>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

陰陽師とは 陰陽師が使う5つの占術

陰陽師とは 陰陽師が使う5つの占術

陰陽師とは? 陰陽師が使う5つの占術 陰陽師とは陰陽道について詳しく知る 「陰陽道」や「陰陽師」。 たとえ歴史に興味がなかったとしても、一度ぐらいは耳にしたことがあるかと思います。

    陰陽師とは? 陰陽師が使う5つの占術

    陰陽師とは陰陽道について詳しく知る

    陰陽師とは陰陽道について詳しく知る

    「陰陽道」や「陰陽師」。

    たとえ歴史に興味がなかったとしても、一度ぐらいは耳にしたことがあるかと思います。

    古代日本(奈良・平安時代)の律令制における八省のひとつに、中務省(なかつかさしょう)というものがあり、そこの機関のひとつに陰陽寮(おんようりょう)という官職がありました。

    天文観測・自然観測・時刻・暦の記録・作成を担当する科学的側面を担当する部署です。

    その陰陽寮に属した面々、それを「陰陽師」と言います。

    つまり陰陽師は今で言う公務員的なもので、現在の気象庁と文部科学省を掛け合わせた仕事をしていたのですが、やがて本来の規定を超え、みなさんが抱く陰陽師の印象そのままに、「占術」を用いて個人の吉凶を判断し、厄災をし、病気の回復を願う祈祷などの儀式的行為をし、「祭祀(さいし:神や祖先を祭ること)を司り、また土地・方角などの良し悪しを占うようになっていきました。

    では具体的には、「陰陽師」はそこでどのような占術を用いていたのか、ここでは詳しく、そして分かりやすく解説していきます。

    陰陽道とは

    最も有名な陰陽師 安倍晴明と晴明神社

    最も有名な陰陽師 安倍晴明と晴明神社

    先ずは「陰陽道(おんようどう)」についてご説明致します。

    そもそもなぜこの占い方法を用いていたのか、どうしてこの占術だったのか、それを理解するには、陰陽師がたずさわる陰陽道に触れておく必要があるからです。

    官職のひとつである陰陽寮には、今で言うマニュアル・テキストというようなものがありました。それが、

    • 周易(しゅうえき)
    • 黄帝金匱(こうていきんき)
    • 新撰陰陽書(しんせんおんようしょ)
    • 五行大義(ごぎょうたいぎ)

    です。

    すなわち、陰陽師たちが目を通していたものです。

    周易(しゅうえき)

    中国の周の時代に大成された経典。

    経典とは仏教において釈迦が説いた教えを記録した聖典です。

    黄帝金匱(こうていきんき)

    中国の文献のひとつ。日時の吉凶、禁忌、式占に関する専門書。

    新撰陰陽書(しんせんおんようしょ)

    中国の文献のひとつ。日時の吉凶、禁忌、式占に関する専門書。

    五行大義(ごぎょうたいぎ)

    中国の文献のひとつ。日時の吉凶、禁忌、式占に関する専門書。

    これらの書籍は、全て、陰陽五行思想(いんようごぎょうしそう)へと繋がっています。

    あなたが不幸なのはご先祖様のせいかもしれません。

    友だち追加

    記事を評価する

    記事を評価しよう

    関連記事

    人気の記事