>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

北朝鮮のミサイルの脅威 斎藤一人さんが北朝鮮について語る

北朝鮮のミサイルの脅威 斎藤一人さんが北朝鮮について語る

斎藤一人さんは北朝鮮からのミサイル攻撃を予言していた 高額納税日本一の斎藤一人さんは、昔から地震や戦争が起こることを事前に察知し、銀座まるかんの関係者にこっそり予言をしていました。 平成15年、1月にも、今年は北朝鮮からの核攻撃が始まる可能性が高いと密かに警鐘を鳴らしていますが、この時のお話はテープに記録されて

    北朝鮮のミサイルの脅威 斎藤一人さんが北朝鮮について語る

    斎藤一人さんが北朝鮮について語る

     

    北朝鮮からのミサイル攻撃の脅威

     

    日本と北朝鮮が、かつてない緊張関係に入っています。

    連日のように北朝鮮からの挑発的な中距離弾道ミサイルが発射され、ついに日本の国土を横切り、日本の海に落ちました。

    北朝鮮はこれまでも何度か日本の領海をミサイル攻撃したことがありましたが、領土をまたぐような挑発はこれが初めてです。

    このまま日本は北朝鮮と戦争に突入してしまうのでしょうか?

    北朝鮮と開戦前夜のような状況の今、私たちはまずは北朝鮮という国家について関心を持ち、北朝鮮の歴史やそこに住む人々、社会や政治のあり方についてよく知っておくことが重要です。

    斎藤一人さんは北朝鮮からのミサイル攻撃を予言していた

     

    額納税日本一の斎藤一人さんは、昔から地震や戦争が起こることを事前に察知し、銀座まるかんの関係者にこっそり予言をしていました。

    平成15年、1月にも、今年は北朝鮮からの核攻撃が始まる可能性が高いと密かに警鐘を鳴らしていますが、この時のお話はテープに記録されており、この記事の中でも聞くことができます。

    平成15年から14年経った今、平成29年では北朝鮮を取り巻く状況は大きく変わっていますが、北朝鮮という国の本質を理解するためにはとても役にたつと思います。

    この記事では、斎藤一人さんの北朝鮮に関するお話の要点をかいつまんでご紹介したいと思います。

    斎藤一人さん 顔

    斎藤一人さん

    北朝鮮の人は日本人を恨んでいる

     

    まず北朝鮮の人々は、日本人をとても恨んでいます。

    理由は、第二次世界大戦で南京大虐殺や従軍慰安婦(本当にあったかはわかりませんが北朝鮮の人々はあった信じています)など日本から受けた暴力が最たるものですが、他にも日本の飲食店などが北朝鮮の人々が食べる安いタイ米を買い占めてしまい、国内に餓死者が出たこと、また日本が戦後の焼け野原から高度経済成長期に突入できたのは、朝鮮戦争でアメリカの特需を受けたからです。

    朝鮮戦争で挑戦は北朝鮮と韓国に分断されてしまいましたが、それも北朝鮮は日本人が悪いと思い恨んでいます。

    普通の人間関係でもひどいことをした方はすぐに忘れてしまいますが、された方はずっと覚えています。

    北朝鮮への日本からの仕打ちについて、それが事実だったかは置いておいて、とにかく恨まれていることだけは知っておきましょう。

     

    日本人の常識は世界には通用しない

     

    戦争を経験した世代がみな70歳を超え、ほとんどの日本人は戦争が起こると言われても現実感をもてないでいます。

    しかし、戦争は起こる時には起こります。

    斎藤一人さんの北朝鮮についてのお話が録音された平成15年から比べると、私たちは3・11の大震災と福島原発の事故を経験したので、お話の頃よりは少しは平和ボケがマシになっている感はありますが、それでも多くの人は開戦前夜のような状況になっても、日本にミサイルが飛んできたというニュースにもリアリティをもてないでいるでしょう。

    決して不安を煽るわけではないのですが、いつ戦争が始まってもおかしくはない状況であることは頭の隅に置いておきましょう。

    あなたが不幸なのはご先祖様のせいかもしれません。

    友だち追加

    記事を評価する

    評価 0.5 / 5(合計1人評価)

    関連記事