10月4日 中秋の名月の由来を知ってお月見を愉しむ

お月見する女性
お月見する女性
ブログ

中秋の名月の由来を知ってお月見を愉しむ

お月見する女性

 

 

このサイトでは月について色々な情報をお伝えしていますが、月にまつわる行事を調べると、日本の文化や伝統の奥深さがわかってきます。

この記事ではもうすぐ2017年10月4日にやってくる 十五夜・中秋の名月の意味と由来について説明します。

十五夜というのは旧暦の15日

 

月の満ち欠けは15日サイクルであり、十五夜はちょうど旧暦の15日で満月の日にあたり、1月から12月まで毎月あります。

そして中秋の名月というのは旧暦の8月15日のことです。

旧暦でいうと7月から9月は秋ですので、真ん中の8月を中秋と昔は呼んでいました。

名月と呼んでいるのは、秋のその時期の十五夜が1年のうちで月が最も美しく見えて、お月見に適していたからです。

 

十五夜の風習は中国の唐の時代から始まり、その後日本に伝わり、平安時代に文化として広まりました。

お供え物をする慣習は、農民から広まったものです。

昔は月の満ち欠けで収穫時期などを判断して農業をしていたことから、豊作のお祈りや収穫の感謝のためにお供え物をして月を見るという慣習が生まれ、その後今のお月見のスタイルになりました。

お月見にススキを飾る縁起

 

収穫の月 ハーベストムーンの満月に上手にお願いし、ムーンヒーリングパワーを活用するコツ

 

お供え物として中秋の名月に飾る花はススキです。

なぜススキかというと、ススキには月の神様が依り憑くと言われているからです。

従来は稲穂でしたが、ちょうどその時期に稲穂をとるのが難しかったため、形が似ているススキが代用されるようになりました。

また、ススキには魔除けの効果があるとの言い伝えがあり、災いにあったり病気になったりしないよう、お月見が終わってから軒先にススキを飾る慣習もあります。

もう一つ、お供え物の定番と言えばお団子です。

もともとは収穫の感謝のお祭りだったこともあり、イモ類など穀物をお供えしていましたが、保存に適していることや丸い形が月に似ていることからお団子になったという由来があります。

旧暦の日付は新暦にすると毎年ズレが生じてきます。

2017年の中秋の名月はいつかというと、10月4日の水曜日です。

お団子とススキを備えて、お月見をしましょう。

関連記事

ムーンウォーター・ブルーソーラーウォーターの作り方と効果

片月見に注意 もう一つのお月見

満月のおまじない

スピ系漫画 開運の幸子さん「運気アップのコツ」

2018年最強の開運手帳 『斎藤一人ついてる手帳 2018』