1ページ 2ページ

サナトクマラとは?金星から降臨した偉大なスピリット!鞍馬山との関係は?

サナトクマラとは?金星から降臨した偉大なスピリット!鞍馬山との関係は?
サナトクマラとは?金星から降臨した偉大なスピリット!鞍馬山との関係は?
スピリチュアル

サナトクマラとは?

1850万年前に金星から降臨したサナトクマラ

サナトクマラは金星から降臨した

サナトクマラは金星から降臨した

サナトクマラは約1850万年前に、金星から地球に降臨したと言われている偉大な存在です。そんなサナトクマラが地球に降臨した目的は、地球のネガティブなエネルギーを浄化することにありました。

その浄化の力から、人々が抱く恐れ、不安などの暗いエネルギーをクリアにしてくれると言われていますね。また、サナトクマラは高次の存在なので、基本的には肉体を持ってはいません。ですが、必要な時には人間の姿となることも出来ると言われています。そして、サナトクマラはヒンドゥー教の神話に出てくる四人のクマーラの一人で、サナトクマラは物質界の繁栄を司っています。

サナトクマラは「永遠の若者」という意味がある

サナトクマラは別名サナート・クマラとも呼ばれています。この意味は「永遠の若者」です。サナトは「真実」、クマラは「若人」という意味があり、永遠の命を表しているのですね。また、愛と美を司っているビーナスがサナトクマラのパートナーにあたります。永遠の若人とビーナスのパートナー、とても素晴らしく感じますよね。

サナトクマラは、シャンバラ計画の総責任者でアセンデットマスター

サナトクマラ アセンデッドマスター

サナトクマラ アセンデッドマスター

サナトクマラはシャンバラ計画の総責任者でもあります。シャンバラ計画とは、簡単に言ってしまえば理想の世界を作る計画のことを指します。

かつて大事件を起こしてしまった宗教団体も日本シャンバラ化計画というのを立てていましたので、シャンバラ計画と聞くと悪いイメージを持つ方もおられるかもしれませんが、シャンバラ計画という言葉自体は悪くないどころか、とても素晴らしいお話しなのです。そんなシャンバラ計画の総責任者でもあるのがサナトクマラで、サナトクマラは世界を理想に近づける使命と、強いエネルギーを持っています。そして、サナトクマラはアセンデットマスターでもあります。マスターとは人を導く聖なるエネルギーのことで、アセンデッドマスターとは、人として生まれたことがあるマスター達を指す言葉。よく知られている人物としてはブッダやマリア、キリストなどなどの方々がいます。サナトクマラ自体は人ではありませんが、人の姿に代わり導くこともあることからアセンデットマスターとして語られていますね。元々人として生まれ、高潔な生き方をして悟りを開いた方々も、アセンデットマスターです。

サナトクマラ信仰は悪魔教という声もある

サナトクマラを崇拝する人々がある一方、それぞれの考え方からか、サナトクマラを信仰するのは悪魔教だという考え方の方もおられます。

そういった声があるのは、サナトクマラが仏教では魔王尊とされているからで、これは魔神ともとれるのですね。そして、ルシファーでもあり、サタンでもあるという考え方です。ルシファーに関して言えば、例えばキリストの父親がルシファーだという説があります。しかし、天上界では地球上は地獄だという考え方があり、ルシファーは地球を守る存在だとされています。西洋ではルシファーが悪い存在として扱われがちですが、日本のルシファーは良い存在とされているのです。

サナトクマラは鬼のような存在だという声があり、悪魔教だという言われ方もされることがありますが、サナトクマラには悪魔を破壊するという役割もありますので、考え方にもよりますが、悪いと断言出来ない存在です。ちなみに魔王尊という言葉は魔を屈服させる存在につけられる名前ですので、そういった意味でも、サナトクマラを単純に悪とすることは出来ませんね。

サナトクマラの為の神殿はスリランカにある

サナトクマラが祀られるカタラガマでの祭の様子

サナトクマラが祀られるカタラガマでの祭の様子

サナトクマラは鞍馬山に降臨したというお話しもあるのですが、ヒンドゥー教の神話にも出てくる存在でもあります。ですので、サナトクマラは海外でも祀られており、サナトクマラが祀られている神殿はスリランカのカタラガマという場所にあります。どちらが正しいという会話が出てきそうなお話しではありますが、諸説ありますので難しいところですね。

ポイント
  • サナトクマラは、地球を浄化するために約1850年前に金星から降臨した偉大な存在
  • サナトは「真実」、クマラは「若人」という意味があり、サナトクマラは永遠の若者という意味
  • サナトクマラを信仰するのは悪魔教だとする考え方もある
  • サナトクマラはスリランカのカタラガマでも祀られている

サナトクマラと鞍馬山伝説

650万年前に金星から鞍馬山に降り立った「護法魔王尊」サナトクマラ

サナトクマラのいる鞍馬寺にある護法魔王尊像

サナトクマラのいる鞍馬寺にある護法魔王尊像

護法魔王尊とは?金星から山霊の正体に迫る!真言や鞍馬山との関係についても解説

2018.10.22

サナトクマラは日本では魔王尊と呼ばれており、650万年前に降臨したとも、1850万年前に降臨したとも言われています。この魔王尊は天狗の総帥とされており、16歳のまま永遠に年をとりません。

現在、サナトクマラは日本にシャンバラを作って住んでいるという説があり、日本を守っているとされています。サナトクマラは元々、人間の形をしてはいてもまだ動物の状態から脱することの出来ていなかった人間達を進化させた存在とされており、そんな存在が日本の鞍馬山におられると思うと嬉しい気持ちになりますよね。ちなみに、サナトクマラは魔王尊と呼ばれていますが、日本神話に出てくるスサノオやヤマタノオロチと同一のものだという声もあります。確認することが難しい為、どれが正しいと断言することは出来ませんが、それくらい昔から存在していた高次の存在であるということは伝わりますよね。

当たりすぎると評判の電話占い