>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

三面大黒天とは?三面大黒天の真言の効果は?豊臣秀吉の天下取りを支えたその最強のご利益を画像つきで解説

三面大黒天とは?三面大黒天の真言の効果は?豊臣秀吉の天下取りを支えたその最強のご利益を画像つきで解説

三面大黒天の真言をご存知でしょうか?仏教の中で最強とうたわれる仏様の三面大黒天は、何と豊臣秀吉の天下取りにも力を貸していたともいわれています。三面大黒天のご利益や効果について、画像も含めて解説していきます!

    三面大黒天とは?顔が阿修羅状態の三位一体の大黒様?

    三面大黒天の真言とは

    三面大黒天の真言とは

    「大黒天」は、日本では七福神の一人として馴染み深い商売繁盛の神様ですが、この神様にはいくつも顔があり、もう一つの顔に「三面大黒天」があります。
    三面大黒天の画像を見ると顔が三つあるので、え、大黒様なのに阿修羅みたい! と思われるかもしれませんが、「三面大黒天」です。

    三面大黒天は「大黒天」の顔に加えて顔の側面左右それぞれに「毘沙門天」「弁財天」の顔を備えています。

    ここでちょっとした豆知識なのですが、仏教は長い歴史の中で様々な文化の影響を受けており、別の宗教から来た神様も多数存在しています。
    大黒天や毘沙門天、弁財天といったように、名前の最後が“○○天”となっている神様は元々インドのヒンドゥー教の神様である場合が多いです。

     日本における仏教の仏様は日本の神道の神様と融合し、同じ仏教圏の中でもかなりの独自進化を遂げています。

    これを神仏習合と言い、同じ仏様でも中華圏と日本では性格や性質が大きく違う事も多いです。
    三面大黒天はそんな神仏習合の集大成とも言える存在です。

    三面大黒天の正面の顔の大黒様について

    ガネーシャを踏むマハーカーラ(シヴァ)

    ガネーシャを踏むマハーカーラ(シヴァ)

    さて本題ですが、三面大黒天について馴染みの薄い人にも解説していきたいと思います。

     三つ顔がある内の正面の顔である、大黒天は仏教の一番高い位の仏が居るとされる天部に住んでいる仏様です。

    弁天、毘沙門天をはじめとした七福神の神様は全員天部の仏様です。
    インド名を「マハーカーラ」と言い、シャマシャナの森に住み、死体を漁っては貪る悪魔のような怖い神様で、時に不老不死の薬を作る事もあったそう。

    三面大黒天の正面の顔のもう一つの名前

    三面大黒天の真言とは ガネーシャを踏むマハーカーラ(シヴァ)その2

    三面大黒天の真言とは ガネーシャを踏むマハーカーラ(シヴァ)その2

     このマハーカーラには他にも呼び名があって、有名な呼び名だと破壊と再生の神としても有名な「シヴァ」です。

    シヴァと大黒様ではギャップが大分ありますね。大黒天はいつもニコニコした顔のイメージですが、実はとても強い方だったようです。
    知らない人からすると、近所の優しいおじさんの本業が、実はヤクザの組長と知ってしまった時のようなインパクトを感じたのではないでしょうか。

    でも「大黒天」は「大暗黒天」と呼ばれることもあるので、名前自体は本来のマハーカーラ(大いなる暗黒の意味)の面影を残しているように思います。

    では日本では何故、破壊神や戦神としての性質が消えてしまったのかというと、神道の神様に大国主命(おおくにぬしのみこと)という神様がいまして、この神様もダイコク様と呼ばれる事があるのです。

    大黒(だいこく)は大国(だいこく)に通じるという言葉の韻(いん)繋がりで混同されるようになり、神仏習合としての大黒様が誕生しました。

    大黒天(大暗黒天)という名前自体はシヴァの別名である「マハーカーラ」の和訳ですが、恰幅の良い身体、背負う袋や小づちなどの見た目や性質自体は大国主命様の色を濃く持っています。

     七福神であり、大黒天の時点で仏としての大黒天と神道の大国主命の霊験の両方を兼ね備えているわけです。

    三面大黒天の右側の顔の毘沙門天について

    三面大黒天の真言とは ヴァイシュラヴァナ

    三面大黒天の真言とは ヴァイシュラヴァナ

     

    右面の毘沙門天は七福神や戦の神として日本でも古来より数々の武将や天下人の崇拝と信奉を集めていますが、梵語ではヴァイシュラヴァナと言い、本来の称号は「ヴィシュラヴァス (viśravas) 神の息子」。

    前身はインド神話の財宝神クベーラと言って、戦神のイメージはあまりないようです。
    それがインドから極東アジアに伝わるまでに戦の神の性質を帯びてしまったというのは、これもまた面白い話だと思います。

    破壊神から商売繁盛の神様となった大黒様とは真逆ですね。

     元々財宝神である毘沙門天ですが、日本では戦神として有名で数々の武将の厚い信心を集めています。

    有名な人だと、自らを毘沙門天の化身と称した上杉謙信など。

     ちなみにあるとされるご利益の種類の数は七福神の中でも最強クラスです。

    あなたが不幸なのはご先祖様のせいかもしれません。

    友だち追加

    記事を評価する

    記事を評価しよう

    関連記事

    人気の記事