>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

式神(しきがみ/しきじん)について知ろう。陰陽師の呪術で、最も謎に満ちた式神とは?

式神(しきがみ/しきじん)について知ろう。陰陽師の呪術で、最も謎に満ちた式神とは?

『式神(しきがみ/しきじん)』は現代のアニメや文学においても取り扱われるテーマです。実は「怖い」役割だけではない式神。陰陽師の術のなかでも最も謎に包まれた『式神』に迫ります。

     

    陰陽道で最も謎に包まれた『式神(しきがみ/しきじん)』の存在

    安倍晴明が2匹の式神(右下)を携えて物の怪と対峙している絵巻です。出典:Wikipedia(『不動利益縁起絵巻』)

    式神とは、陰陽師が意のままに操れる鬼神(荒ぶる神・妖怪・神霊・超人的存在など)を召喚する術です。式の神、識の神ともいわれます。
    また、式には「使役する」という意味があり、「式鬼」「式鬼神」と記す文献もあります。加えて、
    「式」は今でいうところの「方程式」や「計算式」などの式を指します。陰陽道の占いで使われる式盤によって「式=法則性」を理解し、決まった手順を踏みさえすれば反応を示す存在ということです。

    陰陽師はこの式神によって人の悪行や善行を見定めてきました。

    この術があってこそ、陰陽師は今も語り継がれ、映像化されていると言っても決して過言ではありません。

    式神の種類

    ひとえに式神といっても、姿や形もさまざま!
    創造過程では3つに分類できるよ。ちなみにワタシは擬神式神に分類される、形代(かたしろ)。怖い使い方をされるだけではなく、護身符としても活躍するんだ。

    式神はその創造過程によって3つに分けられます。

    思業式神(しぎょうしきがみ):陰陽師が「思念」で創造する式神。好みによって男女どちらの姿にも創り出される。陰陽師の能力が直に反映されるため、式神自体の力にも差がある。

    擬人式神(ぎじんしきがみ):紙や藁、草木などで人の形を作りそこに霊力を宿らせた式神。形代(かたしろ)とも呼ばれる。意思を持たせたものを「上位式神」、意思を持たせないものを「下位式神」と呼ぶ。

    悪行罰示神(あくぎょうばっししきがみ):過去に悪行をはたらいた霊的な存在を陰陽師が術で打ち負かし、従属させた式神。安倍晴明の「十二神将」もこの悪行罰示神の一つとされる。術者の力が弱いと逆に飲み込んでしまうほどの力をもつ。

    式神の役割

    「善行と悪行を見定める」として召喚されていた式神は、具体的にどのような場面で使われていたのでしょうか。

    ・陰陽師のお手伝いをする(身の回りの世話や留守番、術のサポート)
    ・情報収集や伝言を担う
    ・悪行を行った相手に憑依、災厄をもたらす
    ・重要な場所に設置され、その場を守る

    日常生活のこまごましたことから大役まで務めることができますが、大役を果たすまでの式神を召喚できるのは手腕のある陰陽師に限られていました。
     

    有名な式神

    Photo by iichangm

    広く名を知られている式神をご紹介していきます。

     安倍晴明の式神、十二天将(十二神将)

    陰陽師のこの召喚魔法とも言える術は、あらゆる思想の習合・完成形とも言え、陰陽道の大家として知られる安倍晴明の式神、十二天将(十二神将)はとても有名です(仏教の十二神将とは別のものです)。
    中国の占術・六壬神課(りくじんしんか)における、時刻と干支・天文を組み合わせたものの象徴として十二天将は考えられています。六壬神課は「式盤」とよばれる道具を用いて占いますが、この式盤に十二天将が記されています。

    十二天将 呼び名や方角

    騰蛇(とうだ) 羽の生えた蛇。炎に包まれている。 南東
    朱雀(すざく) 南の守護神。炎をまとった霊鳥。
    六合(りくごう) 平和・調和を司る。
    勾陳(こうちん) 金色の蛇。京の中心を守護する。 南東
    青龍(せいりゅう) 東の守護神。長い舌をもつ龍。 北東
    貴人(きじん) 十二天将の主神。天一神(てんいちじん)、天乙(てんおつ)とも。 北東
    天后(てんこう) 航海の水神。 媽祖(まそ)とも。 北西
    大陰(だいおん) 知恵に長けており、実際は老婆だが少女の姿を好む。 西
    玄武(げんぶ) 北の守護神。亀に蛇がまきついた姿、または尻尾が蛇である亀の姿とされる。
    大裳(たいも) 天帝に仕える士官。善の神。 南西
    白虎(びゃっこ) 西の守護神。身長のある白いトラ。 南西
    天空(てんくう) 霧・黄砂を呼ぶ。不実や欺瞞を象徴。 北西

    前鬼・後鬼(ぜんき・ごき)

    修験道の開祖・役小角(えんのおづの)が使役したといわれる夫婦の鬼の式神(前鬼が夫、後鬼が妻)。人間に災いをもたらしていた前鬼と後鬼ですが、役小角の活躍によって改心し従者となります。
    前鬼はのちに大天狗になったと伝えられています。

    犬神

    もともとは犬だけど、ハツカネズミより少し大きいくらい、モグラみたいな背格好などと言われていて、犬らしさがあまりない姿とされているんだよね・・・。
    あ、ちなみにボクは岡熊臣・作の『塵埃』にある犬神の画です。(出典:Wikipedia「犬神」)

    犬神とは犬の憑き物(=犬の霊)です。管狐と同じく、式神として使役されることもありました。
    偵察や伝言など術者の手伝いをすることもあれば、相手に憑くこともありました。犬神に憑かれた相手は、感情が不安定になったり全身に痛みが走ったり、ときには犬の鳴き声を発したりすることもあったようです。

    一説では弘法大使・空海が猪退治の際に犬神の護符を用いたとも言われています。

    あなたが不幸なのはご先祖様のせいかもしれません。

    友だち追加

    記事を評価する

    評価 5.0 / 5(合計5人評価)

    関連記事