>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

神様に歓迎されているサインを知っていますか?神社で風が吹いた時は神様に歓迎されている?

神様に歓迎されているサインを知っていますか?神社で風が吹いた時は神様に歓迎されている?

あなたは神様に歓迎されているサインを知っていますか? 神社へ参拝したとき急に風が吹いた、という現象も神様に歓迎されているサインのひとつです。この記事では、神様に歓迎されているサインのほか、相性の良くない神社を訪れた際の神様からのサインもご紹介しています。

    あなたは知っていますか? 神様に歓迎されているサイン

    森から空を見上げる
    Photo by Kentaro Ohno

    神様に歓迎されているサイン

    神様に歓迎されているサインをご存知でしょうか。神社を参拝したときに起こる現象と言われていますが、実は、意外にも多くの方が経験しているようです。

    神道においての神様という存在は、自然現象などによる「信仰や畏怖の対象」であり、日本には「八百万の神(やおよろずのかみ):無限にも近い数の神様」が存在していると考えられています。

    これだけ多くの神様がいれば、自分と相性の良い神様、反対に相性の悪い神様がいても不思議ではありません。

    では、どのように相性の良し悪しを知れば良いのでしょうか。

    それは「神様に歓迎されているサイン」を感じることです。神様に歓迎されているサインはさまざまなものがありますので、ひとつひとつ見ていきましょう

    神社で、雨や雪、花や木の葉が「降る」

    内側の角度から見た朱色の番傘

    「降る」

    神様に歓迎されているサインのひとつに「降る」という現象があります。

    参拝中に急に雨が降ってきた、という話もよくありますが、これは神様に歓迎されているサインなのです。神社で降る雨は「禊(みそぎ)の雨」と言われ、穢れ(けがれ)を洗い、身を清めてくれるとされています。特に、神社を出た途端に雨が上がる、という現象は、とても良いサインであると考えられています。

    雨のほかにも、雪が降ってきた、風も吹いていないのに木の葉や花が舞い落ちてきた、などの現象も良いサインと考えられます。また、小石がパラパラと落ちてくることもありますが、この現象は「天狗のつぶて」と言われ、天狗からの歓迎のサインだと考えられています。

    神社で風が吹く、人払いが起こるのも歓迎のサイン

    神様に歓迎されているサインは、「降る」以外にも多数あります。ひとつずつ確認していきましょう。

    神社の境内で風が「吹く」ことの意味

    タンポポの綿が風に吹かれている

    「吹く」

    神様に歓迎されているサインには「吹く」という現象があります。

    神社の拝殿に手を合わせていると、拝殿の奥から心地良い風が吹いてくることがあります。神様が、参拝しているあなたに向けさわやかな風を送ることで、相性の良さを知らせてくれているのです。

    御幌(みとばり)や体が「揺らぐ、引かれる」

    拝殿の前で手を合わせている女性

    「揺らぐ、引かれる」

    神様に歓迎されているサインには「揺らぐ、引かれる」という現象があります。

    拝殿の際に見かける白い薄布飾り「御幌(みとばり)」が風も吹いていないのに舞うように揺らぐことがあります。さらには、御幌が拝殿の内側から外側に揺れたときは「願いを聞いたサイン」、外側から内側に揺れたときは「願いが届いたサイン」であると言われています。

    また、境内を歩いているときや参拝中に体が前方へ引っ張られる感じがしたときも、神様に歓迎されているサインだと考えられています。

    太陽や虹、動物が「出る」のは良いサイン

    青空と林の中間にある虹
    Photo by Kentaro Ohno

    「出る」

    神様に歓迎されているサインには「出る」という現象があります。

    参拝中に、あるいは参拝後に曇空の間から太陽や虹が出た、境内で何らかの動物と出くわした、といった現象です。

    神社によっては、神様の化身として猫や鶏、馬などを飼っていることもありますが、いつでも見かけるわけではないのです。動物と偶然に出会うことは日常でも吉兆と考えられており、つばめが軒下に巣を作る、と言った出来事は非常に良い兆しであるとされています。

    奉納舞やご祈祷の音が「鳴る」

    晴れ着姿の女性が番傘を指して立っている

    「鳴る」

    神様に歓迎されているサインには「鳴る」という現象があります。

    何気なく立ち寄った神社で太鼓や笛の音色が聞こえてきた、たまたま奉納舞やご祈祷などが行われていた、というときは、「あなたも見ていきなさい」という神様のご厚意であると考えられます。

    奉納舞やご祈祷は、その様子を眺めているだけでもご利益があるとされています。見終わった後は、必ず「今日はありがとうございました」とお礼をするようにしましょう。

    人払いが起こり「落ちつく」のも神様に歓迎されているサイン

    夕暮れの中、海に建つ鳥居

    「落ちつく」

    神様に歓迎されているサインには「落ちつく」という現象があります。

    参拝者の多い神社はいつ行っても拝殿前が混み合っているものですが、自分が参拝しようと拝殿前へ足を進めたときにだけ、波を引くように人がいなくなることがあります。これは、神様があなたとゆっくり話をしようと、人払いをしてくれた証拠なのです。気持ちを落ち着かせて、ゆっくりとあいさつをしましょう。

    五感で分かる神様が歓迎しているサイン

    緑や青、紫の線が中央の球体とつながっている
    Photo bygeralt

    「五感」

    神様に歓迎されているサインには「五感」を通して感じることがあります。

    例えば、境内がキラキラと輝いて見える(視覚)、風やお手水が心地良い(触覚)、聞こえてくる音に癒される(聴覚)、何も食べていないのに口の中が甘く感じる(味覚)、何となくお香の匂いがする(嗅覚)などといったことです。

    神社を訪れた際にこのようなことを感じたときは、神様に丁寧にあいさつをしましょう。

    相性が悪い神社のサイン

    暗闇の中にたくさんの灯篭が並べられている

    相性が悪い神社

    神様に歓迎されているサインが感じられる神社とは反対に、自分との相性が悪い神社も存在します。

    これからご紹介するサインがあったときは、参拝を済ませた後、速やかに立ち去ることをお勧めします。

    体調が悪くなる

    おなかに手を当てている男性
    Photo byderneuemann

    体調不良

    境内に入った途端に体調が悪くなるときは注意が必要です。頭が痛くなってきた、体が重い気がする、めまいがしてきた、などの症状が出てくる場合は、その神社と相性が悪いと考えられます。

    参拝中に限らず、神社へ向かう途中や帰宅途中で症状が出る場合もあります。

    怖い、寒いと感じる

    薄暗い森の中

    「怖い、寒い」

    境内にいると寒い、怖いと感じる場合も注意が必要です。暖かい日中なのに悪寒を感じる、どういうわけか怖いと怯えてしまう、気味が悪く一刻も早く家に帰りたいと思うときは、その神社と相性が悪いと考えられます。

    ポイント

    • 相性が良い神社でのサイン・・・「降る」「吹く」「揺らぐ、引かれる」「出る」「鳴る」「落ちつく」「五感」
    • 相性が悪い神社でのサイン・・・「体調不良」「怖い、寒い」

    氏神様について

    朱色の神社の拝殿

    氏神様

    神様に歓迎されているサインについては、お分かりいただけましたか。「さて、一体どこの神社から参拝すればいいのだろう」と疑問に思う人もいるでしょう。

    お勧めは、自分の住んでいる地域の氏神様からあいさつすることです。

    氏神様とは、それぞれの地域をお守りしている「土着(どちゃく)の神様:その土地に長く住み着いている神様」のことを指します。

    日頃、平穏無事に過ごせている感謝の心を伝えるようにしましょう。

    氏神様の調べ方

    拝殿に建つ巫女さんが参拝している

    氏神様の調べ方

    最後に、氏神様の調べ方と、神社で参拝する際の作法を簡単に説明していきます。

    氏神様の調べ方は、町内会の役員に聞く方法、インターネットで検索する方法がありますが、一番良いのは神社庁への問い合わせです。

    参拝方法は、以下の通りです。正しい作法を身に付け、神様に歓迎されやすい人になりましょう。

    1. 鳥居をくぐる前に一例をします。鳥居の先は神聖な領域なので、玄関にあたる場所で一度あいさつをします。帽子は外します。
    2. 参道の端を歩きます。参道の真ん中は神様の通り道とされています。控えめな気持ちで端を歩きます。右端か左端かは、各神社の手水舎の位置により異なる場合があります。事前に調べておくこともお勧めです。
    3. 手水舎で手と口を清めます。手水舎は、手と口を清める場所です。まず、右手で柄杓を持ち、左手を洗います。次に、柄杓を左手に持ち替え、右手を洗います。再度、柄杓を右手に持ち替え、左手の平に水をためて口元をすすぎ、左手を洗います。最後に、残った水は柄杓を立てるようにして流し清めれば完了です。
    4. 二礼二拍手一礼をします。拝殿の前でも真ん中ではなく端に立ちます。お賽銭は静かに落とし入れます。鈴を鳴らし、二礼二拍手し、「〇〇に住む〇〇(名前)です」とあいさつをします。最後に一礼をして静かに立ち去ります。

    参拝の作法は知っておいた方が良いですが、大切なのは感謝の気持ちを伝えることです。

    神社にはおみくじも多数置いてありますが、必ず参拝後に引くようにしましょう。読んだ後は、必ず指定の場所に結びます。木の枝に結ぶと木が傷むので、マナーは守りましょう。

    まとめ 神様に歓迎されてるサインを感じればよりパワーがみなぎる

    太陽に向かって両手を広げている人物のシルエット
    Photo byavi_acl

    神様に歓迎されているサイン まとめ

    神様に歓迎されているサインについて解説してきました。

    正しい参拝方法で氏神様へごあいさつを済ませ後は、是非あなたの「ここへ行きたい」という気持ちに従って、気になる神社へ出掛けてみてください。「〇〇したい」という気持ちも、これから行こうとしている神社の神様に歓迎されているサインです。そのサインを実感することで、より力強いエネルギーがあなたにもたらされます。

    大切なのは感謝の気持ちを伝えることです。神様に感謝できるような過ごし方ができると良いですね。感謝

    神様に歓迎されているサインの関連記事

    あなたが不幸なのはオーラとチャクラのせいかもしれません。

    記事を評価する

    評価 4.9 / 5(合計5人評価)

    関連記事