1ページ 2ページ

狐憑きとは?日本に古くから伝わる狐憑きの特徴や対処法を解説!

見えざる手のイメージ
見えざる手のイメージ
スピリチュアル

狐憑きとは?ある日突然豹変する人格

狐憑きのイメージ

狐憑きのイメージ

 ある日突然、別人のようになってしまう人があなたの周りにいませんか?

 もしくはそう言う話を聞いたことはありませんか?

 その多くはひどく不安定で怒りっぽく、ヒステリーで、暴力的で、今までの生活を壊して一変させてしまうような、まさに「豹変」としか言えない変りようです。

 そんな人はもしかしたら「狐憑き」かもしれません。

 狐憑きとは狐霊(コレイ)と呼ばれる存在に取り憑かれることで精神不安定や体調に異常をきたしてしまう状態です。

 性格が豹変しなくとも、前触れもなく難病にかかってしまう場合もありますし、酷い鬱状態に陥ってしまうこともあります。

 それをただの病気と言ってしまう事は簡単ですが、狐憑きになってしまった本人はもちろん、周囲の人間から見てもその変化の異常さは明らかではないでしょうか。

 本人のみならず、様々な怪異現象が起こっているでしょう。

 しかし狐憑きにいきなりなる事はありません。

 何かきっかけがあるはずです。それは一体どんなきっかけで人は狐憑きになり、どんな症状や状態になるのでしょうか。

 あなたの狐憑きはコックリさん? 家族や先祖から?

 霊媒体質という霊を引き寄せやすい体質の場合もあります。

 その原因を解き明かし、解決方法を一緒に考えていきたいと思います。

 

狐憑きとは?狐霊(コレイ)と呼ばれる自然霊と動物霊

自然霊のイメージ

自然霊のイメージ

「狐憑き」とは、狐霊(コレイ)に取り憑かれた状態を言います。

 狐霊といっても必ず狐の霊という訳ではなく、恨みや怒りを抱えた動物霊であったり、自然霊と呼ばれるこの世に生を受ける事のなかった行き場もなく得体のしれない霊であったりと、その内容は様々です。

 自然霊とされるものには元は稲荷などの神様の眷属だった存在も交じっていたりするのですが、何かのきっかけで神使の役目を見失って位を下げてしまい、

低俗な悪霊とあまり変わらないものが混じっている場合もあります。ただし自然霊のすべてが悪さをするわけではありません。

 もちろん人間に良い感情を持つ自然霊も多く存在してます。

 そんな自然霊に交じる狐霊になりうる眷属たちは、元々は神の使いではありましたので「自分は神だから偉い」「敬え」という気持ちだけは強かったりします。

 そういった位の低い眷属は何かにつけて見返り目当てに人に近づき、力を貸したのに見返りを得られなかったり、その要求が通らなければ「疎かにされた」「恩知らず」と感じて怒る事があります。

 わかりやすい例でいえば、「コックリさん」を遊び半分でやってはいけないと言われるのはそのためです。

「コックリさん」は「狐狗狸(こっくり)さん」とも書き、そもそもが神様やその眷属である自然霊の力を借りて行われる降霊術です。

 そこで高位の眷属が降りてくることは非常に稀で、ほとんどが狐霊に含まれるような低俗な眷属霊や自然霊です。

 一時力を貸してくれたとしても不釣り合いな見返りを要求してきたり、難癖をつけてそのまま取り憑いてしまう事があります。

 正しい手順を踏んでも帰ってくれず、そのまま狐憑きになってしまう場合もあるようです。

 しかしそのただし手順というのも民間の言い伝えに過ぎないので、間違っている場合も多く、お帰り頂けないケースに繋がります。

 そもそも、コックリさんをはじめとする降霊術や呪術の類は、専門の呪術者や霊能者が細心の注意を払って行うものですので、素人は何があっても手を出してはいけません。

 また、狐憑き状態とされるもう一つのケース。恨みや怒りを抱えて悪霊化した動物霊に取り憑かれてしまう場合。

 本人が動物に悪さをして恨まれて取りつかれる場合もあれば、何かの拍子に波長が合ってしまって何の脈絡もなく取り憑かれてしまう場合もあり、

前者は自業自得ですが後者はただただ災いでしかありません。

“波長が合う”というのはその霊に対して強く意識をする行いをきっかけとします。

 酷い事件があった時に、「可哀想」「苦しかっただろう」「悔しかっただろう」と共感する気持ちは人として当たり前に湧き上がる感情ですが、

過剰な思い入れは時に霊が自分の事に興味あるんだと気が付いて寄ってきてしまう事があります。

 動物霊の場合はペットだった動物も多いので、生前の記憶でもともと人間に良くも悪くも関心が強いためです。

 霊は概ね自分と波長の合う存在を求めていますので、考えている時間が長いほどチャンネルや波長が合いやすくなってしまいます。

 繋がった先が恨みを持った霊だったり、人間に取り入りたい位の低い神の眷属であるとそのまま狐憑きに繋がる事があるので注意してください。

 

狐憑きになっている人の特徴

狐に憑かれた人のイメージ

狐に憑かれた人のイメージ

「狐憑き」の様子は取り憑く霊によって千差万別で、これが狐憑きの特徴! とひとからげにするのは実は難しい部分があるのですが、

低俗な狐霊(低位の眷属・悪意ある動物霊)に取り憑かれてしまった人に共通する部分はあると思います。

 顔つきから変化する場合があるようです。

 狐憑きになった人は一般的に目が吊り上がり、動物に近い顔つきになってしまうとされます。

 実際は動物とまではいかなくても、狐憑きになる以前より険しく表情が変ってしまうようです。

 そして悪い意味で感情的になってしまう、乱暴的になってしまうようになる場合が多いです。

 普段が穏やかだったとしたらその変化は余計に目立つのではないでしょうか。

・直ぐに怒りをあらわにするようになる、その怒り方は激しく尋常ではない

・何かに酷く怯えて、特定の物を警戒して逃げ惑ったり、家に引きこもるようになる

・独り言が増え、その内容は支離滅裂

・ギャンブルや酒にのめりこみ、異性関係も激しくなる

 とにかく精神的に不安定で欲望のまま振舞うようになり、あらゆる人間関係を破綻させ、家族の言葉も聞かず、家庭からも社会的にも孤立していきます。

 生活が派手になるだけでなく、逆にひどく陰鬱になり、無気力で謎の体調不良で寝込んでしまうパターンもありますので、暴れないから狐憑きではない、という事はありませんので注意してください。

 変化はそう言った人間性の変化だけにとどまらず、食べ物の好みや趣味嗜好まで激変してしまう場合もあるようです。

 普通の人が口にしないようなものを妙に食べたがったり、集めて溜め込むこともあります。

 狐や狗に由来する狐霊であれば、急に生肉しか食べなくなったり、飼えもしない小動物を捕まえて弄ぶようになった、という例もあるようです。

 今まできれい好きだった人が身の回りに気を使わなくなり不潔なままでも気にならなくなった、という話も耳にします。

 何故そんなことをするかと言えば、それは取り憑いてる狐霊の好みや習性に近づくためです。

 まるで動物みたいな行動をする変な人が身の回りに居た場合、もしかしたらその人は「狐憑き」の可能性があり、

それが解消されたら“憑き物が落ちたように”行動を改めるかもしれませんね。

※怖がりな人のための箸休めです。このまま読み進めるのが怖い方は少し気分転換をどうぞ。

 

狐憑きになりやすい人は代々素質を持っている?

見えざる手のイメージ

見えざる手のイメージ

 狐憑きになるには、何かしらのキッカケがあるのがほとんどのようですが、良くも悪くも生まれつき霊と縁を持っていたり、

引き寄せやすい体質であるなど、狐憑きになりやすいタイプはあるようです。

 好かれるだけならまだしも、悪い影響のある霊を呼び寄せてしまう場合は、自ら防御法を身につけない限り、生涯に渡って霊障(れいしょう)に苛まれ、

最悪の場合は早死にしてしまう事さえあるらしいのが恐ろしいですね。

 こういった霊的な影響を受けやすい人の事を「霊媒体質」と呼んだりするようで、この体質は先祖代々受け継いでいるというケースも少なくないみたいです。

 意図的に稲荷や狗神を祭っている家系というケースもあるようで、そう言った家には「狐憑き」が現れる頻度は他よりも多くなる傾向にあるようです。

 狐憑きの元である狐霊の強さによっては本人だけでなく周囲にも影響が出るようですが、家系そのものが霊媒体質で狐霊に関わりある場合は、その影響もさらに大きなものになりそうです。

 霊媒体質や霊力を持った一族の中には、意図的に稲荷や狗神を祭るだけではなく、狐霊や管狐、オサキなどを使役する術を持っている方々が存在するとされていますが、危険な特殊例ですので、素人は絶対真似しないでくださいね。

 そう言った一族でも使役する能力を持たない人は家に憑く神様や眷属や動物霊の力に負けて生まれつき酷い霊障に悩まされて暮らし、短命の一生を送る事さえあります。

当たりすぎると評判の電話占い