>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

炎を背負った仏様 不動明王様とは? 古き良き熱血教師のような存在?

炎を背負った仏様 不動明王様とは? 古き良き熱血教師のような存在?

お不動様の背中には燃え盛る炎がありますが、これもまた暗闇で迷う私たちに光を与えて前が見えるようにしてくださっているのです。 不動明王様は、煩悩に悩み、いつも悪魔を恐れてどうしようもない私たちを、無理やりにでも救おうと思ってあんなに怖い姿をしておられるのです。

    炎を背負った仏様 不動明王様とは お経・霊場・御利益など 

     

    明王とは古き良き熱血教師のようなもの

     

    数ある仏様の中で一番怖い顔をした仏様、不動明王様。

    片方の目を天に向け、もう片方で地面をにらみ、いったい何に怒ってあんなに怖い顔をしているか、疑問に思ったことはありませんか?

    小さい子が見たら、それこそ泣き出しそうなお顔ですよね。

    不動明王様のあの怖いお顔は私たちに取り憑いている悪魔のような煩悩に対して向けておられるのです。

     

    お不動様はどこに行っても、右手に剣を持ち左手に太い縄を持っておられます。

    この剣は私たちに向けて振りかざしてるのではありません。また縄も私たちを縛り上げるための物じゃありません。

    右手の剣は、私たちが煩悩をどうしても断ち切ることが出来ない時、それを断ち切るために持っておられます。

    そして左手の縄は、私たちを煩悩の渦の中から引っ張り上げて救い出すために持っておられるのです。

    仏様には、「天」や「明王」など、いろいろな称号がありますが、不動明王様の「明王」とは、仏の教えに耳を貸さず、

    自分から不幸のなかに突っ込んでいくような人を、いわば「荒療治」で救おうとする仏様(仏性)の一面のことです。

     

    不動明王について 明王とは熱血教師のような存在

    明王とは熱血教師のような存在

    例えるなら、明王様とは、古き良き体育会系の熱血教師のような存在と言えるかもしれません。

    今は学校で生徒に体罰を与えようものならすぐに問題になりますが、非行を繰り返す不良生徒には、愛のある拳骨が必要な場合もあるのです。

    不動明王様とはまさにこの熱血教師であり、非行に走る私たちの心の悪い働きを愛のある拳骨をもって正しい道に導いてくださるのです。

    お不動様の背後で燃え盛る炎

     

    燃え盛る炎燃え盛る炎

    お不動様の背中には燃え盛る炎がありますが、これもまた暗闇で迷う私たちに光を与えて前が見えるようにしてくださっているのです。

    不動明王様は、煩悩に悩み、いつも悪魔を恐れてどうしようもない私たちを、無理やりにでも救おうと思ってあんなに怖い姿をしておられるのです。

    人の心はいつも不安に苛まれています。心が不安に負けて舵のコントロールを失ってしまう時、それは私たちの心の弱さや悪い働きが優勢になっている時です。

    そんな時に不動明王様におすがりすれば、きっと力を貸してくださりますよ。

    不動明王様とはそういう仏様です。

    あなたが不幸なのはオーラとチャクラのせいかもしれません。

    記事を評価する

    記事を評価しよう

    関連記事

    人気の記事