LINE友達追加で開運待ち受け画像をプレゼント!

縁起の良いサインをしってますか?日本人なら知っておきたい吉兆

縁起の良いサインをしってますか?日本人なら知っておきたい吉兆

縁起の良い吉兆のサインについて解説しています。朝蜘蛛やツバメが軒下に巣を作るなど、吉兆の印を覚えておきましょう。

記事の目次

  1. 1.吉兆とは?
  2. 2.茶柱が立つと縁起良し
  3. 3.朝蜘蛛は殺すべからず
  4. 4.家に鬼門に南天で福を呼ぶ
  5. 5.冬至に南瓜を食べると病の予防となる
  6. 6.初物を食べれば寿命が75日延びる
  7. 7.彩雲や紫雲を見ると縁起が良い
  8. 8.狐の嫁入りは実は縁起が良い
  9. 9.四葉のクローバーを見つけると幸せになれる
  10. 10.燕(ツバメ)が家の軒下に巣を作ると栄える
  11. 11.他にもまだある日本の吉兆サイン

 

20代女性

20代女性

あっ、茶柱が立ったわ!

ふみこ

ふみこ

それは吉兆ね!

20代女性

20代女性

きっちょう?

ふみこ

ふみこ

縁起がいいサインのことよ

吉兆とは?

虹 吉兆
Photo byfietzfotos
吉兆とは縁起が良いサインのこと。

虹を見ることなどは典型的な吉兆です。

吉兆(きっちょう)とは、おめでたい、良い出来事が起こる前触れの事です。

古来より日本には、多くの縁起が良いとされるサインがあり、私達の祖先は吉兆によって生活を潤していたのです。

これからご紹介する吉兆を覚えておく事で、あなたの未来がより豊かなものになるでしょう。

茶柱が立つと縁起良し

「湯呑の中で茶柱が立つと縁起が良い」

という言葉を聞いたことはありませんか?

茶柱とは日本茶を淹れた際に混入する茶の木の茎の事で、これが湯呑の中で真っ直ぐ綺麗に立つと縁起が良いとされています。

どうしてそう言われるようになったのか、それは茶の木の茎自体が滅多に混入しない物だからです。

そして「茶柱」なのは、柱が建築物の中で土台に次いで大切な役割を持っているからでしょう。

茶柱が立った時は、他の人に知られないようにこっそりと飲み込むと幸運が呼び込まれると言われています。

もしもお茶を飲んでいてそこに茶柱を見つけたら、誰にも内緒でそっと飲んでしまいましょう。

20代女性

20代女性

こっそり飲めばよかったわ。。

朝蜘蛛は殺すべからず

朝蜘蛛
Photo by HIRAOKA,Yasunobu

朝蜘蛛は吉兆のしるし

「夜に出てきた蜘蛛は親の顔でも始末しなさい。朝に出てきた蜘蛛はそっと逃がしなさい」という言葉があります。

何故朝の蜘蛛だけが縁起が良いサインかといえば、蜘蛛は晴れの日にしか蜘蛛の巣をはらないからでしょう。

朝に蜘蛛が出たならばその日は晴れ、という事は千客万来のチャンスありだと商売人に有難がられてきたのです。

反対に夜蜘蛛は盗人や強盗の別称、またはそういった輩が出る前触れだとも言われています。

詳しくは下記の記事を読んでみてください。

朝に蜘蛛を見かけたらスピリチュアルなサインだと受け取りましょう。

こうした事から「夜蜘蛛は縁起悪し、朝蜘蛛を始末しては罰が当たる」と伝わっているのです。

宮司さん

宮司さん

ここからは日本人なら知っておきたい縁起物についても解説していきます。

家に鬼門に南天で福を呼ぶ

南天(なんてん)とは、「(困難が起こっても)難を転じる」、「難産を転じて安産となる」という意味を持つ、縁起の良い木です。

この南天の木になる実は赤く、その赤色が邪気(悪いモノ)を祓い福を呼ぶとして、家の鬼門(悪いものがやってくるといわれている方角)に南天を植える事を良しとされてきました。

宮司さん

宮司さん

鬼門をはじめとして、私たちの生活と方位の関係はとても奥深いのです。

詳しくは方違えについての記事を読んでみてくださいね
 

冬至に南瓜を食べると病の予防となる

冬至に南瓜を食べるとよい
フリー写真素材ぱくたそ

一年のうちで、最も昼が短く、そして夜が長い冬至の日を、古来の人々は「死に一番近い日」だと恐れてきました。

その冬至の厄払いとして食べられてきたのが南瓜(かぼちゃ)で、これは南瓜が作物の少ない冬まで日持ちする事と、栄養素がたっぷり詰まっているからでしょう。

さらに南瓜は「かぼちゃ」と読む以外に「なんきん」とも読み、「“ん”が付く食べ物は運盛りが出来る」ので、縁起が良いのだといわれているのです。

初物を食べれば寿命が75日延びる

初物は寿命が延びる
Photo byWow_Pho

初物とは旬の走りに出始めたばかりの物で、初カツオや新茶等、実りの時期に初めて収穫される穀物、果物、一番初めに水揚げされる魚介をそう呼びます。

「初物を食べると寿命が75日延びる」と言われているのは、初物はエネルギーが溢れ、そして縁起が良いとされているからでしょう。

そして75日というのは、江戸時代に町奉行がある死刑囚へ「最期に何か食べたい物はないか」と問うた際、その死刑囚が季節外れの食べ物を要求した事からです。

当時は季節外れな物をすぐに用意する事は大変難しく、結果的に用意できたのが75日後だったので「初物のおかげで75日生き延びた」と伝わっています。

彩雲や紫雲を見ると縁起が良い

彩雲は吉兆
フリー写真素材ぱくたそ

彩雲(さいうん)とは、太陽の近くを通った雲が赤、緑といった色に彩られる現象の事で、これを見ると最高の吉兆だと言われています。

そして紫雲は紫色の雲の事、「念仏行者の臨終にあたり阿弥陀仏が紫雲に乗り来迎する」と言われているのです。

さゆり

さゆり

美しい彩雲は美しい心の波動を出している人に引き寄せられるんですって。

清らかな心をことが吉兆を引き寄せることにつながるのね。

青龍

青龍

龍の形をした龍雲を見ることも吉兆だといわれていますよ!

次へ

関連記事

人気の記事