>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

阿頼耶識とは?

阿頼耶識とは?

唯識学 あらゆる願いを達成する阿頼耶識とは? 阿頼耶識とはDNAの記憶のタンク 阿頼耶識は「アラヤシキ」と読みます。 アラヤシキとは私たちの心の一番深い所にある潜在意識です。 私たちは毎朝起きてから夜寝るまで、いろんな事を感じ、いろんな事を話し、喜んだり怒ったりしますよね。

    阿頼耶識とはDNAの記憶のタンク

    阿頼耶識は「アラヤシキ」と読みます。

    アラヤシキとは私たちの心の一番深い所にある潜在意識です。

    私たちは毎朝起きてから夜寝るまで、いろんな事を感じ、いろんな事を話し、喜んだり怒ったりしますよね。

    しかしそれも時間が経つにつれて忘れてしまい忘却の彼方に消えて行きます。

    でもそれは表面上の顕在意識だけの事で、本当は何もかも全部の記憶がアラヤというあなたの記憶のタンクの中に保存されて行くのです。

    アラヤシキのラヤとは、サンスクリット語で「蔵」と言う意味の言葉です。

    アラヤにはあなたの人生の記憶だけじゃなく、あなたの両親や祖先のすべての想念や記憶が延々と引き継がれて保存されています。まさにあなたのDNAの記憶が詰まった所なのです。

    阿頼耶識にはDNAの記憶も蓄積されている

    阿頼耶識にはDNAの記憶も蓄積されている

     

    保存されているのは単なる出来事の記憶だけではありません。その時その時の気持ち、情念も生きたまま封印されているのです。

    あなたに繋がる祖先すべての記憶を封印していると言う事は、どういう事でしょうか。

    それは自分と他人の区別がなくなり時代を遡るにつれていろんな人の意識と交錯し、最終的には宇宙の意識と繋がっていくという事になります。

      

    阿頼耶識は貯め込むだけじゃない

     

    アラヤは記憶のタンクだと言いましたが、阿頼耶識はアラヤと言う倉庫に単に記憶を貯め込むだけではありません。

    アラヤには延々と受け継がれた記憶の上に、一番新しいあなたの記憶や想念が無意識のうちに休まず投入されて行きます。そしてそれらを熟成して次のあなたの新しい現実を形作って行く力を持っているのです。

    仏教ではアラヤの中に蓄えられている膨大な記憶の事を「一切種子識」(いっさいしゅうじしき)と言う言葉で呼んでいます。

     

    これは、仏教ではアラヤの中に将来の物質や状態になるべき種子が蓄えられていると考え方を意味しています。

    私たちは日夜アラヤの中に記憶や想念を休みなく送り込んでいます。それが「因」となって、将来の結果「果」を生むのです。

    阿頼耶識には悲しいかな顕在意識のような善悪の区別がありません。善悪を問わず強く送り込まれた「因」に対しては強く働きます。

    そして時間の早い遅いはあっても、送り込まれた因は必ず果となってあなたに訪れるのです。

    阿頼耶識の力を信じる

     

    その事を思うと日常生活は出来るだけ明るくした方が良いのだと分かりますね。

    怒らず人を恨まずいつも明るく元気で。でも現実を見るとそんなに簡単に出来そうもありません。

    人間の気持ちは引力と一緒で、放っておくとどうしても悲観的で低い波動へ落ち込みがちです。気持ちが暗くなっていると記憶にも暗いフィルターをかけてしまう事になります。

    あなたが不幸なのはご先祖様のせいかもしれません。

    友だち追加

    記事を評価する

    評価 4.8 / 5(合計2人評価)

    関連記事