>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

【お盆】迎え火で先祖の霊を気持ちよく迎えるちょっとした気配り 

【お盆】迎え火で先祖の霊を気持ちよく迎えるちょっとした気配り 

日本では一般的に8月13日から16日までの間をお盆と言いますが、13日の夕方から先祖の霊が帰ってきます。 先祖の霊が迷わないように「おがら」と呼ばれる麻の茎を燃やし、目印にしますが、これを「迎え火」と言います。 お盆に飾るお花 お盆の間はご先祖の霊をお迎えする期間なので、霊に対するおもてなしの心をもちましょう。

    【お盆】迎え火で先祖の霊を気持ちよく迎えるちょっとした気配り 

    迎え火はお盆に帰ってくる先祖の霊が迷わないために灯します

    日本では一般的に813日から16日までの間をお盆と言いますが、13日の夕方から先祖の霊が帰ってきます。

    先祖の霊が迷わないように「おがら」と呼ばれる麻の茎を燃やし、目印にしますが、これを「迎え火」と言います。

    お盆に飾るお花

     

    お盆の間はご先祖の霊をお迎えする期間なので、霊に対するおもてなしの心をもちましょう。

    お盆におすすめのお花はやはりお盆に定番の供花である「菊」、誠実という花言葉をもつ「リンドウ」そして盆花・精霊花と呼ばれる「ミソハギ」です。

    お盆に飾る花・菊

    お盆に飾る定番の花・菊

    誠実の花言葉を持つリンドウもお盆に飾るのに良い花

    誠実の花言葉を持つリンドウもお盆に飾るのに良い花

    ミソハギは精霊花・盆花と呼ばれるお盆に飾る花

    ミソハギは精霊花・盆花と呼ばれる

    お盆に飾る花の本数は7・5・3

    飾る花の本数は「7・5・3」の法則で七本か五本か三本の奇数にすることをおすすめします。

    関連記事:商売で成功するための753の法則

    一般的にお盆にお供えする花としては、香りが強すぎたり、トゲや毒のある花は良くないとされています。バラはユリは控えましょう。

    先祖が喜ぶのは私たちの感謝の気持ち

     

    盆提灯を灯したり、精霊棚を揃えますが、せっかく先祖が帰ってきても、子孫である私たちが暗い顔をしていると、先祖も心配になってしまいます。

    先祖の霊が一番喜ぶのは、嘘でもいいから明るい顔をして、感謝の気持ちを発することです。

    感謝の気持ちや、感謝の言葉から出る明るい波動が、彼岸から帰ってきた先祖の魂を安心させます。

     

    迎え盆に聴くご先祖様が喜ぶ感謝の話 斎藤一人さんのyoutube動画

    令和元年 あなたの運勢をズバリお教えします!

    『開運福みくじ鑑定』では、令和元年のあなたのあらゆる運勢を徹底鑑定してあなたに起こる良いことも悪いこともすべてをお教えし、開運へ導きます。
    貴女が引く福みくじと誕生日から評判の凄腕占い師が、様々な角度からあなたの運勢を期間限定0円で徹底検証します。。
    令和元年の運気を上げたい方は福みくじを引いてみて下さい!

    記事を評価する

    記事を評価しよう

    関連記事

    人気の記事