>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

シバリンガムとは? 不妊を解消する効果のある聖なる子宝の石

シバリンガムとは? 不妊を解消する効果のある聖なる子宝の石

シバリンガムというパワーストーンは不妊を解消し、子宝を授かるご利益があると言われ、お子様に恵まれず悩む方の間で話題となっています。 ヒンドゥー教のシバ神と関係がある石なのですが、なぜ子宝のご利益があるのでしょうか? この記事ではシバリンガムについて調べてみたことを詳しく記載します。

    シバリンガムのシバ神は男性器の姿としても祀られる

     

    シバ神は男性のシンボルの姿(リンガ)として、女性器(ヨーニ)とセットで祀られることがあります。

    思わずほほを赤らめてしまいそうですが、男性・女性のシンボルを祀るというのは日本にも古くからあり、お祭りも有名なので、耳にしたことがある方も多いでしょう。

    シバ神のリンガは、ヨーニの台座の上に立てられる形で祀られます。
    ちょうど、男性器が入った女性器を、女性の身体の内側から見ている形になりますね。。。

    このリンガとヨーニのセットを、参拝客が真っ白なミルクで清めるという儀式が行われます。
    (それとは対照的に、インドでは男女交際についてとても厳しいです。)

    シバリンガムとシバ神の関係とは?

     

    シバリンガムの名前の由来は、「シバ神」と、先ほど出てきた男性の象徴を意味する「リンガ」から来ています。

    シバ神が司る破壊と創造という両極性や、またその特徴的なツートンカラーが、男性性と女性性という両極面にあるエネルギーバランスを取り、またそこから新たなエネルギーを生み出す力を持ち、そこから子宝の石とされています。

    また、シバ神は「破壊と創造」の神様ですので、不要なものを「破壊」し、新たなものを「創造」する力があります。日本一の高額納税者である斎藤一人さんがよく言及される「アメノミナカヌシ」の神は、インドではシバ神に相当するようです。(イスラムではアッラー、真言宗では大日如来)

    子宝の石シバリンガムの創造の力

    先ほど出てきた、破壊と再生により新たなエネルギーを生み出す力から、またシバ神が司る「創造」の力からも子宝を授かるご利益があるとされています。

    加えてヒーリング効果や肉体と精神のエネルギーを整え、細胞を活性化させてくれると言われているので、健康を増進するという側面からも不妊体質の解消が望めそうですね。

    シバリンガム まとめ

    シバリンガムについて、由来となったシバ神が、どのような神様なのかを理解することから触れていきました。

    子宝を授かるご利益があるとされているシバリンガム。

    シバリンガムの高いエネルギーを感じ、自分のエネルギーを整えれば、不妊に悩む方も自然と子宝が望めるかもしれません。

    もちろんヒーリング効果のある石なので、万人におすすめ出来る石です。

    是非、その高い振動数のエネルギーを感じてみてはいかがでしょうか。

    シバリンガムは通販でも1個数百円で買うことが可能です。瞑想のおともに良いかもしれません。

    シバリンガム詰め合わせ

    シバリンガム詰め合わせ

     

    友だち追加

    記事を評価する

    評価 5.0 / 5(合計3人評価)

    関連記事