1ページ 2ページ

カタルシスとは?心理学で使われるカタルシスの意味や効果を解説

心理学

日常生活でも、また仕事の場でも心理学のテクニックを応用するという方は多いです。

最近では、コンビニなどでも心理学を応用するためのトリセツ本も多く扱われています。

その心理学に関係する用語の中でも異彩を放っているものの1つが「カタルシス」です。

心理学といえば人の心の動きや行動、それらの変化に注目する学問というイメージがありますが、その中でも「カタルシス」についてはその「カタストロフ(大災害の意)」に似たような語感から、なにやらおどろおどろしそうな感じがするという方もいるでしょう。

いったい、この「カタルシス」とはどのような意味や効果があるのでしょうか?

今回は、心理学の用語の1つである「カタルシス」の持つ意味やその効果に迫っていきましょう。

 

カタルシスの本来の意味とは?

 

まず、「カタルシス」の本来の意味について見ていきましょう。

「カタルシス」は古代ギリシャの時代である紀元前4世紀ごろから使われており、

「心の浄化」という意味を持っています。

ここでいう「心の浄化」とは、簡単に言えば「ストレスや悩みなどからくる心のもやもやがなんらかのきっかけで解放され、それによって気持ちがスッキリすること」です。

今でこそ、哲学や心理学の世界の専門用語となっていますが、実はこの語を最初に使ったのが古代ギリシャの哲学者として有名なアリストテレスでした。

ただし、アリストテレスが最初に「カタルシス」を使った時点では、ギリシャ悲劇の持つ悲劇的な内容が観客の涙を誘い、それによって彼らの心をスッキリさせて癒す効果を意味するものとして「カタルシス」が説明されていました。

このため、現代のような哲学や心理学の用語というよりも、むしろ演劇の用語として使われていました。

その後、カタルシスは医学の用語として使われますが、その方法や効果として、病に苦しむ患者に薬剤を使うことで嘔吐や下痢を起こさせて、体内に溜まった毒を排出することによって浄化するという、現代でいうところのデトックス効果のことを指しています。

現在のように心理学の分野でも使われるようになったのは、オーストリアの精神科医であるフロイトによってでした。

フロイトは「悲劇的な話を聞かせて患者の涙を誘う行為」を催眠療法とともに利用した際に生じる効果として「カタルシス」を説明しています。

それ以降、カタルシスは心理学の分野での専門用語、およびそれがもたらす効果を意味するものとして定着するようになりました。

カタルシスの効果とはどのようなもの?

https://www.instagram.com/p/BgvtISDF1PM/?hl=ja&tagged=%E6%84%9F%E5%8B%95%E4%BD%9C

 

実はカタルシスは、「カタルシス効果」という用語としても使われることが多いです。それでは具体的にカタルシスのもたらす効果とはどのようなものなのかについて見ていきましょう。

読者のみなさんの中にも、日頃の仕事や日常生活の中で知らず知らずのうちにストレスが溜まっており、それを心ならずも無理に抑え込んでいるという方が非常に多いでしょう。そんな中で、ある休日に非常に感動的な映画などを見て感動したり、またその映画などの登場人物の置かれている状況や心情に感情移入したりするあまり涙を流し、その結果として気持ちがスッキリしたという経験もあるのではないでしょうか?

また、日頃の職場などにおける人間関係での欲求不満などが積もりに積もっていた状況で、気心の知れた家族や友人にいろいろと抑え込んでいた気持ちをぶちまけた結果、気持ちが晴れ晴れとした経験があるという方もいるはずです。

さらに、とても悲しい思いをして心に深い傷を負っていたところで、信頼できる人にその心情を語ったところ、悲しみなどを克服することができたという方もいるのではないでしょうか?

このように、カタルシスの効果とは日常生活や仕事の中で自覚していてもそうでなくても積もっていたストレスがなんらかのきっかけで一気に解放されて、その結果気持ちがスッキリして晴れ晴れとすることを意味します。

それによって、ネガティブな感情から解放され、また前向きな気持ちで新しく歩むことができるきっかけともなります。

平成最後の開運チャンス

 ≪運命のオーラリーディング≫

運命の日を鑑定し、幸せになる方法を、1000文字以上の鑑定結果メッセージと運勢図で分かりやすく教えてくれます。

今なら、全員無料で鑑定中。

 ≪カリスの電話相談≫

熟練の先生が、人生を好転させるアドバイスを電話で直接行います。  初回は最大 10分間の電話相談が全員無料で行えます。

提携:Tphereth