>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

利き目とは?利き目の調べ方、矯正して変える方法と思考タイプについて

利き目とは?利き目の調べ方、矯正して変える方法と思考タイプについて

人間には利き目が存在する事をご存知ですか?実は利き目がどちらにあるかで人の思考タイプに違いがあるのです。利き目の調べ方、利き目を矯正して変える方法、思考タイプやスポーツ別の利き目との関係について解説しています。

    利き目が左の人は天才型?

    「利き手が左の人は天才肌」というのは、時折耳にするお話です。

    まず、人間の左脳と右脳は、それぞれ得意とする分野が違います。

    左脳は身体の右半分を制御し言語や理屈を、右脳は体の左半分を制御しイメージや芸術的創造性を担います。

    右脳が活発に働いている左利きの人は、感覚的で芸術的な分野を得意とする場合が比較的多い事から、”天才肌”という評価が生まれたのかもしれません。

    では、同じく利き目が左の人も、”天才肌”なのでしょうか?

    実は、利き手が左だったからといって、利き目も左とは限らないのです。

    利き手と利き目の組み合わせの割合は、以下の通りです。

    是非先ほどご紹介した利き目の調べかたの結果から、自身はどこに当てはまるかをご覧下さい。

    ・利き手が右、利き目も右(約74%)

    ・利き手が左、利き目も左(約16%)

    ・利き手が右、利き目が左(約8%)

    ・利き手が左、利き目が右(約2%)

    そして、この組み合わせから活発に働いている方の脳を類推する事ができ、その脳の得意分野からおおよその性格の特徴も体系付ける事が出来るようです。

    1.利き手が右、利き目も右

     

    利き手が右 利き目も右利き手が右 利き目も右

    利き手が右 利き目も右

     

    左脳のはたらきが活発で、論理的な思考を得意とします。

    物事の核心を正確に捉える事が出来、人の上に立ったり、リーダーとして人々をまとめる事に向いています。

    2.利き手が左、利き目も左

    利き手が左 利き目も左

    利き手が左 利き目も左

     

    右脳の働きが活発で、優れた芸術性を持ち感受性も豊かです。

    直感が鋭く洞察力に優れ、人の思考や本性、嘘などを見抜く力に長けています。

    3.利き手が右、利き目が左

    利き手が右 利き目が左

    利き手が右 利き目が左

    どちらの脳も満遍なく使っていますが、どちらかといえば左脳寄り。

    物事の小さな変化によく気がつきます。全体を俯瞰して見る事よりも、細部に集中する事が得意です。

    4.利き手が左、利き目が右

    利き手が左 利き目が右

    利き手が左 利き目が右

     

    どちらの脳も効果的に使っており、ある一つの分野に関して天才性を発揮する事があるのが特徴

    しかし、興味のある分野以外の事には全くもって無関心という場合も。

    あなたはどれに当てはまりましたか?

    利き目の調べかたは簡単。ご自分がどのパターンに当てはまるか、是非把握してみて下さい。

    利き目を矯正して変える方法

    Photo by denharsh

    世の中の道具や施設は、ハサミや駅の改札の切符投入口に代表されるように、多数派である右利きに合わせて作られている事が多いです。

    したがって、利き手が左の人は不便さを感じる事もしばしば。

    しかし、利き目は左の場合も右の場合も日常生活で不便さを感じる事は少ないでしょう。

    ただし、スポーツを好んで行う場合は、利き目が運動能力や成績に影響を及ぼす事もあり、自身の利き目を不便に感じる事があるようです。

    利き目は、訓練を行う事によって変える事が出来ると言われています。

    ここでは、眼帯を使って利き目を変える矯正トレーニングを紹介致します。

    利き目の変更を望んでいない場合も、左右の視力差が大きい”不同視”あるいは”ガチャ目”と呼ばれる状態の改善や、普段活発に使っている方とは逆の脳に刺激を与え活性化させる効果も得られると言われています。

    あなたが不幸なのはご先祖様のせいかもしれません。

    友だち追加

    記事を評価する

    評価 5.0 / 5(合計2人評価)

    関連記事