>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

グラウンディング 地に足をつける瞑想の効果

グラウンディング 地に足をつける瞑想の効果

スピリチュアルな知識に傾倒しすぎると、目の前にある現実から目をそらし、当たり前の社会で生活することが困難になってしまうことがあります。 また、そういう状態の人のことを「あの人はグラウンディングが弱い」などと表現することがあります。

    記事の目次

    1. 1.グラウンディングを行う意味と効果
    2. 2.グラウンディングの効果 大地との接触で肉体にエネルギーを取り込む   幸せな人生を生きる為には幸せなエネルギーと繋がっている必要があります。 その為には外部の状況に流されるのではなく、私達が生きる地球内部にある自然のエネルギーと繋がる事で心も体も活力が湧いてきます。 世の中には様々な情報や人の考えが存在するので、意識していないと周りに影響されて心身ともに不安定な状態になりかねません。 グラウンディングの注意点 エネルギー不足で心身のバランスをこわさないために このような時にグラウンディングを行う事で自分の中にたまったネガティブなエネルギーを解放して浄化する事が出来ます。 ちょうどアースが溜まった電気を地面に流し事故を防ぐように、日頃からのグラウンディングの習慣がストレスや不安を大地に流してくれます。   うつ病など精神の病、引きこもり、トラウマ、対人恐怖症などの症状はグラウンディングをしっかりと行う事で解消されたという事例はたくさん存在します。 グラウンディングがしっかりできていない場合、意識は外部の情報、物事に惑わされて心のエネルギーが漏電し続け、心身のバランスを壊してしまいます。そして悪循環を起こしますます現実に目を向けられなくなる。 これは地に足がついていない状態だといえます。 しかしグラウンディングによって大地の中にあるエネルギーと繋がる事で、地球とのエネルギー交換が行われ新鮮な活力や、地に足のついた物事に動じない心を取り戻すことが出来るのです。 不安に押しつぶされそうな時は本来の力を十分に活かす事が難しいですが、グラウンディングを通して「いま、ここにある自分」に意識を向ける事で目標を達成する為の集中力も身につける事が出来るようになります。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); まずは妙見神社にご挨拶。 終始光のシャワーを浴びながら てんとう虫やアゲハがお出迎え🌈 湧き水で水遊びもしたよ♡ #山登り #妙見神社上宮 #グラウンディング #滝のような汗 #山登りたい病 #fine☺︎ mika mikaさん(@mican1111)がシェアした投稿 – 2017 10月 10 12:33午前 PDT   グラウンディングが効果を発揮する人   グラウンディングが効果を発揮するのは以下のような方だといえます。 ・他人や状況に惑わされやすい人 ・自己否定的、現実から目をそらしがちな人 ・やる気が湧かず、無気力な人 ・気分に振り回されやすい人 ・不安や憂鬱に駆られて心配性な人   以上のような症状を持つ方の共通点は、日常に疲れ果てて、現実の問題解決を諦めかけていることです。 毎日少しづつ、グラウンディングを続けていく事で周りに流されない自分らしさを持つ事が出来、エネルギーの循環が良くなります。 また人の発するネガティブな波動も受けづらくなるので、感受性の高い人には特に大きな効果が期待できます。   (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ≪ 前のページへ 次のページへ ≫
    グラウンディングとは 地に足をつけること

    グラウンディングとは 地に足をつけること

     

    最近憂鬱で無気力、つい人と比べて突然不安な気持ちに襲われることはありませんか?

    日常生活を送っていると様々な事が起こるので、気持ちが浮ついて不安定になる事もときにはあるかもしれません。

    そんな時に役に立つのが「グラウンディング」です。

    グラウンディングを知り、活用していく事でネガティブな感情から解放され、心身ともに活力に溢れた本来の自分を取り戻すことができます。

    この記事では、そんなグラウンディングの意味や効果、瞑想の方法についてご紹介いたします。

     

    グラウンディングを行う意味と効果

     

    グラウンディングの意味

    グラウンディングには「地に足をつけて現実世界を生きる」という意味があります。

    「地に足をつける」とは私達が生きているこの世界に自分の足でしっかり立つという事

    自分を取り巻く現実的な問題にしっかり向き合っていくということです。

    スピリチュアルな知識に傾倒しすぎると、目の前にある現実から目をそらし、当たり前の社会で生活することが困難になってしまうことがあります。

    また、そういう状態の人のことを「あの人はグラウンディングが弱い」などと表現することがあります。

     

    自然のエネルギーを取り込むグラウンディング

    自然のエネルギーを取り込むグラウンディング

    手軽なグラウンディングのワーク

    地に足のついていないふわふわした状態を「グラウンディング」が弱いと表現することはもう述べましたが、グラウンディングがしっかりできていない状態から、現実の問題に向き合うには大きなエネルギーが必要です。

    そんな自分のエネルギーをチャージしたいときに行うワークも「グラウンディング」と呼ぶことがあります。

    自分の中にエネルギーをチャージするという意味の「グラウンディング」にも、いろいろな方法がありますが、後述する「グラウンディングの瞑想」以外では、「シンプルに大地を裸足で歩くグラウンディング」をオススメします。

     

    近くに森や海があれば最高ですが、なければ公園の砂場でもかまいません。

    とにかく子供時代に戻ったように足の裏で大地に接することがとても効果的に体にエネルギーをとりこむ方法なのです。

    文字通り「地に足をつけるグラウンディング」は手軽に行え、効果もあるので、いろいろな問題から目を背けやすいと感じるときには、積極的に大地に裸足で触れる習慣に取り入れ、グラウンディングを行いましょう。

    あなたが不幸なのはご先祖様のせいかもしれません。

    友だち追加

    記事を評価する

    記事を評価しよう

    関連記事

    人気の記事