>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

片月見に注意 もう一つのお月見、十三夜・栗名月 縁起の悪い片月見って?

片月見に注意 もう一つのお月見、十三夜・栗名月 縁起の悪い片月見って?

十五夜の月というのはよく耳にしますが、十三夜・栗名月とはなんでしょうか。 この記事では十五夜の一ヶ月ほど後に見られる十三夜の月の由来や縁起と、縁起の悪いと言われる片月見についてお伝えします。

     

    十五夜の月というのはよく耳にしますが、十三夜・栗名月とはなんでしょうか。

    この記事では十五夜の一ヶ月ほど後に見られる十三夜の月の由来や縁起と、縁起の悪いと言われる片月見についてお伝えします。

    十三夜の月 栗名月とは?

     

    一般的になじみのある「お月見」と言えば、「十五夜」。

    旧暦の8月15日から16日の夜を指します。(2017年の十五夜の月見は10月4日です)

    「中秋の名月」とも呼ばれるように、昔からこの時期は一年の中でも特に空が澄み渡り、月の美しさ、明るさがより一層際立つとされてきました。

    この十五夜にお月見をする習慣は、江戸時代に庶民の間に定着し、この時期がサトイモの収穫時期とも重なるため、「芋名月」とも呼ばれるようになりました。

    願いを叶える日本ながらの古典的な方法?【予祝】で、あなたの夢を引き寄せる

     

    ですが、実はこの十五夜の一ヶ月後にあたる、十三夜にもお月見をする風習があるのです。

    この時期はサトイモに変わり、栗や豆が収穫時期となるため、栗名月、豆名月と呼ばれるのです。

    この風習は、いつからはじまったのでしょうか。

    日本人は縄文時代から月の美しさを理解し、愛でる慣習を持っていましたが、この中秋の名月を特に選んで観賞する、「お月見」の風習は、平安時代に中国から入ってきたものです。

    平安時代の貴族たちは、詩歌や雅楽を楽しみながら月を眺める、「観月」の宴を催していました。この観月の宴は年々規模が大きくなり、延喜19年、宇多法皇がはじめて「十三夜(じゅうさんや)」に月見を行います。

    つまり十三夜の月見は、日本独自のものなのです。そもそも十三夜は13日目の月なので満月ではなく、これから満ちていく発展途上の月を愛でる夜なのです。

    十五夜の月見と十三夜の月見は二つセットで、昔から大切な行事とされていました。

    十五夜の月と十三夜の月の片方しかみない片月見は縁起が悪い

     

    もうひとつ、お月見に関わる聞きなれない言葉に、片月見と言うものがありますが、この片月見とは、十五夜と十三夜のどちらか一方の月しか見ないという意味です。

    十五夜の月(芋名月)と十三夜の月(栗名月)は両方見ることが大切とされていたので、どちらか一方だけ見ることは縁起が悪いとされていました。

    2017年の栗名月は11月1日。10月4日の十五夜芋名月とあわせて愛でることによって、名月の運気を取り込みましょう。

    あわせて読みたい記事

     

    ・【月は宇宙へお願い事を伝える窓口】新月と満月を上手に活用する月へのお願い事の作法

    令和元年 あなたの運勢をズバリお教えします!

    『開運福みくじ鑑定』では、令和元年のあなたのあらゆる運勢を徹底鑑定してあなたに起こる良いことも悪いこともすべてをお教えし、開運へ導きます。
    貴女が引く福みくじと誕生日から評判の凄腕占い師が、様々な角度からあなたの運勢を期間限定0円で徹底検証します。。
    令和元年の運気を上げたい方は福みくじを引いてみて下さい!

    記事を評価する

    記事を評価しよう

    関連記事