>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

利き目とは?利き目の調べ方、矯正して変える方法と思考タイプについて

利き目とは?利き目の調べ方、矯正して変える方法と思考タイプについて

人間には利き目が存在する事をご存知ですか?実は利き目がどちらにあるかで人の思考タイプに違いがあるのです。利き目の調べ方、利き目を矯正して変える方法、思考タイプやスポーツ別の利き目との関係について解説しています。

    ここから先は利き目と利き手が右の人の場合の具体例を記します。利き目と利き手が左の人は、左右を逆転させて読んでみて下さいね。

    手元にパターがあればボールを置き、いつものように構えてみて下さい。多くの場合、自然にボールの位置を左目の逆の真下、もしくはそれよりも少し寄りに取るのではないでしょうか。

    それでは、そのまま左目を閉じてみて下さい。この時、シャフトは地面と垂直になっていますか?

    なっている場合、ボールはまっすぐ飛びません。なぜかといえば、正しくシャフトが地面と垂直になっている場合、右目だけで見た場合は斜めから見ているのでハンドファーストに構えているように見えるはずなのです。

    しかし、それがまっすぐ見えるという事は、シャフトは本当は地面と垂直ではなく、ヘッドが先行しているヘッドファーストの状態で構えているという事になります。

    そのまま今度は右目を閉じ、左目だけで見てみてください。本来、この時にシャフトが地面と垂直に見えているべきです。しかし、現在ヘッドファースト状態で傾いたシャフトが確認できる事と思います。

    なぜこのような事が起こるのかといえば、両目でセットアップをした場合、どうしても利き目が優先して物を見てしまうからです。

    利き目が右の人が両目でアドレスすると、パターを垂直に構えても、シャフトがハンドファーストに感じます。

    そこでまっすぐに構え直そうとすると、むしろ斜めのヘッドファースト状態になってしまう現象。

    これこそが、”利き目の錯覚”です。

    この錯覚が起こらないようにするためには、パターのセットアップは「利き目を閉じて逆の目だけ」で行うべきです。そうすれば、シャフトは正しくセットアップされ、パターのフェースも目標の方向に正確に向ける事が出来ます。

    バッティング

    利き目 バッティング

    利き目 バッティング

     

    打つ対象のボールが素早く動くバッティングは、否応なく利き目と深く関係しています。

    バッティングでは、基本的に利き目が投手の側に向いている状態で打つ事で、視野を広く取ることが出来、変化球にも対応しやすくなると言われています。

    つまり、利き目が左だと右バッターとして有利、利き目が右だと左バッターとして有利という事になります。

    バッティングの巧拙は利き目と利き手だけの問題ではなく、腕や脚の筋力差等も関係して来ます。

    したがって、それぞれ一概には言えませんが、「成績がいまいち振るわない」あるいは「なんだか打ち辛さを感じる」という人は、自身の利き目と構え方を見直してみるのも一案かもしれません。

    また、「構え方は変えたくないけれど利き目が違う」という人は、先述の利き目の調べかたを改めて試した上で、利き目を変える矯正トレーニングも試してみると良いでしょう。

    ダーツ

    利き目 ダーツ

    利き目 ダーツ

     

    ダーツボードに視線を合わせて狙いを定める時に、自身の利き目が分かっていないと狙った箇所よりずれてしまいます。

    そのため、ダーツの上達に利き目の把握は絶対条件。

    そして、ダーツは手と目の利きが合致している方が、より正確に狙いを定める事が出来ます。

    例えば、手が右利きの場合、同じく目も右利きであれば視線と手と持っているダーツが一直線になるため、狙った箇所に比較的まっすぐ飛ばす事が出来ます。

    少々厄介なのは、手と目の利きが合致していない場合。

    例えば、手は右利きで目は左利きの場合、ボードを狙う時は一旦左目を閉じて右目で狙うようにするか、あるいは顔を少し右側に向け、左目の視線とボード・ダーツを一直線にするよう調整するなど、一工夫をする必要があります。

    ダーツのプロの中には、このズレを解消するため利き目を変える矯正をしたり、フォームを修正する人も多いとか。

    利き手と利き目が合致せず、ダーツの上達を目指すのであれば、まずは先述の利き目の調べかたで改めて自身の利き目を把握し、利き目かフォームを変える事は悪い選択ではないでしょう。

    アーチェリー 

    利き目 アーチェリー

    利き目 アーチェリー

    現状アーチェリー界には、利き手が左でも利き目が左でも右射ちの選手が多いです。

    それで問題ない人もたくさんいますが、中にはエイミング(的を狙う)時に利き目の優位性が悪い方向に作用して、邪魔になってしてしまうという悩みを抱える人も。

    そんな時は、慣れるまで利き目を閉じてエイミングする練習をするか、利き目を変える、もしくは射ちを逆にする事がやはり有効なようです。

    また、アーチェリー用具店では「アイブラインダー」という、キャップの鍔につけて片目の視界をシャットアウトする商品も販売されているため、そのようなアイテムを有効活用するのも良いかもしれません。

    まとめ

     

    利き目 まとめ

     

    いかがでしたか?

    今回は利き目について、利き目の調べかた、利き目の変え方やスポーツとの関係などをご紹介しました。

    利き目は脳の能力や、身体能力とも密接な関係を持ちます。

    自身の利き目とその特性を把握する事で、日常生活においても様々なプラスの効果を得られます。

    また、利き目はやはり無意識で酷使しやすいため、きちんと適切なケアをする事で視力の回復や体調の改善などの効果も得ることが出来ます。

    スポーツや日常生活の中で、改めて利き目を意識して過ごしてみると、新たな発見があるかもしれません。

    それでは、ここまでお読みいただきありがとうございました。

    関連記事

    あなたが不幸なのはご先祖様のせいかもしれません。

    友だち追加

    記事を評価する

    評価 5.0 / 5(合計2人評価)

    関連記事