>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

大祓詞(おおはらえのことば)で罪穢れを祓う!祝詞の意味や効果について解説!

大祓詞(おおはらえのことば)で罪穢れを祓う!祝詞の意味や効果について解説!

大祓詞(おおはらえのことば)とは 大祓詞(おおはらえのことば)とは、前述のとおり、年に二回ある「大祓(おおはらえ)」で唱えられていた祝詞(のりと)です。 大祓詞はとても長く、一度唱えるのに結構な時間がかかりますが、唱えると自分の罪、穢れを祓う効果があります。 大祓詞を何度も唱えることで自分の中に天からのエネルギーを下ろし、穢れをなくし、罪は薄らぎます。

    日本人なら知っておきたい大祓詞(おおはらえのことば)

    知っておきたい 大祓詞

    知っておきたい 大祓詞

    大祓(おおはらえ)の意味について解説

    大祓(おおはらえ)という言葉をご存知ですか?

    六月に神社に行くと大きな輪が祀ってある光景を見たことがあると思います。

    あれは「夏越の大祓」言って、茅の輪くぐりをすることによって、元旦から半年経って付着した罪穢れを祓う儀式です。

    大祓えは昔から半年ごとに行われており、夏越しの大祓えから半年後の大晦日に「年越しの大祓」を行います。

    この記事でご紹介する大祓詞(おおはらえのことば)は半年ごとの大祓の儀式で奏上されていた祝詞です。

    唱えた人の罪や穢れを祓い、言霊のように潜在意識を浄化する効果があります。

    知っておきたい 大祓詞

    知っておきたい 大祓詞

     

    大祓詞(おおはらえのことば)とは

     

    大祓詞(おおはらえのことば)とは、前述のとおり、年に二回ある「大祓(おおはらえ)」で唱えられていた祝詞(のりと)です。

    ちなみに大祓詞を唱えていたのが、中臣鎌足などの中臣氏です。

    中臣氏はその後天皇から「藤原」という名前をもらい、平安時代を風靡した藤原氏が誕生します。

    なので、大祓詞を中臣祓と呼ぶこともあります。

    藤原氏となった中臣鎌足

    藤原氏となった中臣鎌足

     

    大祓詞(おおはらへのことば)の効果

    大祓詞(おおはらへのことば)には浄化の効果

    大祓詞(おおはらへのことば)には浄化の効果

    大祓詞はとても長く、一度唱えるのに結構な時間がかかりますが、唱えると自分の罪、穢れを祓う効果があります。

    大祓詞を唱える効果は、斎藤一人さんの「お守りの言霊」ととてもよく似ています。

    あめのみなかぬし様 「神様が助けやすい体質になる方法 」【斎藤一人さんの言霊】

    自分の潜在意識の奥底にある本当の自分(魂)であり、神の分け御魂、ハイヤーセルフとも呼ばれる「真我」についた心のゴミを掃除してくれます。

    別の記事で穢れ=「気枯れ」とであり、気が枯れてエネルギーがなくなっていることが穢れの状態であるとかきましたが、これに対して「罪」は「包み」を意味し、自分の「真我」を包んでいる不純物を意味します。

    大祓詞を何度も唱えることで自分の中に天からのエネルギーを下ろし、穢れをなくし、罪は薄らぎます。

    穢れとは気枯れ ケガレの本当の意味とイヤシロチの力

     

    大祓詞の本文

    大祓詞(おおはらへのことば)本文

    大祓詞(おおはらへのことば)本文

    それでは、実際に大祓詞を見てみましょう。

    いかがでしょう。

    ずいぶん長く、難しいですが、大祓詞の意味や内容は以下のようになります。

    大祓詞の意味・口語訳

    大祓詞の意味をざっと解説すると。

     

    天孫降臨などの日本の神話に触れつつ、人々が犯した罪の祓い方について述べられています。

    ここでは詳しい意味は説明しませんが(別の記事で詳しく解説いたします)、なんとなく大祓詞という呪文のようなものがあるんだなあと理解していただければ幸いです。

    大祓詞をyoutubeで聴いてみる

    大祓詞(おおはらへのことば)を唱える

    大祓詞(おおはらへのことば)を唱える

     

    祝詞を字面から理解しようとすると、かえって理解しづらいので、まずはyoutubeなどで大祓詞を聴いてみましょう。

     

    まとめ 魂を浄化する効果のある大祓詞(おおはらへのことば)

    いかがでしたでしょうか? 

    神道で受け継がれた魂を浄化する大祓詞。なんども聴いているとなぜか心が研ぎ澄まされます。

    私たち日本人のDNAに大祓詞がなにかの感作を与えているのかもしれませんね。

    この記事をきっかけに、年に二回ある「大祓」の由来や、そのときに奏上する「大祓詞」について興味をお持ちいただければ幸いです。

    感謝

    大祓詞の参考書籍 『開運! まいにち神様 大祓詞で最強の「お清め」』 立花大敬著

    開運! まいにち神様 大祓詞で最強の「お清め」 立花大敬著

    開運! まいにち神様 大祓詞で最強の「お清め」 立花大敬著

     

    あわせて読みたい記事

    穢れとは気枯れ ケガレの本当の意味とイヤシロチの力

    あめのみなかぬし様 「神様が助けやすい体質になる方法 」【斎藤一人さんの言霊】

    自分の産土神を調べ、運の底上げをする 産土神と氏神のちがいについて

     

     

    あなたが不幸なのはご先祖様のせいかもしれません。

    友だち追加

    記事を評価する

    記事を評価しよう

    関連記事

    人気の記事