>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

イヤシロチの木から神様のエネルギーをいただくご神木の話

イヤシロチの木から神様のエネルギーをいただくご神木の話

イヤシロチの木から神様のエネルギーをいただくご神木の話 私たちの住んでいる日本には全部で八万社以上の神社があります。 神社の境内を見ると、多くの場合、その土地の周りの木よりもひときわ大きな「ご神木」が生えていることに気がつきます。 ご神木が生えているところが神社

    ご神木と神様のエネルギー 斎藤一人さんのお話より

     

     

    私たちの住んでいる日本には全部で八万社以上の神社があります。

    神社の境内を見ると、多くの場合、その土地の周りの木よりもひときわ大きな「ご神木」が生えていることに気がつきます。 

    ご神木が生えているところが神社

    昔の人は大きな木が生えるその土地に霊験を感じ、そこを神の力の宿る「イヤシロチ」とし、そこにお社(やしろ)を建てて、神社にしたのです。

    神社というのは小高い丘や周囲より高い場所にあることが多いものです。

    これは、位置の高い丘のようなところは土壌の水はけがよく、衛生的にも優れていて植物の育ちやすい環境にあるということもご神木が大きく育つ一因ですが、高いところにある木には落雷も落ちやすく風害にもさらされやすいというデメリットがあります。

    しかしそれでも何十年・何百年もその土地に根を張っている大木には神様のエネルギーが降りているからかもしれません。

     

    ご神木から神様のエネルギーをもらう

     

    銀座まるかんの創業者で、日本一の高額納税者である斎藤一人さんが、神社にお参りすることで、神様のエネルギーをいただく方法についてお話されています。(2017年4月)

    この記事では、その方法をわかりやすくお伝えします。

     両親のトラウマを払拭するエネルギー

    お話の中では、とくに親に関するトラウマ、劣等感を解消する方法についての話題が中心でした。

    なのでまずはその前後関係を補完できるように、幼少期の心の傷や劣等感がいかに今のあなたの幸せを邪魔するか、ということについてご説明します。

    心の中にある傷が人生を制限してしまう

    人は誰でも少なからず心に傷をもっています。多くの場合はまだ精神的に強くない時期に、親や教師、学校生活で受けたものです。

    たとえば子供の時に親から「お前は勉強ができない」と言われ続けると、勉強ができない自分というものが心の奥底に入り込んで、世の中を見る色眼鏡のようになってしまい、高校や社会に出ても、

    勉強に関係するものや、知的作業を要求するものに恐怖心を覚えてしまうのです。

    本当は人間の能力なんてたいして変わらないのに、その「勉強ができない」という心の傷が劣等感となり、大きくその人の人生を制限してしまうのです。

    この傷を治すには、いろいろな方法があります。ハワイのヒーリング法「ホ・オポノポノ」では自分の心の傷を、心の中にいる小さな自分「インナーチャイルド」の傷ととらえ、インナーチャイルドを癒すために「愛してます・ごめんなさい」などの言葉を使い、「クリーニング」します。

    今世の親は仮の親

    あなたが不幸なのはご先祖様のせいかもしれません。

    友だち追加

    記事を評価する

    記事を評価しよう

    関連記事