>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

9月9日は重陽の節句、菊の節句とも呼ばれる長寿の節句

9月9日は重陽の節句、菊の節句とも呼ばれる長寿の節句

重陽の節句とは、別名「菊の節句」とも言われ、9月9日に菊の花にまつわるものを使い不老長寿を願った年中行事で、昔は他の五つの節句の締めくくりとして、一番盛大に行われていました。 昔から奇数は縁起の良い陽数で、偶数は縁起の悪い陰数であると考えられてきました。

    知っておきたい日本の五節句

    皆さんは、日本には五つの節句があるのをご存じですか?

    1月7日の節句(七草粥)、3月3日上巳の節句(桃の節句、雛祭り)、5月5日端午の節句(子どもの日)、7月7日七夕の節句、

    9月9日重陽の節句の五つの節句のことで、江戸時代に定められた年中行事です。

    陽が重なる重陽の節句

     

    このうち四つの節句は現代の行事として根付いていますが、重陽の節句は馴染みが薄く、初めて聞いたという方もいらっしゃるかもしれません。

    重陽の節句とは、別名「菊の節句」とも言われ、9月9日に菊の花にまつわるものを使い不老長寿を願った年中行事で、昔は他の五つの節句の締めくくりとして、一番盛大に行われていました。

    昔から奇数は縁起の良い陽数で、偶数は縁起の悪い陰数であると考えられてきました。

    この縁起の良い奇数が重なる日を祝ったのが五節句の始まりで、特に一番大きな奇数が重なる9月9日を、陽が重なるということで「重陽の節句」として祝ってきました。

    それが重陽の節句の由来です。

    9は数秘学的にパワーをもつ

    「9」という数字は最大の奇数として、日本では特別な意味をもっています。通常は眷属(神の使い)である龍神の中でも別格に神の位にある龍神は九頭竜大神といいますし。

    平安時代に玉藻の前の姿で宮廷に潜んでいた九尾の狐、高野山などで手に入る最強のお守り「九重(ここのえ)お守り」などなど、「9」がつくものには得てしてハイエンドな力をもつ存在であることがほとんどです。

    数秘学的にも強い陽のパワーをもつ「9」が重なる重陽の日に江戸時代の人々がご利益を期待したのも頷けますね。

    重陽の節句は菊の節句ともいう

     

    重陽の節句は菊の節句と呼ばれるように、菊の花が主役です。

    菊は邪気を払い、長寿の効能があると考えられてきました。

     

    菊の花は縁起が悪い?

    菊の花を縁起の悪い花だと考える人がたまにいますが、それは勘違いです。菊は仏花として用いられるため、葬式などと関連づけられ、どことなく菊の花から死を連想するようになったのでしょう。

    しかし、菊は日本の国花であり、とても格調高い花です。

    昔から武家が自身の家紋として好んで用い、現在でも菊花紋章といえば皇族の家紋になっています。

    菊の節句に行うこと

    菊の節句に行われていたことは、やはり菊にちなんだことが多いようです。「菊酒」を飲み、「菊湯」に入り、「菊枕」で眠って邪気を払います。

    翌朝、「菊の着せ綿」と言って、夜のうちに菊の香りと夜露を含ませた綿で身を清め、長寿を願います。現在の11月は江戸時代の陰暦では9月を表します。

    旧暦の9月=現在の11月は菊月とも言われていました。江戸時代では寒さの厳しい11月は多くの人が命を落とす季節です。

    そんな時に江戸時代の人々は長寿の力を持つ菊の力を借りて健康を願ったのでしょう。

    現代ではあまり聞かれなくなってしまったこの重陽の節句。

    ですが、縁起の良いとされる日に健康と長寿を願い、菊の花をめでて食していたこの節句は、とても素敵な行事ではないでしょうか。

    桃の節句や端午の節句のような華々しさはありませんが、長寿を願う大切な節句と言えるでしょう。

    このような日本の伝統行事は、これからも大事に受け継いでいきたいものですね。

     

    あなたが不幸なのはご先祖様のせいかもしれません。

    友だち追加

    記事を評価する

    記事を評価しよう

    関連記事

    人気の記事