月星座が射手座の人の特徴は?性格と本質、恋愛の相性や適職を解説

月星座,射手座,特徴,性格,本質,恋愛,相性,適職,解説
月星座が射手座の人の特徴は?性格と本質、恋愛の相性や適職を解説
月星座

月星座が射手座の人の性格と本質は?

月星座,射手座,特徴,性格,本質,恋愛,相性,適職,解説

月星座とは?その人の心の本質を表すもの

一般的に言われている星座占いとは、「太陽星座」のことを指しています。太陽星座とは、その人が生まれた時に太陽が12星座のどの部屋に位置していたかによって決まります

一方で、生まれた時に月が12星座のどの部屋に位置していたかによって決まる星座が月星座です。太陽星座がその人の表面的な性質を表すとすれば、月星座はその人物のより深いところにある潜在的な本質を表しています。今の生活が自分の性質にマッチしていないと思う時、月星座の力を借りることによって、本来のあなたが持っているポテンシャルを知ることができます。

 月星座が射手座の人の本質

 

安定した地位や生活と言ったものを手に入れることではなく、まだ見ぬものを追い求め続けることが、月星座を射手座に持つ人の本質的な性格です。まだ見ぬ世界と出会うことで、自らを成長させ、そして自分の可能性を限りなく広げ続けることを、心の底に秘めています。なので、平穏な生活を楽しもうとしている時、または着実に目標に向かって歩み始めている時に、何かしらの物足りなさを感じることがあるかも知れません。その時は、心の中の射手座が何か新しいモノに求めている時のサイン。そのサインを無視するのではなく、そんな思いが胸の中にあることを認めさえすれば、その情熱的なエネルギーを建設的な方向に向かせることができ、人生をもっと輝かせることができるはずです。

また、この射手座の性格に一番欠けているのは協調性。周囲と歩調を合わせて行動することは、苦痛以外の何物でもなく、また問題を起こしても一晩経てば忘れてしまうので、周囲を余計に怒らせてしまうこともしばしばです。

ポイント

  • 月星座が射手座の人は、本質的にまだ見ぬ新しいものを追い求め続ける性格
  • 月星座が射手座の人は、協調性が欠けていることがしばしばある

月星座射手座の相性・適職

月星座,射手座,特徴,性格,本質,恋愛,相性,適職,解説

人からの束縛を嫌い、かつまだ見ぬ新天地を追い求める性格は、マスコミ関連の仕事、例えばリポーターやフリーライター、編集者、カメラマンなどがその好奇心を満たしてくれる適職といえるでしょう。ツアーコンダクターやエアラインの客室乗務員、商社などの貿易関係の仕事やプロスポーツ選手など、海外を飛び回る仕事でも、その才能を開花できる可能性があります。

また、一人でする仕事、例えば弁護士や騎手、言語学者、翻訳家、哲学者などで成功する人もいます

ポイント

  • 月星座が射手座の人は、好奇心を満たせる職業に向いている
  • 月星座が射手座の人は、一人でする仕事や、海外を飛び回る仕事でも才能が活かせる

月星座が射手座の人の恋愛傾向

月星座,射手座,特徴,性格,本質,恋愛,相性,適職,解説

月星座が射手座の人の恋愛の傾向は、もともとが枠にはまった人生が嫌いで冒険好きなので、一般的に言う恋愛や結婚の形式にはこだわりません。同棲や、年齢差のある相手との恋愛を楽しむ傾向にあります。また、追いかけられるより追いかける恋愛を好み、熱しやすく冷めやすいのも特徴です。振られても一晩寝れば、すぐに次の恋愛を始めてしまうタフさも持ち合わせています。

ポイント

  • 月星座が射手座の人は、一般的な恋愛や結婚の形式にはこだわらない
  • 月星座が射手座の人には、追いかける恋愛を好み、熱しやすく冷めやすい

月星座が射手座の人についてまとめ

月星座,射手座,特徴,性格,本質,恋愛,相性,適職,解説

いつも新しい世界と刺激を求める射手座は、ポジティブなエネルギーとカラリとした明るさ、そして細かいことにはこだわらないおおらかさの持ち主で、いつもイキイキと前向きで明るい印象を人々に与えます。協調性が無いのが玉にキズですが、人を引きつける素敵な魅力が備わっています。「こうしなければならない」という、型にはまった考え方でがんばっている時よりも、ゆったりとリラックスしている時に、このような魅力が自然と現れてきます。

以上、月星座が射手座の人の本質や性格について解説しました。

この記事の関連書籍はこちら!

編集部
月星座についてより深く知りたい方はこちらの書籍もおすすめです。
この記事へのコメントはこちらへどうぞ