>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

生理中は鳥居をくぐってはいけないのは本当? 生理中の神社参拝はしてもよい?

生理中は鳥居をくぐってはいけないのは本当? 生理中の神社参拝はしてもよい?

生理中の女性が鳥居をくぐってはいけないというジンクスや、生理中の神社参拝にまつわる疑問点について解説した記事です。 結論として、参拝する分には生理中のでも鳥居をくぐったり神社に参拝しても問題ありませんが、巫女さんなど、一部の神職関係者では、生理中の仕事に制限がかかる場合もあるようです。

    生理中に鳥居をくぐってはいけないのはなぜ?

    生理中の神社参拝はしてはいけない?

    生理中の神社参拝はしてはいけない?

    この記事は生理中の女性が鳥居をくぐってはいけないというジンクスや、生理中の神社参拝にまつわる疑問点について解説した記事です。

    結論として、参拝する分には生理中のでも鳥居をくぐったり神社に参拝しても問題ありませんが、巫女さんなど、一部の神職関係者では、生理中の仕事に制限がかかる場合もあるようです。

    記事内では生理中の女性が鳥居をくぐってはいけないと考える人の意見や、なぜこのような考え方が生じたのかまとめています。

    生理中の女性は血で穢れている?

    生理中の女性は穢れている?

    生理中の女性は穢れている?

    生理中の女性は血で穢れているので、鳥居をくぐってはいけない、どうしても生理中に神社によるときは鳥居の脇を通れ、という迷信を多くの人が言っています。

    生理中に鳥居をくぐらないということはかなり多くの人に信じられているらしく、少し前に石原都知事に啖呵を切ったので有名になった田中慎也という芥川賞作家の『共喰い』という作品でも、主人公の母が鳥居の脇を歩くことが重要なキーワードになっていました。

    さて、女性の生理中に鳥居をくぐっていいのか、神社を参拝しても良いのかということについてですが、まずはそもそもどうして、生理中の参拝がいけないのか、その理由を考えてみたいと思います。

    生理中の鳥居、神社参拝が良くないと考えられる理由

    血が穢れを連想させるから

    鳥居をくぐった先にある神社は聖なる領域です。

    もちろん穢れとは無縁の空間であるべきなので、格の高い神社は掃除を徹底しています。

    女性は生理中に出血しますが、この血が汚れ(穢れ)を想起させ、神社をくぐってはいけないと考えさせるのでしょう。

     

    神様が血を嫌うから

     

    また、神様が血を嫌うから生理中の女性は神社を参拝してはいけないという説もあります。

    八百万の神様の世界に迷い込んだ少女を描いたジブリ映画『千と千尋の神隠し』で、主人公の千尋が赤ん坊の神様(坊)に捕まったとき、血を見せて驚かし、脱出するというシーンがありました。

    あのシーンなど、神様が血を嫌うという描写そのものです。

    そういうわけで、神様が血を嫌うため、生理中の女性は神域へのゲートである鳥居をくぐったり、神聖な神社の境内に立ち入ることを控えるべき という考え方があるのでしょう。

    生理中で体力が弱っている=気枯れ=穢れだから

    生理中は当然ですが、女性の身体に大きな負担がかかります。

    そうなると体が弱っているので気が少なくなっています。

    別の記事でも書きましたが、気が弱ることを「気枯れ」と書き、それが「穢れ」に結びつきます。

    穢れとは気枯れ ケガレの本当の意味とイヤシロチの力

    体の気が少なくなり気枯れている状態で神様に挨拶することが失礼だという考え方から生理中の鳥居くぐり・神社参拝を良くないとするのがこの考え方です。

    あなたが不幸なのはご先祖様のせいかもしれません。

    友だち追加

    記事を評価する

    評価 5.0 / 5(合計1人評価)

    関連記事

    人気の記事