>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

陰陽師の呪術で、最も謎に満ちた『式神(しきがみ/しきじん)』とは?

陰陽師の呪術で、最も謎に満ちた『式神(しきがみ/しきじん)』とは?

陰陽師の呪術で、最も謎に満ちた『式神(しきがみ/しきじん)』の術とは? 陰陽師の呪術 式神について知る 陰陽道で最も謎に包まれた『式神(しきがみ/しきじん)』の存在 陰陽道、つまり陰陽師において最も謎に包まれた、神秘的な呪術である『式神』。

    陰陽師の呪術 人形(ヒトガタ)

    陰陽師の呪術 式神について知る

     

    陰陽道で最も謎に包まれた『式神(しきがみ/しきじん)』の存在

    陰陽道、つまり陰陽師において最も謎に包まれた、神秘的な呪術である『式神』。

    この術があってこそ、陰陽師は今も語り継がれ、映像化されていると言っても決して過言ではありません。

    式神とは、呪術を用いて意のままに操れる鬼神(荒ぶる神・妖怪・神霊・超人的存在)を召喚し、相対するものを攻撃するものです。

    最も有名な陰陽師 安倍晴明と晴明神社

    最も有名な陰陽師 安倍晴明と晴明神社

    陰陽師のこの召喚魔法とも言える術は、あらゆる思想の習合・完成形とも言え、陰陽道の大家として知られる安倍晴明の式神、十二神将(十二天将)はとても有名です。

     安倍晴明の式神、十二神将

     

    陰陽師の式神 十二神将のバサラ大将

    陰陽師の式神 十二神将のバサラ大将

     

    宮毘羅大将:くびら【左手は腹に当て、右手に剣を持つ武将】

    伐折羅大将《金剛力士》:ばさら【左手は下ろし、右手に宝剣を持つ武将】

    迷企羅大将:めきら【左手を上げ、右手を腰に当てる武将】

    安底羅大将:あんてら【両手に宝珠を持つ武将】

    頞儞羅大将《風天》:あにら【両手に矢を持つ武将】

    珊底羅大将:さんちら【左手は腰(またはホラガイ)、右手に鉾(ほこ)を持つ武将】

    因達羅大将《帝釈天》:いんだら【左手は腰に当て、右手に鉾(ほこ)を持つ武将】

    波夷羅大将:はいら【両手に弓を持つ武将】

    摩虎羅大将《摩睺羅伽》:まこら【左手は腰に当て、右手に斧を持つ武将】

    真達羅大将《緊那羅》:しんだら【左手に宝棒、右手に宝珠を持つ武将】

    招杜羅大将:しょうとら【左手に剣を持ち、右手は腰に当てた武将】

    毘羯羅大将:びぎゃら【左手は腰に当て、右手に三鈷杵を持つ武将】

    (三鈷杵:さんこしょ。刃がフォークにように三本に分かれたもの)

     十二神将は状況に応じて使役していた

    情況に応じ、それぞれの武将の特性を活かし、召喚していたと考えると、わくわくしてきますよね。

    ただ実際には、安倍晴明が『十二神将を操った』というのはあくまでも逸話で、文献として残っているわけではありません。

    唯一、宇治拾遺物語において、安倍晴明が葉に呪詛をかけてカエルを潰したという記述があるぐらいです。

    式神の正体は一体なんなのか?

    さて、式神の正体は一体なんなのか

    という話になると、逸話ばかりが先行し、すなわちオカルト的な話ばかりになるのですが、

    『仏作って魂入れず』

    ということわざがあるように、転じて「魂」を入れることが何らかの実績、奇跡をもたらすと考えられると思います。

    また一説では、『式』は今で言う『方程式』などの式で、式盤から算出される『式=法則性』を完全に理解し、決まった手順を踏みさえすれば、神は必ず反応を示すとされています。

    つまり陰陽師が両手を巧みに動かして武将を召喚させる、といった映像の世界での話は、あながち行き過ぎな演出とは呼べないということです。

    令和元年 あなたの運勢をズバリお教えします!

    『開運福みくじ鑑定』では、令和元年のあなたのあらゆる運勢を徹底鑑定してあなたに起こる良いことも悪いこともすべてをお教えし、開運へ導きます。
    貴女が引く福みくじと誕生日から評判の凄腕占い師が、様々な角度からあなたの運勢を期間限定0円で徹底検証します。。
    令和元年の運気を上げたい方は福みくじを引いてみて下さい!

    記事を評価する

    記事を評価しよう

    関連記事

    人気の記事