>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

身近な人が宗教依存症になった時のために知っておきたいこと。マインドコントロールを解く方法

身近な人が宗教依存症になった時のために知っておきたいこと。マインドコントロールを解く方法

身近な人が宗教依存症になった時のために知っておきたいこと。マインドコントロールを解く方法 宗教依存症とは 宗教依存症とは、自分で物事を考えて行動する事や、生きる上で起こり得るトラブルを解決する事を放棄し、「全ての物事の判断を宗教に委ねてしまう」といった症状です。

    大切な人を守るために

    宗教依存症とは

     

    宗教依存症とは、自分で物事を考えて行動する事や、生きる上で起こり得るトラブルを解決する事を放棄し、「全ての物事の判断を宗教に委ねてしまう」といった症状です。

    自分自身で「○○をしたいので、××をしよう」と考える事、「○○を××すれば△△できる」と解決する事ができなくなり、宗教へ頼り切りになってしまうが特徴です。

    人間は弱い生き物なので何かにすがることは悪いことではありませんが、それが過剰になれば注意が必要です。

    宗教依存症の原因

    宗教依存症となる原因として、以下の事が考えられます。

    1.満たされない心の隙間を宗教が埋めてしまった

    例えば仕事、人間関係、恋愛、生活といった生きる上で欠かせない事柄に満たされていない人がいます。
    満たされない心により寂しさや虚しさを抱えていましたが、ある時に宗教と出会った事がきっかけで、隙間が満たされてしまったのです。

    宗教には口が達者な勧誘人、救いを求める者に手を差し伸べる教祖といった存在がいます。
    この者達に話しを聞いてもらったり、宗教活動へ参加をしている内に、「宗教こそが自分を保つ大事な存在なのだ」と勘違いをしてしまったのでしょう。
    本人は「宗教=自分にとって必要不可欠な存在」だと思っているので、周りが「それは違う」と言っても聞く耳を持たないのです。

    2.宗教が自分の価値観を認めていると思ってしまった

    「自分はこう思っているのに、誰も認めてくれない」、このように「誰にも理解されない価値観や自論」を持っている人がいたとします。
    ある時、宗教活動をしている人と知り合い、「貴方の考え方や価値観は正しい、間違っているのは周りの方だ」と説かれたとしましょう。
    すると本人は「今まで誰も解ってくれなかった自分の考え方を理解し、受け入れてくれるのは宗教だけだ」と思ってしまうのです。

    誰にも理解されなかった自分の思想、考えや、「皆が同じ事を目標としている」という宗教内における集団の共通価値観に安心感を得てしまうせいです。
    「赤信号 皆で渡れば怖くない」という言葉がありますが、「宗教を皆で信じている事」が不安感を拭ってしまったのでしょう。

    3.宗教に自分の居場所を見出してしまった

    家庭にも職場にも学校にも、どこにも自分の居場所がない、友達がいない、人間関係が安定しない事に悩んでいる人がいます。
    そんな時に宗教活動をしている人から「貴方も私達の仲間になりませんか?」と話しかけられたとしましょう。

    最初は怪しんでいるでしょうが、「自分の居場所がない」という孤独感を、「宗教こそが自分の居場所である」と思うようになってしまいます。
    宗教活動をしている集団に属する人達を自分の仲間だと思っうせいで、「仲間外れになりたくない」から宗教をやめられないのでしょう。

    あなたが不幸なのはご先祖様のせいかもしれません。

    友だち追加

    記事を評価する

    記事を評価しよう

    関連記事

    人気の記事