>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

【勝ち運や出世の効果】寅さんも信仰する帝釈天(インドラ)の真言 (待ち受け画像付き)

【勝ち運や出世の効果】寅さんも信仰する帝釈天(インドラ)の真言 (待ち受け画像付き)

お釈迦様を成道前から助け、布施などの善行を多く行い神様となり、神様の主にまでなったと言われる帝釈天。 ヒンドゥー教やゾロアスター教ではインドラとして武勇力を司る神様とされていました。 しかし仏教の勢力がインドで拡大するにつれて、インドラは帝釈天として、仏教の神に吸収され、日本には帝釈天として輸入されてきたのです。

    【病気平癒や魔除けの効果】最強の武勇神 帝釈天の真言

    帝釈天の真言 待ち受け画像

    元人間だった帝釈天

     

    元人間で、お釈迦様を成道前から助け、布施などの善行を多く行い神様となり、神様の主にまでなったと言われる帝釈天。

    ヒンドゥー教やゾロアスター教ではインドラとして武勇力を司る神様とされていました。

    しかし仏教の勢力がインドで拡大するにつれて、インドラは帝釈天として、仏教の神に吸収され、日本には帝釈天として輸入されてきたのです。

    帝釈天(インドラ)の真言

    帝釈天(インドラ)

    アーリア人の理想的な戦士像

    英雄神インドラは、天空を駆け抜けインドラの矢と呼ばれる雷を使って、凶暴な魔神達と戦ったそうです。

    手に武器である独鈷杵をもち、天衣の下に甲冑着ている姿で描写されることが多いです。

    元はインドの神様と言うこともあり、白象に乗った姿なども描かれることが多いようです。

    帝釈天はアーリア人の理想的な戦士像が神格化したとも言われています。

    最後に「〜天」とつく、天部の神々は、もともとインドの別の宗教の神が仏教に吸収されて「天」となったケースがおおく、摩利支天などもその典型です。

    関連:摩利支天について

    天にはアーリア人の民族神が多く含まれていますが、帝釈天はその中でも、有力な神です。

     

    あの映画にも出てくる最強の兵器 インドラの矢

    映画「天空の城ラピュタ」でラピュタが「バルス」と叫ぶことで地上に放った最終兵器「ラピュタの雷(いかづち)」は、インドラの矢がモデルとも言われています。

    この映画を見たことある人なら、その力の強さが想像がつくかと思います。
    また、

    33人の人間が共に神になった 三十三天

    帝釈天は仏教では天部に属します。須弥山の頂上「忉利天」にある喜見城に住んでいると言われています。

    帝釈天は元は人間だったのですが、人間だった頃の友など含め、帝釈天他32人が一緒に神になったとされており、帝釈天と合わせて三十三天と言われています。

    この忉利天では、元人間だった三十三天とが共に住んでいるそうです。

    四天王 三十三天の神々を束ねる帝王 帝釈天のご利益

    帝釈天は三十三天の中の最強の王といわれています。

    持国天、増長天、広目天、多聞天の四神、四天王を束ねていたのも帝釈天です。

    帝釈天の力は絶大で、古くから病気平癒、病魔退散、厄除けのご利益があると言われています。

    寅さんが大事にする柴又帝釈天

    寅さんが大事にする柴又帝釈天

    寅さんで有名な柴又帝釈天(経栄山題経寺)

    日本では柴又帝釈天(経栄山題経寺)に帝釈天が祀られています。

    柴又と言うと、映画「男はつらいよ」の「寅さん」をご存知の方も多いかと思います。

    寅さんは柴又帝釈天の門前にあるお団子屋さんの息子と言う設定で、映画の人気に伴い、店の前にある柴又帝釈天も有名になったそうです。

    柴又帝釈天(正式名称:経栄山題経寺)のご本尊は帝釈天で、板彫りの帝釈天像が安置されています。

    病気や災害から人々を守り、「厄」を払いのけてくださる仏様として人気があります。

    寅さんと柴又帝釈天

    寅さんと柴又駅

     

    柴又帝釈天でもらえる不思議な食べるお守り「一粒符」

    柴又帝釈天には、どんな病もはねのけ、長生きができると言う、食べるお守りがあります。

    中には御祈祷された御符をまるめた小さな赤い粒が5つ入っているそうです。

    体調が悪い時などに水と共に服用すればご利益があると言われており、400年以上前からある由緒あるお守りです。

    柴又帝釈天での食べるお守り 一粒符

    柴又帝釈天の食べるお守り 一粒符

    最強のライバル 阿修羅VS帝釈天

    た、こんな逸話もあります。
    阿修羅の愛娘がを天界の最強神と言われる帝釈天を好きになり、帝釈天の正妻となったそうです。

    阿修羅は怒り狂い、一族を率いて帝釈天様に戦いを挑んだそうですが、最後まで武勇力を司る最強の神、帝釈天を倒すことが出来ず、結局、娘と面目を失い敗北したそうです。

    そして阿修羅は、戦いの鬼と化し、天界を追われ、阿修羅道の王になったと言われています。

    帝釈天の真言と待ち受け画像は次のページにあります。

    令和元年 あなたの運勢をズバリお教えします!

    『開運福みくじ鑑定』では、令和元年のあなたのあらゆる運勢を徹底鑑定してあなたに起こる良いことも悪いこともすべてをお教えし、開運へ導きます。
    貴女が引く福みくじと誕生日から評判の凄腕占い師が、様々な角度からあなたの運勢を期間限定0円で徹底検証します。。
    令和元年の運気を上げたい方は福みくじを引いてみて下さい!

    記事を評価する

    記事を評価しよう

    関連記事

    人気の記事