>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

ブループリントとは?魂の設計図を理解し自らの人生のテーマを知ろう!

ブループリントとは?魂の設計図を理解し自らの人生のテーマを知ろう!

「ブループリント」とは「魂の設計図」と言われています。 私たちは、自分自身が生まれる前に「人生のテーマ」や「意味」を決めて生まれてきたのことはご存知でしょうか? 自分自身の生き方に迷ったとき、「正しい在り方」は何か考えるきっかけが「ブループリント=魂の設計図」なのです。

    魂の設計図 ブループリントとは?

    「ブループリント」とは「魂の設計図」と言われています。

    私たちは、自分自身が生まれる前に「人生のテーマ」や「意味」を決めて生まれてきたのことはご存知でしょうか?

    自分自身の生き方に迷ったとき、「正しい在り方」は何か考えるきっかけが「ブループリント=魂の設計図」なのです。

     

    ポイント

    • ・ブループリントを意識すればあなたの生きる意味を理解できる

    ブループリントとは?

     

    「ブループリント」よりも「青写真を描く」という表現を耳にされたことが多いのではないでしょうか?

    「緻密な将来(人生)設計」を立てることを「青写真を描く」と表現することが多いでしょう。

    日本を含むインドやアジア圏、古代エジプトやギリシャでは、魂とは、肉体をもって現世に生まれ変わる前の状態であり、生まれ変わる際には「自ら人生計画を立て現世で正しい心の在り方で過ごす」、「目的を果たせなければ転生をする」という教えを説く土教や宗教が複数存在しています。

    この教えで説かれた、転生する前に「魂」自らが立てた「人生計画」を一般的に「ブループリント(青写真を描く)」と表現します。

    「ブループリント」とは、元はフィルムカメラのプリント技術に語源が由来します。

    デジカメや写真加工ソフトが普及した現在では、そもそも「フィルム」とは何か、想像もつかない方もいらっしゃるかもしれません。

    ネガフィルム(デジカメでいうとmicroSDカード)が主流の時代、カメラで撮影後、現像とプリントの工程を経て、私たちが認識する写真を手にすることができました。

    この現像とプリント技術は、現代のコピー機のような役割も担っていました。

    中でも建築物の設計図や見取り図を「複製(コピー)」のためにプリントする際には、ジアゾ式複写機を利用して「青焼き(ブループリント)」という技法で図面などを鮮明な写真で仕上げていました。

    そこから設計図や見取り図をプリントする技術、青が強く出た鮮明な仕上がりから、「緻密な計画を立てる」意味を「青写真(ブループリント)を描く」と表現するようになったのです。

    ポイント

    • ・転生する前に「魂」自らが立てた「人生計画」を一般的に「ブループリント(青写真を描く)」と表現

    ブループリントは魂の設計図

    「輪廻転生」の考えが生活に根付いている地域や文化圏では、「魂」という概念が存在しています。

    「魂」とは、肉体の生命活動の源、精神(スピリチュアル)の活力や根源、または人格そのもので、その存在は目視できないものと考えられています。

    宗教によって「魂(ソウル)」と「精神や霊魂(スピリチュアル)」の考え方が異なる場合もありますが、この「魂」とは人間の他に動植物から鉱物に至るまで、この世に存在するすべての物質に宿っていると考えられています。

    しかし、ただそこに在るわけではなく、それぞれ「計画」を実行するため、肉体を得て、「正しい在り方」で生き、最終的には転生することがない「スピリチュアル(目に見えない精神的または霊的)」な状態になる「目的」を持っています。

    私たちは皆、「転生することのない魂の在り方=スピリチュアル」になるため「魂の設計図=ブループリント」を描いてこの世に生まれてきていると言われています。

    ポイント

    ブループリントのスピリチュアルな意味

     

    日本の法律は宗教の自由を認めていますが、半数以上の方が「仏教徒」、または「育った家庭が仏教を信仰」していたのではないでしょうか。

    そこで、「ブループリントのスピリチュアルな側面」を「仏教」の教えを参考に、読み解いていきます。

    「仏教」では「輪廻転生」ではなく、「六道輪廻」という教えを説いています。

    「六道輪廻」とは、肉体の死後、天人界(極楽)、人間界、阿修羅界、畜生界、餓鬼界、地獄界のいずれかに転生することです。

    仏教では肉体を持って生まれることそのものを「苦」としており、その苦しみの中で、「正しい行いと心の在り方」を身に着けていれば、「浄土(浄土とは、親鸞聖人の『唯信砂文意 』では、苦しみのない心身ともに楽な世界のこと、六道では天神界)」へ転生し、永遠に安住することができるとされています。

    そして、浄土では肉体を持たない「スピリチュアル」な状態で迎え入れるとも言われています。

    仏教は日本でも様々な宗派がありますし、中国や発祥地のインドでも「魂」や「転生」についての考えが若干異なる場合もありますが、いずれにしても、「生きる事そのものとは苦しいことの連続ではある」ものの、そんな中でも「正しく生きること(悟りにより物事を理解し、気づきを得る)」を説き、そうすることで、「成仏(転生からの解脱)につながる=スピリチュアルな状態になる」と説いています。

    私たちは、様々な理由で、前世では達成できなかった「目的」をもう一度、別な角度から実行し、「ブループリント=魂の設計図」で描いた内容を実行して、「繰り返される転生から解脱する=スピリチュアルな状態で浄土に安住する」ことを目標に、「魂を磨きながら」今を生きているのです。

    ポイント

    ブループリントと魂の記憶の関係

     

    「ブループリント=魂の設計図」から少し趣旨が外れますが、この章では「魂に刻まれた記憶」について掘り下げていきます。

    言葉を覚え始めの小さな子供が突然「前世の記憶を語りだす」事象を研究したイアン・スティーブンソン教授の著書がいくつか日本語に翻訳されていることはご存知ですか?

    イアン・スティーブンソン教授は、「輪廻転生」が根付いた地域や文化圏にとどまらず、世界各国で「前世の記憶を持つ子どもたち」がいることを知り、科学的な立証をする価値がある現象ととらえ、実際に世界各国で面接調査を行いました。

    3歳から8歳の子供で、「前世の人格」が死亡してから「生まれ変わった現世人格」までの中間的な記憶を持っている場合、「前世の人格の記憶」の正確性(前世の人格が死亡に至った原因が記録されたカルテが見つかって証言の裏付けが取れるなど)が高い研究結果がでています。

    もし、「前世の人格」の晩年が痴呆で記憶を留めておけない状態だったとしても、死亡してから現世まで中間的な記憶があれば、前世がどんな人生であったのか「現世の人格」が語ることもあり得るのです。

    旧約聖書の教えを守るイスラム教では、肉体から魂が離れた瞬間、感情を切り離した「記憶だけ」持った状態で最期の審判を受けると言われています。

    つまり、古くから信仰されてきたイスラム教や現代で「生まれ変わり現象」を研究したイアン・スティーブンソン教授の研究結果から、「魂」そのものは今まで経験したすべての記憶を持ち続けていることが推測できますね。

    つまり、魂は新たな現世の人格に生まれ変わる時、転生からの解脱を目標に「新たなブループリント=魂の設計図」を描いていたとも言えます。

    しかし「魂」とは、現世で肉体を持つと「感情」や「知識」、「私欲」の影響を受け、「魂の記憶」は曖昧になり、「ブループリント=魂の設計図」への意識が薄れてしまう傾向があるのではないでしょうか。

    ポイント

    ブループリントと魂の契約

     

    「契約」とは、当事者同士の合意、それによって成立する法律のような「拘束力のある約束」のことです。

    今を生きる私たちは何かしらの集団に属し、共存して生きています。

    友だち追加

    記事を評価する

    記事を評価しよう

    関連記事

    人気の記事