1ページ 2ページ

商売で成功するための大事な法則 七五三の定理

七五三の法則 斎藤一人さんの知恵 斎藤一人さん

商売で成功するための大事な法則 七五三の定理

七五三の法則 斎藤一人さんの知恵

七五三というと、子供の息災を祝い、7歳5歳3歳のときに千歳飴なんかを提げて神社へお参りする行事ですが、商売の世界に七五三の法則というものがあることはご存知でしょうか?

 

斎藤一人さんが広めた七五三の定理

 

もともと日本一の高額納税者である斎藤一人さんがその仕事関係者の方にお話していたテープが多くの人に聴かれるうちに広まったものですが、753という数字には大きな力が宿っているようです。

 

7・5・3はいずれの数も素数で割れない数。割れない数は日本では昔から縁起がいいとされています。階段などでも、踊り場を3段、5段、7段のリズムで配置するとなぜか登っても疲れにくい階段になるようです。

 商売の売り上げを倍にする七五三のパワー

 

さて不思議なパワーをもった七五三の定理ですが、斎藤一人さんはこれを商売に応用すれば売り上げを倍にするとお話しされています。 

七五三の定理の内容ですが、

 

あなたがお店をやっているとして、同じお客さんを

3回」来させることに成功したらその人は常連さんになる。

「5回」来てもらえたら一生の付き合いになる。

「7回」来てもらえたら孫子まで連れてくる。

というのです。

要は、リピーターを増やすことの大切さをおっしゃっているわけですね。

七五三の定理のお話の中では、斎藤一人さんは具体的な例を交えてお話しされています。

当たりすぎると評判の電話占い