頭龍大神

龍は龍でも、神様の眷属ではなく神様の位の龍なのが九頭龍大神(くずりゅうおおかみ)です。日本各地に数々の伝説を残している龍神様で、日本に伝わっている龍神様の中でもかなり有名な龍神様です。

実際に神社の名称にもなっている神奈川県の箱根にある九頭龍大社では、九頭龍大神は九つの頭を持った龍とされ、誓願符(せいがんふ)とよばれる水溶性の紙に願いごとを書いて、境内の龍神水に流すと九頭龍大神が願いを叶えてくれるといわれています。

八大龍神

八大龍神(八代龍王)は、仏教由来の龍神様です。古代から仏教が盛んだったインドでは、龍という存在はメジャーなのもで、何頭も存在していると信じられていました。その複数存在する龍の中でも最も位が高い龍が、龍王とよばれ、8神いる龍王をまとめた総称が八大龍王です。仏教が盛んなインドでは、龍は仏法を守護する眷属と考えられていました。

そのため、仏教において八大龍王は天部の位に属しています。法華経に至っては、八大龍王が観音菩薩の守護神とされていますが、日本へ伝わった際に、和修吉竜王(わしゅきつりゅうおう)という第4の龍王が九頭龍大神と同一視されるようになったため、八大龍王も神格化されたのです。

善女龍王

善女龍王(ぜんにょりゅうおう)は、八大龍王の沙掲羅龍王(しゃかつらりゅうおう)の娘とされる龍神様です。善女龍王は、雨乞いの際に雨を降らした龍神様として有名で、平安時代に空海が雨乞いを頼まれ、京都府の神泉苑の池で祈祷した際に、雨を降らした神様として伝説が残っています。現在でも神泉苑には善女龍王が住むとされ、信仰されていますよ。

俱利伽羅龍王

不動明王の化身といわれるのが、八大龍王の第1尊の俱利伽羅龍王(くりからりゅうおう)です。不動明王の化身といわれるため、信仰されているお寺では俱利伽羅不動明王とよばれ祀られています。仏教において龍神は龍王とよばれますが、龍神信仰であることには変わりありません。

龍神の色と役割とは

前へ
次へ
アカシックレコードへのアクセスが、7月限定で無料!? 宇宙が誕生した時からの、全ての記憶が眠っているとされる、アカシックレコード。 タロットカードを用いてアカシックレコードへアクセスする特殊なリーディングが、7月限定で初回鑑定が無料! アカシックタロットで運命を読み解く

関連記事

人気の記事