>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

ツインソウルについて/ツインソウルが既婚者だったときの意味

ツインソウルについて/ツインソウルが既婚者だったときの意味

既婚者であるのに強烈に惹かれる人がいる時、その人に惹かれる理由は、その人があなたのツインソウルだからかもしれません。既婚者のツインソウルと出会う意味とは何なのか。試練を与えられたツインソウルの出会いの意味を知りましょう。

    ツインソウルとは

    ツインソウルとは、元来一つであった魂が枝分かれして双子になった、その片割れで、魂レベルの深い絆で結ばれた相手のことです。

    ツインソウルと再会すると、運命の人と感じることもありますし、昔から知っていたような懐かしい感じがしたり、言葉なしに強烈に惹かれ合ったりします。なぜなら、ツインソウルであったその相手とは、肉体レベルを超えた次元で元々一つの魂であったからです。

    ツインソウルと再会するタイミング

    ツインソウルのそれぞれの魂は、長い時間をかけて輪廻転生を繰り返し様々な経験を重ね、その経験によって魂が磨かれて成長を重ねていく、というのが宇宙の法則です。そして最終的なレベルに達した時に再会のタイミングがやってきます。

    しかし、全ての人がツインソウルに巡り合えるわけではありません。段階を踏んでいく必要があるからです。

    <ツインソウルの段階>

    第1ステージ 認識 出会いに運命を感じる
    第2ステージ テスト エゴや葛藤、価値観などが阻む
    第3ステージ 危機 第2ステージでの葛藤が顕在化する
    第4ステージ サイレント期間 葛藤の痛みにより離れる、避ける
    第5ステージ 手放し 固定観念や執着を手放す。神の采配が下される
    第6ステージ 覚醒 魂が目覚め、高次元の愛になる
    第7ステージ 統合 再会し、お互いの存在の大切さを悟り、尊重しながら共に歩む

    このように、お互いの準備やタイミングよく整った上で宇宙の法則による采配が下され、再会・統合する、 という流れになります。

    真のツインソウルに再会できた時には、やっと現世で巡り合った喜びや感動を感じるでしょう。そしてツインソウルの幸せそうな様子を見て、十分な幸福を感じることもできます。なぜなら、それぞれが学び成長を遂げている中での再会がどれだけ奇跡的な出来事であるかを、お互いが潜在意識の中で熟知しているからです。

    ですが、せっかく男と女のツインソウルが出会ったのにも関わらず、すでに既婚者や結ばれるのが難しい相手であったとうい場合がしばしば起こります。年齢差が極端な場合や、社会的立場において対立関係の相手である場合など、高い頻度であります。

    サイレント期間とは

    サイレント期間」とはツインソウル同士の別離、会えない状態の期間を指します。サイレント期間は全てが停滞したように感じられ、想像を絶する辛さを伴うこともあります。しかし、その辛さの中でこそ魂が成長するというのが宇宙の法則であると言われています。この期間において、一方が逃げたり避けたりし、もう片方が会おうとする関係を「ランナーとチェイサー」と言います。

    ちなみに、その試練を乗り越えたツインソウルが、大ヒットした映画「君の名は。」に登場した2人です。2人はやがてツインレイという存在に昇華します。「君の名は。」は、魂の試練を乗り越えるツンレイの物語を描いたとも言われています。

    ツインレイとの違い

    ツインレイは、より宿命的なツインソウルとでも表現すべき一対(2人一組のペア)の魂です。

    ツインソウルは単に分裂した魂であるという説もあり、その場合、元々同じ一つの魂だった存在はたった一人というわけではありません。しかし、ツインレイはこの世にたった一人しか存在しないとされています。

    他にも、サイレント期間の試練を乗り越える前の状態がツインソウルであり、試練を経た後の魂がツインレイであるという説もあります。いずれにしても「魂的な成長を遂げるために分離した片割れの魂」ということになります。

    ツインソウルの再会に伴う試練とその理由

    今いる環境は、自分の魂のレベルにあった場所であり、そこが恵まれている環境・いない環境に関わらず、必ず学ぶべきものがあると考えられています。

    そのため、男女のツインソウルが出会った時の互いの状態には、なにか学ぶべきものがあることを意味します。
    お互いに既婚者の場合や、相手が既婚者・自分が独身、もしくは相手が独身・自分が既婚者でもそれらの状態で各々が何か学ぶことがあるということです。

    結ばれることが困難なツインソウルとの出会いは、普段は内側に秘めているような本音が嫌が応にも表面化したり、自分の心の内側にある様々な感情、エゴや葛藤渦巻いたりと、価値観・内面に自ずと向き合う試練が与えられる機会になります。特にどちらか一方もしくは双方が既婚者であった場合などは、ことさら悩みも人知れず深いものになるでしょう。

    このような時に、相手の立場を顧みない行動を起こすことが魂の成長になるとは言い難いでしょう。実際に、男女のツインソウルの間にあるハードルが高いケースでは、やみくもに行動してしまい結果的に略奪愛に発展してしまう例も多々存在します。

    本来、男女のツインソウルのカップルにとっての最高レベルの学びは「無償の愛」だと考えられています。

    高次元の無償の愛に導くツインソウルの学びについて

    Photo bysciencefreak

    ツインソウルカップルの究極的な学びは、自らのエゴや葛藤を超越し相手の幸せを願うという、より高い視点での愛=無償の愛を得ることです。それらに達するまでの道のりにおいては、様々な自分の内面との闘いが待ち受けています。

    これらを体験することで、このような思いをする人を減らすための行動ができるようになるといえます。そして、相手の立場を尊重し、大きな愛を注げるような関係になっていくのです。相手のツインソウルの幸せをひたすら願い、心からサポートしたいと思うようになります。

    魂の世界における愛

    魂の世界における愛は、愛する人を自分のものにすることが目的ではありません。今をしっかり生きることで、必要な時に必要なものがもたらされるという考えがあるからです。自分が求めるもののために何をするのか、その途中経過が重要視されます。

    私達現世の寿命という短い尺度によって「物事を完結しなければ」と焦る気持ちが常にあります。しかし、魂における時間の尺度は宇宙レベルです。たとえ今世で学びが修了せず、成就することがなかったとしても、来世、あるいはもっと先の次元でツインソウルは必ず一つに戻っていく日が訪れるとされています。

    もし一日も早くツインソウルとの再会・統合を望むのであれば、今目の前のことと向き合い、しっかりと誠実に取り組むことが一番の近道です。

    高次元レベルでの知性と統合

    高次元レベルのツインソウル同士

    肉体を持った現世における私たちの魂は、さまざまな経験を重ねる中で、窮地から抜け出す方法や喜びや幸福を味わう方法なども身につけていきます。

    これらは、魂のレベルを上げるためには必要なことです。そして、自分を含め周囲の人々の魂も幸福になるためには、さらなる知性を身につける必要があります。こうして身につけた知性は、自分だけでなく周囲の波動も上げていきます。すると、自分自身の生活が満たされ、物事がスムーズに進行していくことになります。

    豊かな知性を身につけた高次元レベルのツインソウル同士は、既婚者であるとか独身であるという次元に留まることなく、次の次元へと進むことが可能です。そして、今世での統合は無理でも、いつの日にか一つに統合され一つの魂に戻って行くとされています。

    苦難や困難をパワーに変えて

    ツインソウルから離れてしまって、サイレント期間にある時「どうして自分は今、こんな環境に置かれているのだろう」と悩むことがあります。例えば、現世において高価な物質に囲まれた生活=意味のある生活だと思い、羨んでいませんか。

    宇宙の法則や魂の世界においては、高価な物質に囲まれた生活を送っていてもあまり意味を成しません。自立心や他人への思いやりをどれだけ持っているかが、宇宙の法則からすると重要とされているからです。

    魂の世界では、 自分自身の目の前の幸福を認識し十分に味わい、ツインソウルの幸福を願うことで、苦難や困難をパワーに変えて高次元の無償の愛に繋がるとされています。

    ツインソウルと過ごすことは、困難や苦難を伴うばかりではありません。お互い協力をして、プロジェクトを成し遂げていることも多いです。

    それらは 、共通の目的に向かって行うビジネスやボランティア活動のときもあれば、同じ人生上の心のテーマに取り組んでいる場合もあります。男女のツインソウルが結婚をして一緒に生活することだけが重要なのではありません。

    真のツインソウルか否かを見極めるには

    人間の一生において様々な縁が関連し合う中で、カルマによってマイナス面をもたらす人間関係を引き寄せてしまうときもあります。既婚者であるツインソウルと思われる相手が現れた場合は、相手が本当にツインソウルであるか否か、それとも反対の意を持つカルマによる引き寄せなのかを見極める必要が出てきます。

    もし、カルマによって引き寄せられた相手であれば、ネガティブな感情やエゴに支配されて自己中心的になり、裏切り憎しみ合う関係になっていきます。反対に、真のツインソウルであれば、同じ使命を担っていたり、達成すべきプロジェクトがあったりするはずですので、冷静に見極める視点が必要だと言えます。

    たとえ、相手が既婚者として現れても真のツインソウルであるならば、相手の意思を尊重し、高め合えるような関係になっていきますので、相手と出会った後の自分を振り返り客観的に判断するようにしましょう。

    別々の道を選んだツインソウルの行方

    私たちは自分の意思で選択する自由が与えられているので、既婚者のツインソウルが現れた場合は、目に見える形での共に歩む人生にはならないことも多いです。お互いのツインソウルが異なる方向性を望む場合には、必然的に、別の道を進んでいくことになります。

    例えば、片方が現状維持で波風立たない生き方を望んでいて、もう片方が成長と変化を望んでいたら、ツインソウルは再会も統合もできず成就には至らずに、その機会は未来世へと持ち越されることになるとされています。

    過去世から持ち越したツインソウルの学びの過程について

    たとえ、現世において、結婚という目に見える形でツインソウルと成就できなくても、高レベルの愛の領域において統合されることもあります。

    先にも述べた通り、肉体は離れても統合されることがあるので、 肉体の繋がりが全てではありません。双方の立場を理解し、距離的には離れたところにいたとしても、学びによって成長した互いの魂が 高次元レベルでは結びついているからです。それには、妬みや怖れなどのネガティブな感情をのり越えて、大きな愛の視点に至ることが鍵となります。

    しかしその反面、すべてのツインソウルが統合に成功するとは限らないとも言われています。特に既婚者として男女のツインソウルが現れるケースは、過去世からの学びの過程を持ち越している場合が多いです。魂の結びつきが強い二人には、共通の課題がある場合も多いのです。

    もしかすると過去世でもツインソウルとして出会い、統合のチャンスがあったにもかかわらず別れてしまい、別の道を進んだ可能性が高いです 。この場合には、何らかの形で巡り合い、再びのり越えるチャンスが与えられます。

    まとめ

    ツインソウルとの巡り合いにより、自分のエゴを超越した心で相手の幸せを願うような、より寛大で普遍的な愛の視点を持つことができ、さらなる魂の成長ができるようになります。

    感情的な自分の弱さをコントロールし、内側に隠されたマイナスな感情に打ち勝つことができた時、大きな高次元の愛の視点が持てるでしょう。

    ツインソウルとの別れやサイレント期間中に味わう困難な状況が、大きな成長と学びのチャンスなのです。仮に、ツインソウルと思われる人との関係がうまくいかなかったとしても、自分の状況のマイナス面ばかりを考えるのではなく、高次元に導かれる学びの一歩と考えて、勇気を胸に進んでいきましょう。

    関連記事

    あなたが不幸なのはご先祖様のせいかもしれません。

    友だち追加

    記事を評価する

    評価 4.7 / 5(合計13人評価)

    関連記事

    フェイスブック

    YOUTUBE


    アマテラスチャンネルのSNS

    人気の記事