>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

利き目とは?利き目の調べ方、矯正して変える方法と思考タイプについて

利き目とは?利き目の調べ方、矯正して変える方法と思考タイプについて

人間には利き目が存在する事をご存知ですか?実は利き目がどちらにあるかで人の思考タイプに違いがあるのです。利き目の調べ方、利き目を矯正して変える方法、思考タイプやスポーツ別の利き目との関係について解説しています。

    眼帯を使って利き目を変える

    眼帯 使う 利き目を変える

     

    眼帯を使って利き目を変える矯正トレーニングの方法は、至ってシンプル。

    「自分の利き目に眼帯を付けてしばらく過ごす」のです。

    普段無意識に頼っている利き目の視野を塞ぐ事で、怠けがちな片方の目を使わざるを得ない状況を作ります。

    ただし、矯正トレーニング中は片目のみ、それも普段使っていない方の目の視野だけで過ごす事になるので、遠近感などが狂いやすくなります。

    慣れないうちは家の中だけで行い、ぶつかったりつまずいたりしないように十分に注意して行動しましょう。

    矯正トレーニング開始直後からあまりにも長時間眼帯をつけていると疲労が蓄積してしまうので、自身の疲労体感に合わせて一定頻度で眼帯を外すなどして、無理なく進める事をおすすめします。

    また、眼帯を選ぶ際には「眼帯に光が入り込まないか」「目を圧迫しすぎないか」「蒸れないか」「すぐに取れてしまわないか」の4点をご留意下さい。それぞれの意味を解説していきます。

    眼帯に光が入り込まないか

    眼帯 光 入り込まないか

    眼帯 光 入り込まないか

    一般的に販売されている医療用眼帯などは、基本的に白い素材が使用されています。

    そのため、目と眼帯の隙間から光が入り込んだり、正面からも光が透けて見えるのが普通。

    眼帯で覆う利き目は目を閉じた時と同じ暗さになるのが理想的なので、光が入り込むと眼帯をする効果が半減してしまいます。

    内側に黒い布などを挟み、光を遮る工夫をするとより効果的です。盲点ですが、コスプレ用の黒い眼帯などは矯正トレーニングに最適なようですよ。

    目を圧迫しすぎないか

    目を圧迫しすぎないか

    目を圧迫しすぎないか

    より視界をシャットアウトするため、あまりにもぴったりと眼帯を密着させたり、ずれを気にして調節の紐をきつくしすぎたりすると、眼球自体を圧迫してしまう事になります。

    パッチの眼球に当たる部分に段差が付いていたり、ドーム状になっている眼帯を使う事で圧迫は防げますので、そのような眼帯を使う事をおすすめします。

    蒸れないか

    蒸れないか

    蒸れないか

    利き目を変える矯正トレーニングの性質上、矯正期間は長時間眼帯を装着する事になります。

    そのため、蒸れる材質の眼帯は不快感からすぐに取りたくなってしまったり、目の周りの皮膚の荒れに繋がります。

    数種類の眼帯を試して、自分に合った素材や製品を見つけてみましょう。

    すぐに取れてしまわないか

    すぐに取れてしまわないか

    すぐに取れてしまわないか

    医療用眼帯を使用した事がある人は覚えがあるかもしれませんが、少し動いたり歩いたりしただけでもずれてきてしまう事があります。

    視界に集中出来ない事は矯正トレーニング効率の低下に繋がりますので、取れにくいという事は大変重要な要素です。

    調整紐の結び目や、ストッパーなどを工夫して取れにくいようにしてみましょう。

    この矯正トレーニングに必要なものは、眼帯のみ。眼帯は薬局や通販サイトなどでは多くの種類が安価で販売されています。

    比較的気軽に始める事ができるトレーニングですので、利き目の調べかたで判明した利き目に違和感を感じる人や、スポーツの上達のため等の理由で利き目を変える事を考えている人、また左右の視力差が気になる人は是非お試しください。

    利き目とスポーツの関係

    Photo byRyanMcGuire

    利き目を変える矯正トレーニングの項でも記した通り、スポーツと利き目は深く関係しています。

    競技によっては、運動能力や成績にダイレクトに影響する事も。

    ここでは、利き目と特に関係深いゴルフ、バッティング、ダーツ、アーチェリーについて解説していきます。

    ゴルフ

    ゴルフ 利き目

    ゴルフ 利き目

     

    日本でも競技人口の多いゴルフ。

    実はゴルフでは、”利き目の錯覚”を自覚しているかしていないかで成績に大きな差が出ます。

    “利き目による錯覚”は、利き手も利き目も右、あるいは利き手も利き目も左と、目と手の利きが一致している時に特に起こりやすい現象です。

    約90%の人は利き目と利き手が揃っているため、逆説的に大多数の人はこの錯覚を自覚する事で成績を底上げ出来る可能性があるのです。

    あなたが不幸なのはご先祖様のせいかもしれません。

    友だち追加

    記事を評価する

    評価 5.0 / 5(合計2人評価)

    関連記事