天気雨・狐の嫁入りは縁起がいい? 狐の嫁入りのスピリチュアルな意味を解説

天気雨・狐の嫁入りは縁起がいい? 狐の嫁入りの語源や解釈など
天気雨・狐の嫁入りは縁起がいい?
スピリチュアルメッセージ

天気雨・狐の嫁入りにはスピリチュアルな意味がある?

天気雨・狐の嫁入りは縁起がいい?明るく晴れた空からシャワーのように柔らかい雨が降り注ぐ。

狐の嫁入りと呼ばれるこの現象に、私たちはなんとなく神秘的な印象を受けるものです。

空が明るく晴れているのに降る雨を狐の嫁入りや天気雨または日照雨 (そばえ)・日照り雨といいます。

狐が結婚して嫁に行くとき、空は晴れているのに雨が降る、など狐の嫁入りの由来については諸説ありますが、基本的に狐の嫁入りは縁起の良いサインとして解釈していいでしょう。

神様に歓迎されてるサインを知っていますか?神社で風が吹いた時は神様に歓迎されている?

神社にいる時に雨が降ってくるのは「禊」(みそぎ)であると解釈され、縁起がよい兆しです。

晴れた明るい天から恵みである雨が降ってくるのですから吉兆といえるでしょう。

また、空が晴れた状態で雨が降ると虹を見やすくなりますが、よく虹を見る人というのは龍神に守護されている人だとも言います。

晴れと雨、狐の嫁入りでの相反する2つの性質の同居が、龍神のエネルギーの触媒になるのかもしれません。

この記事では、そんな狐の嫁入りの意味や解釈、縁起について掘り下げていきます。

狐の嫁入りの由来・語源

狐の嫁入りの由来や語源は複数あります。

  • 狐が嫁入りするときには、狐の会合を人間に邪魔されないよう、狐が霊力で雨を降らせ、人間の目から隠れたがるので晴れているのに雨が降る
  • 昔人間の男に惚れた女狐がいて、男の嫁になった。しかし人々によって女狐は雨乞いのための供物にされてしまい、悲しんだ女狐の涙が晴れ空に降る雨になった

などいろいろなものがあり、どれが本当の狐の嫁入りの語源であるかはわかりません。

狐の嫁入りのスピリチュアルな意味

お稲荷様でもおなじみの狐は神聖な動物であり、また晴れた日に降るやわらかな雨は天の恵みです。

なので、狐の嫁入りの夢は雨による禊という意味では浄化を暗示しますし、狐という字面が印象強く残れば、それは豊穣を表します。

解釈としては狐の嫁入りは縁起がいいものと考えていいでしょう。

実はマレーシアや韓国など、一部の海外でも晴れた日に雨が降ることを「狐の雨」や日本と同じ「狐の嫁入り」と呼んでいます。

頭が良く神聖なイメージがある狐と恵の雨を関連づけてしまうのは各国共通なのかもしれませんね。

狐の嫁入り行列 上土旭神社

狐の嫁入り行列

狐の嫁入り行列 沼津上土

記事とはあまり関係ないのですが静岡県の沼津では毎年「狐の嫁入り行列」という行事が行われています。

狐の嫁入り行列では縁日で売っている狐のお面のようにフェイスペイントを本物の新郎新婦が人力車に乗って、狐の仮装をした行列とともに町を走ります。

上土旭稲荷神社という宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)=お稲荷様をお祀りする神社を起点に、賑やかな狐の行列が見られるので、とても楽しいイベントです。

この行事を見ると狐がいかに日本人にとって精神的に近い距離にあっる動物であるか、わかるような気がします。

縁起の良いサインをしってますか?日本人なら知っておきたい吉兆