神様に歓迎されてるサインを知っていますか?神社で風が吹いた時は神様に歓迎されている?

神様に歓迎されているサインを知っていますか?
神様に歓迎されているサインを知っていますか?
スピリチュアル

あなたは知っていますか? 神様に歓迎されてるサイン

神社へ参拝した時に、「これは神様に歓迎されてるサインだ」と感じた事がある人は実は意外にも多く存在します。

神道において神様という存在は、自然現象などによる「信仰や畏怖の対象」であり、日本には「八百万の神(やおよろずのかみ)」がいるといわれているのです。

「八百万(やおよろず)」とは800万体の神様という事ではなく、それ以上の無限にも近い数の神様がいるという意味です。

それだけ多くの神様がいれば、中には自分と相性の良い神様、反対に自分とどうしても相性の悪い神様がいます。

どうやって相性の良い神様を知るのかといえば、それは「神様に歓迎されてるサイン」を感じる事です。
神社へ参拝した際、その神社の神様はどのような歓迎のサインをくださるのか、その例をご紹介しましょう。

神社で、雨や雪、花や木の葉が「降る」

神社参拝中に雨が降り出すのは歓迎のサイン

代表的な神様に歓迎されてるサインが「降る」というもの、例えば神社の境内へ足を踏み入れた途端に雨が降る、これは歓迎のサインです。

「せっかく神社へ来たのに雨なんて」と残念に思うかもしれませんが、

神社で降る雨は「禊(みそぎ)の雨」、穢れを洗い清める為の雨なのです。

一番良いとされているのは、先程まで快晴だったのが神社で参拝している間だけ突然雨が降ってきた、しかし神社を出た途端その雨が上がるというものでしょう。

これはその神社の神様が「あなたと自分とはとても相性が良いので歓迎する」といったサインを出してくれたと考えられます。

雨の他にも、神社の境内へ入ってすぐにそれまで降らなかった雪が降ってきた、風も吹いていないのに木の葉や花がひらりと足元へ降り落ちてきたなどのサインがあります。

また、小石がぱらぱらと落ちてくる事もありますが、これは「天狗のつぶて」といって天狗からの歓迎のサインです。

神社で風が吹く、人払いが起こるのも歓迎のサイン

 

神社に参拝して神のエネルギーをいただく

神社の境内で風が「吹く」ことの意味

神社の拝殿にて手を合わせていると、拝殿の方向から心地良い風が吹いてくる、これも神様に歓迎されてるサインと考えて良いでしょう。

神様は参拝をしているあなたへ「自分と相性が良い」と知らせようとして、あなたに向けて爽やかな風を届けてくれたのです。

御幌(みとばり)や体が「揺らぐ、引かれる」

拝殿などで見かける白い薄布飾り「御幌(みとばり)」が風も吹いていないのに舞うように揺らいだならば、それは神様に歓迎されてるサインです。

更に、参拝中に御幌が内側から外側へと揺れたならば神様が「願いを聞いた」サイン、外側から内側へ揺れると「願いが確かに届いた」というサインとなります。

そして境内を歩いている最中、または参拝中に体が軽く前方へ引っ張られた時も、神様に歓迎されてるサインなのです。

余談ですが、

日本一のお金持ちである斎藤一人さんが伊勢神宮に行った時、なぜか御幌が持ち上がったように上に揺れ続けていた。

という話を聞いたことがあります。伊勢神宮のご祭神である天照大神が、斎藤一人さんの参詣を喜んでいたのかもしれませんね。

 

神様に歓迎されてるサイン 伊勢神宮とアマテラス

伊勢神宮の拝殿の奥にも白いみとばりがあります。

ポイント

神社で風が吹くのは、神様からの歓迎のサイン

2018年の運命を知る

《2018年後半》 あなたの運命を好転させる

あなたが結ばれるべき運命の人も、あなたに適したお仕事や人間関係の作り方も、そして金運も、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

 ≪運命のオーラリーディング≫では、2018年のあなたの運命の日を鑑定し、幸せになる方法を、1000文字以上の鑑定結果メッセージと運勢図で分かりやすく教えてくれます。

 今なら、 『全員無料』で鑑定してもらえます。