>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

『神との対話』ニール・ドナルド・ウォルシュ著 八方塞がりの人生に差し込んだ神からのメッセージ

『神との対話』ニール・ドナルド・ウォルシュ著 八方塞がりの人生に差し込んだ神からのメッセージ

スピリチュアルの名著「神との対話」 「神との対話」は1992年にアメリカのニール・ドナルド・ウォルシュ氏が書き下ろし、1997年に日本語版が出版されました。 分厚い全3巻の読み応えのある本ですが、今は文庫本も発行されていて気軽にどこでも読めるようになりました。

    スピリチュアルの名著「神との対話」

    「神との対話」は1992年にアメリカのニール・ドナルド・ウォルシュ氏が書き下ろし、1997年に日本語版が出版されました。

    分厚い全3巻の読み応えのある本ですが、今は文庫本も発行されていて気軽にどこでも読めるようになりました。

    事業がうまく行かず離婚の経験もして、おまけに交通事故まで起こして八方塞がりの人生を歩んでいたウォルシュ氏。

    彼はその時の気持ちを何でもかんでも手元にあるメモ用紙に書き綴ると言う癖の持ち主で、ある日いつものように踏んだり蹴ったりの自分の人生についてこう書き殴ったのです。

    「こんなに、もがきつづけていなければならないなんて、わたしがいったい何をしたというのか。」

    その瞬間、

    彼の手は見えない力で押さえられたように紙の上から動かなくなりました。そして今度は不意にペンを持った手が勝手に動き出しました。

    自動筆記とも言うべき現象が始まったのです。

    自動書記で綴られる「神との対話」

    「神との対話」は自動書記で書かれた

    「あなたはほんとうに、すべての質問の答えを知りたいのか、それとも八つ当たりをしてみただけなのか?」

    これが、「神」からの最初の返事でした。

    それ以来3年間にわたって、ペンを介したウォルシュ氏と「神」との対話が続いたのです。

    対話はウォルシュ氏が質問し、「神」がそれに答えるという形で進みます。

    「神」が語った言葉はすべてウォルシュ氏が口述筆記する形で書き留められ、この本の中でそのまま再現されています。

    そして対話の中で「神」が語ったとする部分は太字にされていて、「神」が特に強調した部分はひと回り大きな文字にされており、大事なポイントがはっきり分かりやすく、まるで「神」が読者に力強く語りかけてくるような迫力を感じます。

    さて、この本の中に出て来る「神」とはいったいどんな存在なのでしょうか。

    あなたが不幸なのはご先祖様のせいかもしれません。

    友だち追加

    記事を評価する

    記事を評価しよう

    関連記事

    人気の記事

    記事はありません。